FC2ブログ

至近距離の幸せ

手つかずのままの文章に、”しあわせ”と書き込んだ・・・。 少し、少しだけ、ココロが半歩、歩いた気がした。
1012345678910111213141516171819202122232425262728293012

京都の弁解、ちゃんちゃら税金無駄遣い!

京都のPRの一環、


ミキのツィツターを使って、ツィッター1回50万円のステマ疑惑、いや、疑惑ではなく、確信犯。


やれやれ、2回ほどで、100万円。


京都のやることは、えげつない。


費用対効果の意味など、おかまいなし。



何か、裏があるのか?


キックバックがあるのか・・・


税金100万円など、しれたものか。


自分フトコロが痛まなければ、たやすく。


市の対応も、意に介さず。平然としてる。


とかく、市役所職員というのは、市民感覚に乏しいのは今に始まったことではないが・・・。



こちら、四日市市も、今は表立ってないが・・・


2018円7月、ユーチューブで町PRの動画、


京本政樹の監督、主演、編集で、内容は、必殺仕事人と、四日市のゆるキャラ、こにゅうどうくんの共演動画。


ちなみに、こにゅうどうくんと言えば、そうです、あのゆるキャラグランプリで、職員あげての不正?組織票で

名前をあげました、変な意味で。

でも、市長は認めてはいません、開き直っていました、結局、余計に市のイメージを落とした?経緯あり。



で、この動画のユーチューブ再生回数って、現在、2万4千回。



目安が、わからない方には、


とても、費用対効果があったのが、あの別府市の湯の園地計画PR動画です。


普通の遊園地を、お風呂ランドに、ジェッッコースターも、お湯に使ってと、


温泉アトラクション施設に早代わりのユニークなCM動画、


市長も、きっぱり、この動画、100万回再生回数達成なら、


今の遊園地を、PR動画のように変えると公言したのが、大成功。


今、現在、570万回再生の快挙。


当然、100万回を超えたので、公約実行しましたが、


PR動画のようにはいきませんでしたが、相応に対応しました。


これなど、別府市の温泉イメージに多大な貢献しました。


アイデア勝負です。



宮崎県小林市では、町への移住促進PR動画を。


フランス人のおっさんが、


町の良さを、ひとつ、ひとつ、丁寧に、フランス語で語りかけてくる・・・


でも、そこは、とんでもないオチがる。
(*ネタばれになるが、町解説のフランス語ではなく、
ラストで、この町の方言で、しゃべっていたと締めくくる。)

これも、アイデア勝ち、

再生回数も、260万回超え!




四日市の近いところで、岐阜の関市のPR動画も面白い。


刃物の町ということもあり、刃物がなかったら、どうする?をテーマに


野菜、手できったり、美容師も歯で髪を噛みちぎる・・・



これも話題になり、マスコミにも取り上げられた。


再生回数は、現在40万回、


少ないと思ってはいけない。


10万回超えるのは、並みたいていなことではない。


ユーチューブは、ワンパソコンで何度見ても、1回と数える。


それは、ユーチューバー対策ということもある。


組織票が出来ないようにしている。


(現実は、ツィツターもユーチューブも組織票を金で買えるそうだ。)



でも、


この町おこしPR動画は、組織票の意味などない。


ひとりひとり、見てもらわないことには意味がない。


だから、再生回数が物語る。


それ以外にも、多くのヒット作が生まれた。


すべてに言える事は、有名な俳優に頼らず、


アイデアでの勝利だ。



ちなみに、四日市のPR動画は、くどいようでうが、有名俳優を使って、


ある程度の制作費は想像できる。


それなのに、2万4千再生回数。


はっきり言って、失敗である。


結局、税金の無駄遣いに終わったのだが・・・。


市民も、そんなことに興味も無いから、誰も声をあげない。


過去、四日市の箱物行政のツケを、市民は、いまだ払っていることも、ほとんど怒らない市民ですから・・・。


それは、それで、このPR動画。


これで、終わりと思いきや、また、京本政樹で、新作、作るそうです。


この市役所の感覚、


広報のエライさん、キッバックあるの?と、いぶかってしまいそうです。


私も、四日市の一市民、いや、平民ですから、


たわ言を言うな、闇に消されるほど、発信力がないからいいですが、


また、無駄な?税金を使うのですかな。


それか、起死回生の作品になればいいですけど・・・。



まあ、こんなこと、ほざいても、市民も関心ありませんでしょう。


私も、本心では、朝ドラの「スカーレット」で、好きな戸田恵梨香だから、見なくちゃいけないし、


来年の朝ドラのヒロインが、世紀のイチオシ、二階堂ふみ様と決まっているから


もう、そちらのほうが、大変なことです。
fumi2.jpg
スポンサーサイト



【 2019/10/30 (Wed) 】 未分類 | TB(0) | CM(0)

小松菜奈、もっている!


昨夜のNHK番組「鶴瓶の家族に乾杯」で、


小松菜奈は、高知県いの町を訪れる。


新作、「閉鎖病棟」の映画共演を通じて、小松のことを娘のようにかわいがっているという鶴瓶は、


本当に、猫かわいがり。「この子は、凄い女優さんだよ!」を連発。



いつもなら、早目に、ゲストを突きはなすのだが、


小松が、人見知りということもあり、


大半を、鶴瓶との行動だったが、


可愛い子には、旅させよの心境で、


小松は不安、ひとり、おどおど、町めぐり。



あまりに活気のない町、人気も無い。


で、


何気に、最初に入った店が、和紙で使った工芸品店。


いやはや、


可愛い小物の出来栄えといい、


閑散としたした町中で、早々と、このようなお店に遭遇する。


ちょい、もっているぞ!小松菜奈。



この番組、いきなり出会い旅、仕込み無しだから、


ゲストの技量と、持っている運がためされる。


意外で、素朴でエピソードがある町人に出会う確立は低い、


だからこそ、その芸能人の”もっている”、が、


この番組の面白さを引き出すのだが・・・・



小松、出だしいい。


そのお店では、人見知りにもあった、話は弾まない、聞き出せない。


そのお店の女性、いわく、「この界わい、私のお店と、あと、散髪屋さんぐらいしか開いていませんよ。」と


雲行きが怪しくなるお答え。


それなのに、そのお店で粘ればいいのに、


すぐさに、店を出てしまう。



いや~、やっぱ、極度の人見知り。


この番組、出ちゃダメだよ~の感じと雰囲気が漂う。


何かと、スタッフに話しかける。


この番組の主旨は、独自に動き、町探訪がコンセプト。


ルール無視というか、


おいおい、どうなる小松。



ところが、ところが、


散髪屋の前の半分シャッターが閉まったスーパーで足を止める。


店玄関前に、堂々の大きなガンダム2体が鎮座に目を止め、


閉店だが、ドアが開いた店に入っていくと、


スーパーに不釣合いな、ガンダムもそうだが、


大きなモニュメントがある。


「凄いですね。」みたいに、小松が、無愛想な店主が、


これ、ダンボールで出来ていますと、平然と答える。


周りを見渡せば、となりのトトロ、猫バスもある。


これも、ダンボールで作ってある、


これが、見事なまでのクオリティの高さに、唖然!


その上、店内を圧倒する、巨大な戦艦ヤマトがある。


これも、ダンボール。


店主いわく、スーパーだからダンボールには困らない。


趣味のつもりで、合間をみて制作していると。


ヤマトも4ヶ月、かけたと。


もはや、ダンボールと思えない。


買ってきた巨大なプラッチク製の模型そのもの。


店前の、あの巨大ガンダム2体も、ダンボールとは・・・


もう、テレ朝の珍百景、登録したいぐらい、


いや、これは、芸術である。アートである。


こんなもの出くわす、


小松菜奈、


完全に、”もっている!”



無愛想な店主も、お褒めの言葉に、なんとか、気をよくして、


小松、会話で弾みはないが、


奥様ともども、スリーショットの写真で、めでたしめでたしの撮れ高。


無事に役目終了。



場面は、スタジオに戻る。


で、


ここで、もうひとつ、オチが待っていた。


あの無愛想な店主。


小松のことなど知らない展開だったが、


あとあと、小松の情報を伝えると、


な、な、なんと、あの店主、小松の主演作、2014年の「ぼくは明日、昨日のきみとデートする」の映画が、


一番、好きな映画だったそうで、


もう、後の祭り。


その時、出会って、その小松と、わかっていたなら、


その思いも伝えたかった、対応も違ったのにと悔やんでいたらしい。



これこそ、ドラマ。


小松菜奈、恐るべし。


もはや、”もっている!”。


鶴瓶、もっと、好きになったと思うし、見る目があるんだな~と・・・。



私は、


この小松菜奈、


ずっと、好きな女優さんではなかったが、


最近、映画「サムライマラソン」のお姫様役で、「あれ、いいよね~」に変わり、


門脇麦と共演の「さよならくちびる」で、確信に変わった経緯あり、
komatu.jpg
注目してきたが、


この番組にて、


違った意味で、証明してくれた。


今後の小松菜奈に期待したい!



【 2019/10/22 (Tue) 】 未分類 | TB(0) | CM(0)

危機感の無さ。



●3・11東北震災以降、


毎年、全国、至る所で起こる災害は、


年追うごとに、甚大な被害をもたらしている。


温暖化も拍車をかけている一因かもしれないが・・・。



メディアは、国は、


対策うんぬん等含め、


問題定義をしているが、


どうせ、後追い。


専門家も、いつも、後追い。



3・11以降、何の勉強をしてきたのだろう。


復習ばかりで、予習はしない。


日本につきまとう、対岸の火事論法、平和ボケが拍車をかけているのかもしれない。





●3・11以降、身をひそめていた、テレビ番組の大食いも、今では我が物顔。


致死量みたいな激辛食い競争に、命を削るタレント、もういいよ。






●バカ教師たちのいじめ、


見てみぬ振りする同僚教師も同罪、校長、元校長、なおタチが悪い。


反応、”給食、カレー中止しました”、


想像を絶する対応、これで、これで、子供を、どう教育していくのだろう。




●裁判官の世間をしらない判決ぶり。


勉強ばかりで、世間にうとく、


若い時に、汗をかいた労働もしらない、


キレイキレイ、お勉強バカ、泥水を飲んだようなこともない、身の回りにも起こらない、


経験値もない、


だから、瀬浮世離れの判決に唖然となる。



これだけ、世の中が動いているのに、明治の時代から、変わっていない時代錯誤の法律もあり、


変えようとしない現実。


第七条は意欲満々だが・・・



●小松左京の”日本沈没”って、


絵空事ではなく、あり得るかもしれない。


そう、思わずにはいられない、この頃。


日本って、世界から見たら、小さな島国だもん。


沈むのも、あながちかも。




【 2019/10/18 (Fri) 】 未分類 | TB(0) | CM(0)

渋野日向子を見に行く。


本日、10月4日金曜日、


白山ヴィレッジゴルフコースでの日本女子オープンゴルフの2日目、


渋野日向子を見に行く。

<Yahoo!画像より:下記の写真は、全英オープン大会です。>
sibuno2.jpg


間近に、見て、プレースタイルを見て、


所作に、無駄がない。


堂々としている。


全英オープンのメジャー大会での優勝という自信、


ここ最近の国内優勝といい、各大会のコンスタント成績の裏づけもあるが、


まだ、20歳にして、まさに、威風堂々。


後姿の立ち姿も凛凛しい。



一緒に回った畑岡 奈紗たちとのラウンド後のハグでは、


いつものごとく、上記のような渋野スマイルを見られた。


やっぱり、笑顔が可愛い。


まあ、それにしても、ギャラリーの数が半端ない。


渋野の移動と共に、


ゲルマン人の大移動じゃない、シブコ大移動。


渋野の第一打と共に、別選手を待たずして、ほとんどのギャラリー移動が始まるから、


マナーとしては、最悪ではある。


ジブコフィーバーがここに表れる。



僕の好きな有村智恵も、出てるし、


有名な上田桃子もいるし、原英莉花も、勝みなみもいる。



とにかく、生プレーはいい!


テレビのようにアップは見られないが、


スポーツで、戦う姿って、美しい。




渋野日向子。


オーラが、ちょい漂っていました。


とても、いい時間でした。


シブコ、やっぱり、いいです!



ちなみに、

下記の写真は、

ひなこは、ひなこでも、桜井日奈子です。
hinako.jpg

3年前に比べれば、どんどん、あれま~と、ブスけてきましたが、

こちらも、応援よろしくお願いします。


【 2019/10/04 (Fri) 】 未分類 | TB(0) | CM(0)

多部未華子と進次郎と関電。


多部未華子、

tabe.jpg


2005年映画「青空のゆくえ」、「ルート225」以来、


好きな女優さんでもありましたが、


いかんせん、「ヒミズ」での二階堂ふみの登場で、


ちょい、心の隅に追いやられてしまいましたが・・・


2016年の韓国映画リメイク作品、「あやしい彼女」で、静から動へと、ふりきったのか、


魅力がいかんなく発揮され、やっと、一般的に注目されてきた・・・。


テレビでは、NHKドラマの「ツバキ文具店・鎌倉代書屋物語」では、


いい持ち味を。



さらに、昨夜が最終回だった、NHKドラマの「これは経費では落ちません」は、


多部ワールド全開、


あのラストの締め方は、映画そのもの。切れ味がいい。唸りました。


未見のかたは、是非、NHKオデマンドで、見て下さい。
(N国党も見てね。)


もう、これだけ書けば、いいのですが・・・



小泉進次郎がめった打ち状態なので、


追い込みではなく、


遂に、値打ちが、露呈してしまったかです。


今までは、後出しじゃんけん風の切れ味いい風、まともな意見でも、


かっこよく、よくぞ、言った風で、


庶民が、つい、それだけで、未来の総理だと、持ち上げてましたが・・・




出る杭は打たれる。


その出る杭が、政治家としてではなく、


自分の結婚プライバシーを、


官邸を使って、(菅の後押しもありか?)


女房同伴で記者会見の愚弄。


ドラマチックにしちゃったのが、運のつき。


隠して隠して、


で、妊娠したら、あの会見。


自分を演出してしまった。


言葉は悪いが、アホな安売りしたな~の感は否めない。


人間が、見えてしまいました。


国を背負う、国を動かそうと思う人ならば、自分ごとを


絶対、あんな結婚会見しない。


まあ、今更、そのことかと言われそうだが・・・


その出る杭が、それだけから、


政治家としての力量、戦いなら、いいのだが、


アホな出る杭は、叩かれやすい。


パフーマンス大好きもやっかい、選挙応援なみに、


大臣なるやいなや、すぐさに「福島行きます!」、これまたパフォーマンス、プンプン匂う・・・?



注目される、


若手大臣として、世界のヒノキ舞台に登壇するなら、


武器をもっていかないと、


見事な手ぶらで行って、


記者に、温室効果ガス削減はと問われ、一言、「減らします。」、ほらほら切り口いいこと言って、


すかさず記者から、どんな対策?と突っ込まれたら無言。


先読みしてない、刀も挿していない。


そら、すぐさに一刀両断、切られました。


威勢のいい発信力はあっても、


リベート力はない。


いや、ちゃんとした信念がない。



まあ、当分は、メディアも


何かと、進次郎叩きに、やっきになるだろうの雰囲気はいかかがなものかと思うが、


度量を試されているのだから、


仕方ないですネ。



で、


関電。


あの会見を見てて、


もう、世の中の末期としか思えない、発言。


バカを通り越して、唖然。


自分のコメントの恥というものが、わかってない不思議ちゃん。


あれで、社長業が務まるのだから、


周りも、バカばっかかと、思ってしまう。


そこまでして、


会社を利用して、金をせしめたいのか、


言い分は、保管してましたですネ。



保管の意味って何?と言いたい。


では、そのお金あげるから、


あんたらの、関係者の、関電で、あの福島原発汚染水、


責任持って、保管して下さい。



切に願います。関電さん。





【 2019/09/28 (Sat) 】 未分類 | TB(0) | CM(0)