FC2ブログ

至近距離の幸せ

手つかずのままの文章に、”しあわせ”と書き込んだ・・・。 少し、少しだけ、ココロが半歩、歩いた気がした。
071234567891011121314151617181920212223242526272829303109

アンパンチして何故悪い!




アンパンマンの”アンパンチ”が幼児に影響があるとかどうかと・・・


もう、ここまで来ると、アホとしか言いようがない。


幼子でも、理解力はあるのだ。


大人のほうが、融通がきかない世の中になってきた。


大局で、モノが見えなかから


幼子が、土を触れば、キレイキレイで御消毒ですネ。


モット、免疫をつけなければいけないのに、過保護のカホコ状態で、


菌の免疫が弱いから、


何かと、0157にかかったりする率が高い。


また、危険なところに、高いところも敏感、


子供の成長は、紙一重みたいなもので、


”運”と言うのは、そうふさわしくないが、それに近いところもあると思う。



親はなくても、子は育つ、という、言い伝えも、死語になってきた・・・。



まあ、私も、子供放棄に近いくて、そう声高に言える立場ではないから、


子供教育に、あまり口をはさむのも気が引けるが・・・


あえて、言わしてもらえれば、


学校の運動会でのかけっこ、順位をつけない風潮。


こんなもの、どうかしている。


順位をつけて、あなたのかけっこの位置付けを明確にする、


奮起して、練習するものがいれば、かけっこは苦手と悟るものもいる。


自己判断を養うしかない。


親が、子供の立ち居地を、ぼかしてあげてはいけない。



悟りは、幼少から、学ぶもの。


だから、次にすすむことも出来る。


ファジーに惑わされ、子供の覚悟を養うことも出来ない。


と、



ここまで、書いて、すみません!とあやまりましょう。


子供を論じる資格など、ない身だから・・・



話を戻して、


アンパンチ!


テレビの規制も、矛盾だらけ・・・


過去の刑事モノで、銀行強盗がシートベルトしてたり、


カーアクションで右折で、ウィンカーを出していたり・・・


タバコのポイ捨てもない、


残した食べ物も、テロップで後で、スタッフが美味しく頂きました注釈がつく、


何かと、なにかと、道徳を守れか!


これほどまでに、細かすぎるテレビ規制の山なれど、


テレ朝を中心に、刑事モノが多いが、


殺人は、いつも起こるのは何?



一番したら、ダメなことを


やたらと、殺す、


首を絞める、バットで殴り殺す、ナイフでめった刺しはするはの殺人大盤振る舞いはどういうことか・・・・


タバコのポイ捨ては辞めるが、殺人は常に起こる。


それも、殺し方の指南までする。



要は、何が、言いたいか・・・


重箱の積み突っつきで、もてあそぶな。


大局で、世の中を、俯瞰で捉えないと、


小さい、小さい世界でしか、見えていない・・・


昨今の自国中心主義の世界へと傾倒してくのも、


それが、にょにつに物語っている。



まあ、それより、


中村ゆりもいいけど、


清野菜名もいいですネ。


丸亀うどんの食べっぷりもいいです。

seinonana.jpg


ちなみに、彼女、アクションも凄いです!

seinonanan2.jpg



スポンサーサイト



【 2019/08/18 (Sun) 】 未分類 | TB(0) | CM(0)

民放番組の後半CMつるべ打ち!



このブログでは、再三、


民放のいいとこで、CMのくどさを、書いてはいるが・・・飽きるほど・・・



また、当然のように視聴者も覚悟で見ているが・・・


どんどん、ひどい有様りになりきってきた。


1時間もので、ラスト40分過ぎから、いいとこで、CM3分やって、やっとオチを出すかと思えば、スポンサー名を


画に流し込んで、またCMとなる始末。


下手をすると、CMあがりで、さあ、オチ出すかと思うと、もう一度、思わせぶりを見せて、


また、CMを入れることが常態化してきた。


やっと終わりごろで、さほど、大したことのないオチ。


もう、ラスト10分、CM三昧。


このやり口を、”民放デレィクター編集上手さ合戦”のような状況だ。




番組作りも、まあ、引っ張る、引っ張る、


とくに多い手口は、


たとえば、この家の住人は、誰だ?は、20分は引っ張る、


この子供の親は誰だ?も、その手口。


やっと、登場と思いきや、顔にモザイク。


とことん、引っ張って時間稼ぎの番組づくりは、制作費を浮かしている。


それが、今や、ディレクターの仕事。



あおる話も多い。


タレントの売れる前のビンボー話をたらたらやるのはいいが、


さも、今や、”旬の売れっ子”のように扱って、


やっとのご本人登場となると、


これが、さほどもう、売れてないタレントが多い。


そら、今更、売れっ子が、この番組に出るわけがないのに・・・。




それと、やたら多い編集は、


ひとつのネタを締めくくることはなく、次のネタをかまして、引っ張って、


後半で、オチを出す始末。


あ~、イライラする、でも、それも、当たり前。


また、番組終わり頃に、NEXTとうたいながら、


それは、次週の予告とくる。


これも、当たり前。



この有様に、世の中、怒ることもなく、あきらめている。


そら、当然、テレビの視聴率も、落ちてくるのは自明の理。


テレビ局は、SNS、ユーチューブ、ネット番組の影響のせいにしているが、


そうではない、自業自得のなれの果て。


ドラマの視聴率、10%で合格点、13~16%でヒットの扱い。


過去には考えられないこと。



再三、ここでは、書いているが、


スポンサーが鶴の一声で、


そんな編集をするな、往生際の悪い編集方法では、


スポンサー、降りると、言えないのか。


今、それをやったら、スポンサーの株が上がるのに・・・


まあ、その編集方法を、スポンサーが認知してるから、


いや、納得しているから、余計にタチが悪い。



今や、民放テレビは視聴者への”ストレス作り”に邁進している・・・・


会社で、ストレス、家に帰れば、テレビでストレス、


休まるヒマはない。



その点、

N国とやらに、”NHKをぶっこわせ!”と攻め立てられているが・・・・


まあ、国営となれば、功罪も多い。


下手をすると、大本営発表となるが・・・


そこは視聴者の冷静な判断が問われるが・・・・



大半の番組は、


ドキュメント中心に頑張っている。


昨夜も、夜9時、NHKスペシャル「激闘ガダルカナル 悲劇の指揮官」を。


真実の戦況が、今日、描かれる。


矢面にたった、当時の指揮官の状況が、(これもアメリカの膨大な資料)からわかったもの。


これで、後ろ指さされた遺族も救われるだろうし、もちろん、責任を取って自らの命を絶った当人も、浮ばれることだろう。



このような番組を民放が作れるか?


作れるわけがない。


視聴率も稼げないからと、スポンサーも付かない。


また、これだけの膨大な資料を時間と労力をかけて、


製作できるのは、NHKしかない。



N国は、NHKの放送のスクランブル化を掲げているが、


それは公共放送ではなくなることを意味するので、事実上、公共放送NHKの解体と同じである。


そうなれば、


全国を網羅するNHKの情報量は無くなるということは、


災害等では、民放では、無理である。


インフラという、観点で考えれば、


NHKという、政府よりの立場?と、とられても仕方が無いが、


結局、いろいろな問題を抱えているが、


”差し引き勘定”で、モノを考えなければならない.。



この意見、


チコちゃん、どう、思っているのだろうか?



ねえ、チコちゃん、答えてネ。


私は、最近、二階堂ふみより、松本穂香より、中村ゆりがとても気になる、、永遠の5歳より。


で、

中村ゆりさんは、このお方。

nakamrayuri.jpg

【 2019/08/12 (Mon) 】 未分類 | TB(0) | CM(0)

日本郵政かんぽも、反社ですネ。



昨夜のNHK番組「クローズアップ現代」で、今回のかんぽ不正販売問題を取り上げていたが・・・


本質は、あいまいな不正販売というキーワードでやわらげているが、


やっていることは、”詐欺”じゃないか!


犯罪じゃないか!



この問題、この番組で、1年前に取り上げていて、内部告発ほか、多数の声に、


当人の郵政の取締役が自ら、顔出しで、今後、ちゃんと対処、対応していくと、改善すると答えている。


で、


結局、何も、変わらず、この事態。


郵政という会社自体の姿勢、オーバーにいえば、会社の存亡に関わることになってしまっているが、



記者会見、見ても、どうにかなるさの感じ。


NHKは大々的に取り上げてはいるが、


民放は、そうではない。


ニュース番組は、ちょい取り上げているが、


ワイドショーに至っては、相も変わらず、よしもと・・・


ふれない。


テレ朝の羽鳥慎一のモーニングショーも全然特集しない。


郵政というブランドを信じて、国民の大多数が、


特に、高齢者が、罠にはまっている。


もう、オレオレ詐欺被害者層。


視聴者も関心ある事件なのに、避けている。


民放にとって、そう、日本郵政は大事な大口のスポンサー。


怒らせないように。


CM、減らないように・・・。いやはや・・・。気概がない!




この問題に、当事者の郵政は、対応として、”ノルマを今後、課さないという”、


そうではない。


論点を、誤魔かして、逃げている。


この犯罪に、関わった事例と、関わった局員の事件化を問うている。


そこから、始めないと、何も変わらない。



また、会社への立ち入りも、秋ごろと、まあ、呑気な。


隠蔽の時間稼ぎをあげているようなもの。


いや、あげている。


本当に、ひどい。


これが、世の無様な現実。



あと、気になることは・・・


昨今、検事の、事件立件見送り、不起訴が多い。


やたらと、多い。


え~っ、あのテレビで取り上げた事件も不起訴か、と口あんぐり、


その上、全部、その不起訴の理由は発表しない。



いったい、どうなっているんだ?司法は?


裁判で、下手すると証拠不足で負けそうな不利な事件は、スルーパスか。


もう職場放棄、正義心など、持ち合わせていないのか。


不起訴なら、それはそれで、理由を言え!


これだけ頻繁なのに、この事例に、マスコミも声をあげない不思議さ。


その事件が起こった時、新聞、テレビで取り上げたくせに、これまたスルーパス。


もう、無茶苦茶じゃないか。



また、声をあげない国民、


選挙にもいかない。


そのくせ、義務を果たせず、権利だけを主張する。



その変わりに、変なものが現れてきた・・・。


N国とやらのNHKをぐっこわす!とのたまって、


1議席獲得。


代表は、なりふりかまわず、いわくつきの戦争賛成男とタッグ、


今度は、元みんなの党の党首も加わる。


他にオファーしたと議員の名前を多数出した。


「とくダネ」で、代表、自ら、出て状況を、口ちゃべっていたが、


大多数の議員は、オファーなどないと言い切られたり、迷惑と、侵害だと・・・



それなのに、当人、あっさり、


当人とは直接会わず、「メディアを通じて、オファーしました。」と、何食わぬ顔で平然と語る。


これって、何??????????


このような、人間を誰が信用するのか?


元NHK職員。


”私怨”かと疑ってしまう。



節操のない人たち、


何でもありの社会。


この泥沼の深さに


世の中は、どんどん、飲み込まれていく・・・。



【 2019/08/01 (Thu) 】 未分類 | TB(0) | CM(0)

NHK土曜夜9時番組で、「半グレの実態」が凄い!



この番組に、


大阪の半グレ集団の幹部ふたりが、顔出しの上、実名でインタビューを受けている。


これには、ビックリ!


「俺たちは、悪いことしてません。」と言いながらも、


この界隈を仕切っているような発言がはしばしに口にしている。


まるで、警察にケンカ、売っているような様相。




番組では、NHKもいろんな角度から、半グレの状況を解説している。


暴力団と違い、この半グレは、いろんなグループが、流動的で、人の交流で成り立っているので、


警察も、なかなか解明まで踏み込めないと・・・



半グレのTOPは、ツィツターで頻繁に更新している、


それに、全国から共感するフロワーも多い。


”カッコいい!”などの言葉が踊る。


また、直接に、会いに来る女性がきて、このグループの男たちに囲まれて、飲みふけっている。




過去、京都では、別の半グレ集団が起こした、あくどい事件も取り上げられている。


一般大学生を募り、マニュアルを渡し、組織化。


その手口は、


大学生が、女性はナンパし、まじめに交際を2~3ヶ月してから、


自分のバイト先だと、飲食店に幾度か、誘い込み、


高価な酒をすすめて、


結局、100万円位の請求をして、


身動きを出来ないように仕向けて、


風俗に売り飛ばす、


一人の学生で、これで、何千万を稼いだと、インタビューを受ける大学生は豪語する。


これは、事件化し、逮捕されたが、執行猶予だと。


被害者は、人間不信に陥り、


引きこもり状態だと語る。



この事実に、


インタビューを受ける、張本人の大学生は、


「被害者には、悪いことはした。」と、言いながらも、


「このキャリアは、これからの社会生活に、いかせるかな・・・」と、のたまう。


あきれ返る、反省などない!





前記の半グレの幹部が、夜の町に出て、闊歩している。


夜にうごめく人たちも声をかけてくる。


一目、置かれている状態が、わかる。



この状況を、普通なら、暴力団が見てみぬ振りするわけがない。


暴力団のしのぎを、吸い取れているのだから・・・


でも、夜の飲屋街を堂々と・・・



番組では、


暴力団とこの半グレ集団と区別しているが・・・



どう考えても、この状況は、


締め付けが厳しい暴力団が、


ある意味、オマエは構成員になるな、マークされるから、


警察の目をかいくぐるため、


”半グレとして”、と、動かして、


裏で糸を引いているのではないかと・・・


番組を見てて、そう思ったのは、私だけでないでしょう。



不透明な、混迷な時代、


未来に夢を託せない、世の中の現実を


半グレ集団が証明しているような気がする。

【 2019/07/29 (Mon) 】 未分類 | TB(0) | CM(0)

ザ・ヨシモト:アホ保身合戦!



「松本、動きます」のツィートから、新たな展開が始まり、


結果、あの吉本岡本社長の会見のあの様。


そのきっかけは、


あの宮迫、亮の衝撃会見を受けて・・・



よくよく考えてみれば、


大崎会長、岡本社長が、元ダウンタウンのマネジャーとの兼ね合いもあるが


取締役でもない、松本、東野、


そして大崎会長、岡本社長との4人だけの話し合い。


これって、アリ?


こんな会社って、アリ?


4人の会社なの?



まるで、松本、動きます、「俺、力あります、まとめてみます。」、



で、



答えが、あの会見。


何をひざ詰め談判して、あの結果。



「松本、動きます、」と宣言したなら、きっちり、話をつけなければ・・・



落としどころが、宮迫、亮の処分撤回。



そうじゃないんだ。


会社の体質が問われているのに・・・


あきれ返る。



よりを戻すことではない、


それで収まる話ではない。


その後の松本のツィートには、口あんぐり、


核心はふれず、


「寝不足芸人がいっぱいやろな~ でもプロ根性で乗り越えましょう。私達は生まれつきオモロイ」。


いやはやです。




事は、宮迫、亮の保身から、端を発し、


岡本社長の保身で締めくくる情けなさ。


そこに、仲裁に入った松本の保身も垣間見える。

【 2019/07/23 (Tue) 】 未分類 | TB(0) | CM(0)