FC2ブログ

至近距離の幸せ

手つかずのままの文章に、”しあわせ”と書き込んだ・・・。 少し、少しだけ、ココロが半歩、歩いた気がした。
0312345678910111213141516171819202122232425262728293005

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- (--) 】 スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

昨夜のNHK、桑田佳祐<ひとり紅白歌合戦>、凄い!


昨夜の特別NHK番組、桑田の毎度恒例3度目の「ひとり紅白」のダイジェストをやっていた。


これこれが、惚れ惚れするぐらい、驚異的な熱気度で、歌いぱなし!


昭和歌謡から、フォーーク、平成ポップに飽き足らず、レディ・ガガまで歌いこなす。


歌詞など、見てない!完全に頭に入っている。


それもさることながら、歌唱力は言うまでもなく、桑田ワールドの世界観に導いている。


そのダイジェストの模様を、ある歌ごとに、スタジオで、解説してるのがいい。


これが、的確なコメント、一線を張ってきた者だけが言える説得力。


特に、ユーミンの「ひこうき雲」など、桑田自身、今まで一度も歌たったことなどないと言い切り、


いざ、これを、ひとり紅白のために、練習してたら、体の中に、頭の中に、完全にイップットされ、


これは、大好きになったと、「春よ来い」も含め、歌っていて、涙が出そうなのはこらえていたと・・・


中島みゆきの「わかれうた」は、天才ゆえんの世界観が、ほとばしっていると・・・


寺尾聡の「ルビーの指輪」は、当時、全然、自のことで精一杯で、全然、興味を示さなかった、


いざ、今回、、歌ってみて、計算つくされた曲と、感心している。


槙原敬之は、「どんなときも」も含め、詞先行で製作していると分析も、


あれや、これやの、自分なりの各曲の分析力に唸るばかり、


自分の「勝手にシンドバット」も、初発言だが、「みなさん、詞先行と思われてますが、


曲先行で、ひとつひとつ、詞をはめこんでいく作業は大変だった」と、サービストーク。



今回の番組、中味が濃い!


俄然、面白い!



桑田自身、ジャンルを問わず、こよなく歌を愛しているのが、切々と伝わってくる。


最後に、オマケで、昨年の大晦日の模様、裏話も聞けた。


あの奇跡的な伝説なシーン、ユーミンとのコラボ、勝手にシンドバット、また楽屋でのサブちゃんとの会話等、


最後に、桑田が、あの紅白で感じたことは、


年を締めくくる、最後の歌の祭り、


出てよかったと、こんな風に、1年間の歌の集大成があっていいんじゃいかと、


本当に、楽しかったと・・・・


みな歌手がライバルであっても、ひとつになるしあわせ感に満ちていたのだろう。



これから、この「ひとり紅白」、最後にしようと思ったが、


また、やりたくなった!と番組を締めくくった。



何と、素晴らしい、1時間10分の特別番組、


NHK、やるじゃないか!

スポンサーサイト
【 2019/03/21 (Thu) 】 未分類 | TB(0) | CM(0)

三井のリハウス、池脇千鶴の圧倒的演技!


昨夜、深夜11時、フジの番組、「石橋貴明のたいむとんねる」、


今回は、80年代~90年代の美少女CM特集、


前回は、一度は聞いたことがある洋楽ポップ特集と、毎回、タイトル通り、過去に流行ったことなどを、


ミッツ・マングローブとともに、懐かしさを共有する番組。


ネタ次第だから、常には見ないが、美少女CMなら、気になるでしょう。


斉藤由貴のあまりにも可愛いCMから始まり、当時の美少女が、CMを彩る。


あのJR東海の達郎クリスマスイヴバージョンでは、深津絵里を取り上げていたが、

ミッツ、いわく、この時の撮影では、深津が、高熱のため、厚化粧をほどこして望んだという初耳話。


その中でも、異彩を放っていたのは、

おなじみ、三井のリハウスのCM。


いろんな美少女が、出演したが、

あらためて、長い年月を経て、このリハウスのCM、特に、池脇千鶴が素晴らしい。


CMのコンセプトといい、もう芸術の域である。


(ちなみに、妹役には、井上真央である。いやはや!)


まずは、



そして、もう1作、

転校していくために、教室での挨拶のCMはバージョンは、特筆ものであった。

神業としかいいようがない、演技には、驚愕した。

当時、リアルタイムに何度も見てたような気がするが、

本当に、あらためて見て、とんでもない、演技を披露している。

このCMは、残念ながら、ユーチューブにはアップされていないので、紹介出来ないのが惜しいが、

池脇千鶴を再確認!


映画では、最近は、


2003年の「ジョゼと虎と魚たち」では、妻夫木と共演して、

足の不自由な女性を見事に演じきって、演技の幅の片鱗を見せてくれた。

他にも、「ストロベリーショートケークス」、「誰がために」など、

幾多の作品に、出ているが、

あまり、主役が多くないので、目立ってはいなかったが、

久々に、

「そこのみにて光輝く」では、あえてグロテスクな体にして、ラブシーンを熱演し、

話題をさらい、幾多の賞にも輝いていたのが、記憶に新しい。

また、ちょい役だが、「万引き家族」にも出ていたが、見せ所は残念ながら・・・。


半年前、NHKの朝の番組で、池脇自身が語っていたが、

事務所には、掛け持ちはNGらしい。

1作、1作、取り組みたいと。


ストイックな面がのぞく。


そして、テレビより、、映画が、やっぱり好きと語っていた。


池脇千鶴、


今回、この三井のリハウスのCMを見て、

あなたの女優としてのアイデンティは、ここにあるのだと思った。


本当に、本当に、素晴らしい。

【 2019/03/12 (Tue) 】 未分類 | TB(0) | CM(0)

「3年A組」が終わった。


このドラマ、全作品、見た。

全作見るのは、去年のTBSの「大恋愛」以来か・・・。

このドラマ、冒頭から、「人狼ゲーム」的な出だしで、テレビで、またかいなの感もあったが、

回を追うごとに、メッセージドラマであることがわかった。


荒唐無稽といえば、それだけだが、娯楽作として、

どう、視聴者に、肝となるテーマを、巧みに、誘導していくか・・・


見終わって、

よく、まとめてたな~と関心。


突っ込みどころは、満載だが、

何が、言いたったのかは、充分、伝わってきた・・・。


SNSの乱用、現代の風潮、怒りの矛先、匿名誹謗、みんな右ならえ、変な正義心、情緒のない時代、

そして、スマホに操られている危うさ。



携帯のない時代に育ってきたきた御老体としては、

携帯によって、便利は増したが、

私は、携帯は好きではない。


よく知人からは、出ないな~と言われる。

そう、常に、手元には置いてはいないから、

後になって、着信に気付くことが多々あり、何かと、言われる。


私は、オーバーに言えば、携帯は、ある意味、”携帯テロ”と思っている。

自分の時間に、いきなり割り込んでくる。容赦なく。


人には、朝起きて、自分の、時のリズム、時の流れにそった行動で、仕事や、勉強、家事等にいそしんでいる。

それを、あの携帯音で、自分の時の流れを中断する。

まるで、爆弾が破裂したかのように、心の動き、思考を遮断する。


えてして、その携帯の用件は、時を急がないどころか、

たいした事ではない方が多い。


相手は、大事なことと思っているが・・・


家電話の時代なら、帰ってから、その用件を聞き、対処していたのを、

今は、その場で、携帯すぐに、解決を図ろうとする。

だから、

怒りの電話なら、瞬間怒りが、ストレートにくる。

仕事の用件も、一呼吸おかず、今、感じたことを伝えてくる。


家電話だけなら、不在も多いので、時の経過とともに、怒りも、言い方も、用件も、伝え方も、

時間が矛をおさめてくれる。


その間が、感情を、いさめてくれるものあったが・・・。


まあ、そう言っていては、この世にはなじまないから、仕方なしに、

八方美人の私は、スマホは、時々、手にしてる程度は必要だが・・・


横道、それました。


「3年A組」、主演者の頑張り度は、回を重ねるごとに、伝わってきた。

主演の菅田将暉が、「スッキリ」の番宣で言っていたが、

後半になって、生徒だけで会議して、望むこともあったそうだ・・・

菅田は、そのことに、「最初からやれよ!」と茶化していたが、

うれしそうに、みんなで、このドラマを作り上げようの一体感が、うれしかったのだろう。

そう、映画を撮る時みたいな、主演者、スタッフの魂の一体感を味わえたのだろう。


メッセージドラマは、時として、うざいとなるが、

このドラマ手法なら、見事に今風にマッチングした賜物、

脚本家の腕も見事であった。


テレビドラマの活路に、一石を投じた作品というのは間違いない。

拍手を送ります。

【 2019/03/11 (Mon) 】 未分類 | TB(0) | CM(0)

民放、くたばれ!


これまでも、

このブログでは、昨今の民放のクライアントにおもねた、

いかに、視聴者をCM後、チャンネル、変えさせてたまるかのあざとい編集方法を

各局、腕を競うように、いや、技の知恵比べのように、やっていることに憂い、いや腹が立つ!と

もう、何年もとりあげてきたが、相も変わらず、懲りない、いや、ひどくなっている。


ネット、ユーチューブ等の動画、SNS等の台等で、尻に火がついてからは、

なりふりかわずの模様は、断末魔の叫びにも似て、嘆かわしい。


ここ最近、ひどいのは、

まだ、NEXTは、これやりますの映像を見せて・・・

CM、はさん後、次週の予告編でしたが、増えてきた・・・

とことん、最後の最後まで、CM、見てくれか!


これも詐欺の一種です!


まあ、これまでも、番組途中で、NEXTは、これ、これ、引っ張って引っ張って、

なかなか、やらず、やっと、番組終了間際。


これぞ、NEXT詐欺編集。極まる。


ひとつのネタで、答えを出すのに、およそ30分位引っ張るのは常套手段。


視聴者も、呆れ顔だが、いいところで、CMですね、覚悟で見ている、


慣れは怖い。


この編集方法、バラエティは当然のごとく、ニュースまでも、然り、この手立て。


一体、番組審議委員会は、どう、見ているのか?


視聴者から、NHKのように、お金を取ってないから、


指摘をしないのか。


テレビ離れを、起こしている、ひとつの要因、いや、最大かもしれない、


この編集方法が、なおさら、自分の首を絞めていること、何故、きずかない。


いや、違う、これじゃない、ライバルは、アメバ等、ネット、SNSの驚異にさらされてに終始。

確かに、そうだが、

テレビの役目は、ちゃんと、やれば、視聴者は、もっと、増えてくれるはずだ。


今の、NHKだけが、際立っている。

「チコちゃんに叱られる!」、「トクサツガガガ」、「クローズアップ現代」等の

バラエティもドラマも、時事ネタも、。せめている。


クライアントにおもねないから、出来る、

潤沢な資金も大きい。


でも、国営という、しがらみを、

一公務員みたいな立場として、どう現場が立ち向かっている姿勢はなかなかのもの。



民放よ、腹をくくって、取り組め!


いさぎよい、番組作り目指せば、おのずと、答えは出る!



最近のドラマに話題を変えよう。


ちょい説教臭いが、日テレのドラマ番組「3年A組」は、頑張っているほうだろう・・・


TBSのフカキョンの「初めて恋をした日に読む話」は、ビリギャルの男版で、

毎回、ふわふわした内容ばかり。誰が見るの?


フジは、月9で、「トレース科捜研の男」、沢口靖子も腰抜かしそうなタイトルも唖然だが、

中身も、かったるい。


テレ朝、「刑事ゼロ」、テレ朝、どれだけ、刑事もの、やりたいんろう・・・。


ドラマでのタバコ吸いとか、ポイ捨てとか、シートベルトとか、


そこらへんのよくある事に神経はいくくせに


平気で、毎回、人を殺している、その殺し方の伝授も、手変え品変え、やっている。


もう、本末転倒。


そこは気にしない。この不思議さ、矛盾さ。


そう言っちゃ、ドラマが作れないのは、わかるが、


そこを、わかった上で、変な所に気配りする!



浮遊している、民放。


唯一の救いは、テレ東のアイデア勝負は、低予算ゆえの産物と、


どうせ、俺たちは、民放では、アウトロー感のスタッフのなせる業は小気味いい。



とにかく、このブログ、毎度の民放への愚痴が多いのですが・・・


それは、テレビだから、愛するテレビだからの、言いたくなるものです。


早く、早く、昔のように、CMがトイレタイムとなっていた、


あの頃のような、大岡裁きのようにすぱっと、編集方法に戻してくれ!


詐欺的編集方法には、もうウンザリです。



【 2019/03/06 (Wed) 】 未分類 | TB(0) | CM(0)

珍しく、羽鳥慎一がキレル!


本日の朝の番テレ朝、「羽鳥慎一モーニングショー」で、キレている!怒っている!


珍しいシーン。


普段の番組では、温厚そうだが、


キレてる!



それは、ちょい変わり者の玉川のコーナーで、


何かと炎上男のラッシュマンアワーの村上とあの人質騒動の安田氏たちのトーク会に行き、


終了後に、座談を申しこみ、実現、


これも、玉川いわく、切り口を変えてやらないと、僕のしたいことがやれないから便乗でみたいに・・・


玉川が、今の情報番組では、厚労省や辺野古、シリア、原発等にも目を向けたいが


視聴率主義なので、やりたいことが出来ないと憂う。


そこでのひとこま、


今のテレビの現状を村上が


情報番組含め、”今のテレビは真実に目をむけるのではなく、安心を提供するもの”みたいな発言に、


玉川が羽鳥にその発言意に意見を求めると、羽鳥はムキになって


「僕はそうは思わない!」みたいな返しで、キレた!かなりキレてる!


目が、目が坐ってしる!怒り爆発顔!


何じゃ、これ!


そう、怒ることでもない。


だって、さもあらず。


玉川自身も、そういわれても仕方がないみたいに肯定するから、なおキレる。


今のテレビは、いや昔からか・・・、そういう側面もある位、大多数の視聴者も、理解できるのに、


羽鳥様、お珍しい。キレてる。


たぶん、自分の番組が否定されていると、感じてか?

玉川が、アシスタントの宇賀なつみに、どう思うかと聞くと


宇賀が、”私も報道に興味を示してアナウンサーになったが、そうではない現実でした・・・”みたいな返しに


隣にいた羽鳥が、宇賀に、きつい口調で、”どこが?”と、突っ込む!


キレ顔、不満顔。


まるで、子供じゃないか!



その空気を呼んで、CMに入ったが、


CMあがりは、お天気情報なのだが、


まだ、羽鳥の目が怒っている。


なんじゃいな、これ!


はいはい、羽鳥の答えが、私なりに、これで出ました。


高感度は高い。なにかとよく泣く。徳光のように・・・


清涼感満載。


でも、私生活は、一児と妻との離婚(離婚者がみんな悪いという意味ではないが、目の前の人を幸せに出来ない者に

特に公人は、世を語る資格なし、が、私の持論)


番組、「ゴチになります」で、まあ、いつものラストのあのくどいほどの引っ張り方を喜んでやっているお姿と、


何かと意見を呼ぶ、24時間チャリティー番組で(個人的には、チャリティ番組なのに主演者はギャラとって募金を募るあつかましさがいや!、マラソン走って、何百万のギャラ、まだ、そのギャラ全額寄付なら理解できるが!)

その番組に何年も、厚顔の司会の偽善者?な進行、いつもの泣き専門職。

泣けば、番組盛り上がる。計算済み。


これを、幾年も、自分に問いかけるわけでもなく、これたのは・・・こなしているのは・・・


これか、


世の中を斜め見が出来ないのだろう・・・?



まあ、「羽鳥慎一モーニングショー」って、このタイトル番組、


これ、違和感もなしで、まるで、冠がついてうれしいみたいに・・・


常識人なら、このタイトルは辞めて下さい、と辞退するのだが・・・


なんだかな・・・



後味の悪い、エンディングでした。


キレる羽鳥、子供みたいに・・・


キライになりました。


【 2019/02/21 (Thu) 】 未分類 | TB(0) | CM(0)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。