FC2ブログ

至近距離の幸せ

手つかずのままの文章に、”しあわせ”と書き込んだ・・・。 少し、少しだけ、ココロが半歩、歩いた気がした。
111234567891011121314151617181920212223242526272829303101

AKB48の行き先は?



どんどん、


AKB48は、モーニング娘のあの全盛期後半期に足を踏み込んでいる・・・・。


皮肉にも、AKBの代表曲となった「恋するフォーチュンクッキー」は、


あの時のモー娘の「LOVEマシーン」を彷彿させる。



「恋する・・・・」は、


総選挙で本命だった大島優子が唖然となる、組織票?の指原に女王の座を明け渡し、


そこで次作のサッシーセンター曲に


秋元康は、サッシーのアイドルらしからぬキャラに乗じて、大して売れないだろう・・・と、


こうなりやの軽いノリ、盆踊り風の遊び半分が、この曲。


それがそれが、期待もされてないのに・・・想像を絶する大ヒット!



あのモー娘の、ちょい悪いふざけ風で作った、「LOVEマシーン」。


つんくが取り巻きのスタッフの反対を押し切って、結果、忘年会大騒ぎの大ヒット曲となる。


ここは、何が言いたいか、


”当ててやる!”の意気込みの曲ほど、さほど売れず、


肩の力の抜けた曲に、爆発性を秘めているのが、えてしてよくある。(余談:関係はないが、ダ・パンプの「USA」も然り)


で、

爆発的の後に来る怖さは、


後退しかない。


どちらも、ほぼゆるやかな後退ではあるが・・・・




アイドルグループとして、


もっとさかのぼれば、おニャン子クラブは「セーラー服を脱がさないで」、「じゃあね」ぐらいで、


上記のAKB、モー娘の国民的な曲には恵まれなかったが、


工藤静香は別格として、


河合その子、新田恵理、国生さゆり、渡辺満里奈、渡辺美奈代など次々とソロ曲が


毎回、オリコン1位を獲得したが・・・


グループとしては2年で終わった。


秋元康としては、


その礎が、その後のAKBとなるのだから・・・




話を元に戻そう。


AKB48、やはり、


メインがアイドルの王道をもってこないと、もたない。


全盛は、前田敦子、大島優子のツートップに、これこそアイドル王道顔のまゆゆが従えているという豪華さは


もう後にも先にもない。


今や、神セブンは、遙彼方か・・・


アイドルの王道ではないサッシーが総選挙1位を獲得したことで、、とどめを刺したのは言うまでもない。


何もサッシーを責めているのではない。


サッシーのキャラ、頭の回転、賢さは、グループでは群を抜いている、


バラエティーを見れば、女芸人も及ばない。


ただ、


アイドルは凛として、アイドルは気高くなければならない。


その証拠に、


乃木坂46だ。


間もなく卒業する西野七瀬、白石麻衣を先頭に、次のTOPにもなるだろう斉藤飛鳥が控え、


生田絵梨花、(去年2月卒業の橋本奈々未)等こそ、アイドルグループの王道の極みである。


しかし、AKB、モー娘の国民的大ヒットは、乃木坂には、まだないのが歯がゆいだろうが・・・


まあ、もう少し、力が抜けてからか・・・


迫ってくる、欅坂はいるが、


アイドルというより、塩対応グループ性と、メッセージ性が上回って、


女の子向きのアイドルか。



で、再度、AKB。


この頃の出す曲は、前作は、韓国グループを真似たり、、


今は、グループ最高難度のダンス曲が、登美丘高校を意識してか。


もう、後追いには、未来はない。



まあ、それにしても、長い期間、人気なるアイドルグループとして存在したのは驚異でもある。


今後、どうするか?


ここは、最後?の秋元康のマジックを、じっくり見せてもらうことにしよう!


スポンサーサイト
【 2018/12/14 (Fri) 】 未分類 | TB(0) | CM(0)

非を認めない人たち



何故、


こんなに非を認めない人が増えたのだろう・・・。


四日市に身を置く私にとって、


お恥ずかしいことは、


今更ながら、


あえて、あの、こにゅうどうくん組織票騒動。


ゆるきゃら実行委員会から、


組織票とみなされ、30万票も削減されながらも


しかし、市長は、組織票はありません、


自主的な票と言い切り、開き直る。


この対応のまずさ、


素直に、熱が入ったばかりに、


こんな行動になりました。


誠にすみませんでした、と、言えば


そう、問題は沈下したものを・・・



コンプライアンスの意味がわかっていない。


非を認めることから、


周りは、その気持ちもわかるよね、と、なるのに・・・


このご時勢、


簡単にあやまらない人たちが増殖中。


政治家など、典型だ。


話のすり替え、


流行語大賞にもノミネートされた”ご飯論法”を


堂々と繰り返している。


厚顔をさらけだす。


何故、


何故、


素直に、非を認めない。



これでは、


小さな子供たちも、


それで、いいのだろうと・・・と、


倫理観がうすれていく。



誰にも、過ちも、欲もある。


人間と言うものは、知恵があるばかりに


やっかいな動物なのだから、


どんでもない事件を起こす輩も。


だから、


心して、


何か自分に起きた不祥事には、


素早く、自ら、謝る、非を認めることが


何年かかろうが、信頼を勝ち得ることにつながることを


肝に命じて、ちゃんと、生きましょうネ。



ここで、


私から、


個人的ことですが


「私、二階堂ふみ様は今でも大好きですが、


川栄李奈にも、目がついつい言ってしまうのは・・・


でも、ふみ様が一番なことにかわりませんが・・・


川栄が・・・気になるのは・・・ごめんネ、ふみ様!」


10代のときのふみ様
20111229183722.jpg

川栄さまは
川栄


川栄さまも


AKB時代はバカキャラだったし・・・


暴漢にも襲われケガも負ったトラウマにも負けず、



AKB卒業後は


「あずみ」の舞台に出演、殺陣など、見事なでの頑張りは目を見張りました。


一回りも、二回り、大きくなって、


今や、立派な女優さんです。


こんなところが私は好きです。


こういう方は応援したくなる


まあ、親心みたいなものです。


さあ、明日金曜11時の”Aスタジオ”の鶴瓶のMCアシタントぶりを


拝見しましょうか・・・


【 2018/11/22 (Thu) 】 未分類 | TB(0) | CM(0)

世界バレーボール イタリア戦を会場生で見た。


ずっと、大好きで、


バレーボール女子はテレビでは見ていたが・・・


バレーは、人生お初の、会場のガイシホールまで足を運んだ。


会場は、満員。



席は、希望のS席がとれず、2番席の8000円。


でも、コートまではちょい遠い。


そこは我慢。


さあ、ワクワク。


でも、心では、3-0で、負けると覚悟して臨んだが、


それが、それが、一進一退。


やるじゃないか!日本!


bare-.jpg



私の隣の席は、小さな幼子を抱えた、20代前半のきれいな母親。


でも、お一人、


聞けば、ダンナ様は、お仕事とか。


この母親も、会場で見るのはお初とか、


バレーボールが大好きで、詳しい。


長岡のファンとか(きれいですネ)。


私は、新鍋。



まあ、それはいいとして・・・


戦いは、斜め席とちょい遠いので、


ブロックか、吸い込みか、全然わからない。


大きなモニタービジョンに頼るしかないので、


彼女も、そっちに目が行く。


おいおい、テレビを見に来ているような場合じゃないが、


仕方がない。


はっきり言って、


家で、テレビで見ているほうが、迫力がある。

ズームだから、しょうがない。


でも、

応援が、凄まじい!


日本、1点、1点取るたびに、両手をあげて、大喜び!


活躍すれば、


そのたびに、名前を連呼する!


”長岡!長岡!・・・・、石井!、石井!・・・新鍋!、新鍋!・・・”、


私も、ついつい、声を上げて、ハイテンション!


これ、これ、


臨場感は半端ない!


スポーツ観戦の醍醐味は、応援の一体感にありか。


結果、


3-2での激戦で、負けたが、


意外にも、何か、すがすがしい。


あ~良かった!!!!!!!!



ところで、隣の彼女、


お子さんは、ちゃんとおとなしくしている。


普通、むずかるのだけど・・・

また、可愛い、女の子かと思いきや、男の子。

イケメン人生、間違いないし。

ママレードボーイは近い?



若いのに、ちゃんと、母親してる。


こんな、くそ爺が、あまり声をかけては失礼と遠慮していたが、


たまに、何故か、話したくなる。


そこが、彼女の魅力、人の良さ。


ちゃんと、相手してくれる。


日本がワンセット、とれば、彼女から、ハイタッチをしてくれる。


いい人。


ジジイ相手に、



最近のテレビの話まで、しやべった。


私が、TBSドラマの”大恋愛”が良かったと言うと、


私もと相槌、。




これも、一期一会。


この子、


沖縄出身、で、ダンナも同郷。


でも、


沖縄に帰りたいらしい。


それを彼が、それを望んでないそうで・・・


人生いろいろ・・・



ですが、


私の予感では、沖縄に帰りそう。


ふと、それがいいと思った。


本当にいい子。



このことも含めて、


昨日は、素敵な日だった・・・。



ありがとう。




【 2018/10/16 (Tue) 】 未分類 | TB(0) | CM(2)

あえて言う。



ようやく収まった貴乃花騒動。


世間は若干、貴乃花に同情的なところも多かったが・・・


まあ、相撲協会の体質と各問題の対応に、嫌気がさしていたのもあるが・・・



そこで、あえて言う、


貴乃花、いや花田さん。


あなたは、自ら、母親、兄とも、絶縁状態である。


自分のルーツでもある家族と、うまくコミニケーション出来ない、


いや、過激に言えば、切り捨てた人に、


一体、今後、誰とうまくいくものでしょうか・・・


コミニケーションがとれるでしょうか・・・。


相撲道の王道まっしぐら、何かにつけ、革新だとか・・・


聞きざわりのいい言葉が舞ってはいますが、


アイデンテティでもある家族と寄り添えないものに


何が、構築できるでしょうか。



その視点で、もの言えば


政治家で、


「この国を良くしたい!」と連呼すれど、


その政治家が、離婚していれば、


目の前の”家族”と言う”ある意味小さな国”を守れなかったものに、


大きな命題でもある、日本という国を守れるわけがない。


そんな、考え方は、おかしいでしょうか?




話は、変わって、


ZOZOTOWNの前澤社長。


世間では、いろんな行動に批判の目が向きがちですが・・・


資産や、所有物に、関心がいきがちですが・・・


あの方は、2018年度の納税額は70億になるそうです。


そのお金は、


確実に、国の資金として、世の中の役にたっているわけです。


世間と言うものは、


入る金額ばかり、声高ですが、


納税の金額に目を向けない。それを賞賛しない。


70億の貢献度は、半端ないことです。


立派なことです。



以上、


ものの考え方ひとつで、ひとの見方は変わるものです。



まあ、この意見は、少数派でしょうから・・・



二階堂ふみ様は、


この私の意見に、どう思われるでしょうか・・・?


「そんなん知るか!」


たぶん、そう言われても、


「すみません」、と、あやまる私が想像できます。


【 2018/10/13 (Sat) 】 未分類 | TB(0) | CM(0)

遅ればせながら、「グレイテストショーマン」を見た!

ミュージカル嫌いだけど、「ララランド」は、とても良かった・・・。
でも、この作品は避けていた・・・。
評判がいいと聞いてはいたが、見なければ何も語れないと・・・
遅ればせながら、そして・・・見た。
答えは、
イエス!
ワンダフル!
素晴らしい!
脚本のテンポの良さ、話は定石通りだが、これでいいのだ。
これがエンターティメントなんだ!
何の理屈がいるものか!
音楽も、どの曲も、あまりにも素晴らしい!
久々に、心躍る映画を見た。
本当に、映画館で見たかった。

全曲いいが、
その中でも、この曲が好きです。



ふと、この曲を聴いて、何故か、
40年前に見た、
バーブラ・ストライサンドの「スター誕生」の主題歌を想い出したので、
この曲も、どうぞ!
【 2018/10/07 (Sun) 】 未分類 | TB(0) | CM(0)