FC2ブログ

至近距離の幸せ

手つかずのままの文章に、”しあわせ”と書き込んだ・・・。 少し、少しだけ、ココロが半歩、歩いた気がした。
061234567891011121314151617181920212223242526272829303108
カテゴリー  【 未分類 】

今さらに竹内涼真、妄想インタビュー!



インタビュアー
「どうですか?恋沙汰、事務所の力でテレビ地上波、押さえこみましたネ。」



竹内
「今さら、私から、言うことはありません!」



インタビュアー
「ビズリーチ!」



竹内
「しょうがないやろ!、他に好きな女が出来たらから、
あのビズリーチ女優はポイや!」



インタビュアー
「今は、新しい彼女と、”ダンスウィズミー!”ですか?」



竹内
「そうそう、ベットで、激しく、燃えて燃えて、ダンスウイズミー~!
アホなこと、言わすな!」



インタビュアー
「それにしても、同棲中の部屋から、着のみ着のまま、追い出すなんて、
酷ですね。やりますネ。」



竹内
「うるさいな~、ウザい女は、
とっとと、消えうせろや。」




インタビュアー
「今までの、好感度は何だったでしょうか?」



竹内
「これが僕のすべてです。」



インタビュアー
「東出昌大さんにも劣らず、やりますネ。」



竹内
「似た者同士で、何故、悪い。」



インタビュアー
「開き直りですか?」



 
竹内
「アホ抜かすな!
でも、”彩花とアン”か・・・。
”花子とアン”みたいなものやな。」



インタビュアー
「じゃ、東出さんも、アンちゃんと、どうなるのですか?」



竹内
「アンちゃんのCMの関係もあるし、
当分は、このままやろ。」



インタビュアー
「ビズリーチ!」




竹内
「もうええわ!」




インタビュアー
「今の心境は?」



竹内
「本音を言えば、雲隠れしたいわ。」



インタビュアー
「しとるやないの。」



竹内
「あ~、あれがあったらな~・・・。」



インタビュアー
「何ですか?」



竹内
「セテウスの船やわ!」




インタビュアー
「こらあかんわ!」


スポンサーサイト



【 2020/07/05 (Sun) 】 未分類 | TB(0) | CM(0)

ナミコ様からの手作りのマスクが届く。



私の仲間でもある、敬愛するナミコ様から、


手作りマスクが届きました。


これです。
masuku.jpg

ナミコ様の母上、チカコ様の手作りマスクです。


この母上、パッチワークの達人、縫製の魔術師とも呼ばれ、


アパレル業界では、この名をひとたび言えば、誰、ソレ?と言いますが、


それは、モグリです。



とにかく、


この痛ましい私のために、一肌脱いで、マスクを贈っていただきました。


感謝です。


まるで、


この感動は、


多目的トイレ、2泊3日独占使用できる権利をいただいた、その喜ぶにも勝ります。


また、アキエ夫人から、ジビエ料理を、小皿に取り分けていただいたような感慨です。



そうです。


マスクは、今後、幾つあってもいいし、


このように、愛がこもったマスクなら、コロナも根負けです。



このマスクを、”マスク五銃士”と名付けましょう。



もし、マスクが三つなら、


”マスク三兄妹”でもいいし、


多数なら、


”おそ松くんマスク”もいいでしょう。



いや、本当に、


うれしい限りです。


今夜は、枕元に置いて眠りましょう。


ありがとうございました。


これを着けると時は、


みそでんがくも、ふきミソも、五平餅を食べるのは、


我慢しましょう。


【 2020/06/30 (Tue) 】 未分類 | TB(0) | CM(0)

渡部:文春妄想告白!



渡部
「僕が今でも、妻を愛しています。」


文春
「ほんまかいな。」


渡部
「妻以外の女性には、気持ちなどありません。
関係も、SEXだけのものです。」



文春
「お相手とのリモート・オナニーは、テレビでは刺激過ぎるか、報道されませんでしたが、
これは、イケますか?」


渡部
「瓶詰めの”ごはんですよ”だけで、三合焚きのご飯を一気に軽くいただける、
そんな感じです。」


文春
「グルメ王ならではの、するどい表現ですネ。」


渡部
「また、カルピス、一瓶、薄めず、一気飲みしたような
ハイな気分です。」



文春
「いや~、たとえが、どんどん冴えていますね。」



渡部
「その上、軽石で、体をこすりつけても、
軽石が、一夜で無くなる感じみたいな・・・。」



文春
「調子、のり過ぎやわ!」



渡部
「とにかく、妻を、希を愛しています。」



文春
「それほど愛しているのなら、
彼女を傷つけない、悲します行動はしないはずですが?」



渡部
「う~ん・・・。」



文春
「当たり障りのいいことを言って、
何とか、この窮地を乗り越えようと、
安易な、”妻を愛しています。”の連発は、
多くの一般女性は、ドン引きですよ。」



渡部
「♪愛してる 本当に・・・・
空に太陽がある限り・・・君と僕は・・・君と僕は・・・♪」



文春
「にしきのあきらの歌で誤魔かすな!
それにしても、古い歌や、
そうなら、東京ロマンチカで、
”君は心の妻だから”を歌ったらどうや?」



渡部
「それも、古い、もう、誰も知らんで!
キングヌーか、ヨアソビか、ヒゲダンか、ワンオクか、
打ち首獄門同好会か、ヤバTか、ししゃもか、
その中から、いきます!」


文春
「もうええわ!」



渡部
「宮迫、徳井、わたしの3人の、この首三つ、胴体はひとつで
不祥事トリオ漫才で、キングオブコントで復活しようかな?」



文春
「キングギドラか!」


渡部
「僕が真ん中のキングギドラの首がしたいわ。」



謎の女
「私も、入れてください。」


文春
「だ、誰や?」



謎の女
「タピオカで恫喝ならお任せ下さい。
ディズニーランドでも、難癖つけますヨ。」


渡部
「ユッキーナか、
心強いな~!」



文春
「こら、アカンわ!」



渡部
「すみません、
心入れ替えて、
いまから、私は、妻の希を背負って、
鬼退治に行きます!」



文春
「鬼滅の刃か!」



【 2020/06/28 (Sun) 】 未分類 | TB(0) | CM(0)

手越:妄想会見



記者
「自信満々ですネ。」



手越
「世界は僕を中心に回っているから・・・。」



記者
「女性がいないと、いないとダメなんですか?」



手越
「女性は、刺身のツマみたいなもの。」



記者
「あの葛城ユキさんみたいなものですか?」



手越
「♪ボヘミアン~・・・
アホ!葛城ユキではなく、柏木由紀やわ!
古いネタや、もう時効やわ!」



記者
「もて遊びましたね。」



手越
「俺より、柏木由紀の方が、面の皮が厚いわ!
当時、スクープされた時、しれっと、由紀は、何の反応もせず、
しれっと、AKBにいたからな・・・。大したタマや。」



記者
「あの横道、それてません。」



手越
「アンタが振るからや!」



記者
「今後の活動は?」



手越
「ホームステイです!」



記者
「何でやねん!今さら!」



手越
「あえて、僕は、それを実行するところが、
僕の人生です。」



記者
「あ~、それを、あの時してたら、
タッキーも喜んでいますね。」



手越
「それより、歌舞伎の晴れの舞台が延期で無念の、今井翼くんが心配や。」



記者
「どんどん、横道、それてきましたネ。」



手越
「うるさい!”となりの手越”が、訴えるぞ!」



記者
「すみません。
手越さん、今日の会見は、
作業着ではないんですネ?」



手越
「となりの高野弁護士も、それをすすめてきたが、
ここは、僕は毅然と断りました。」



記者
「手越さん、
そこは、カルロス・トシキとは違いますネ。」



手越
「カルロス・ゴーンやわ!
もうちょっとで、
つい、海外に逃亡してしまいそうや。
しょうもない、フリふるな!」





記者
「2時間あまりの中身の無い、会見、
ありがとうございました。」



手越
「あ~、えらい言い草やな。
小山くん、キャスター復帰と、
僕のイッテQの復帰は無いからな!」



記者
「不要不急、イッテQですネ。」



手越
「何でやん!
あっ、テゴマスの増田くん、
怒ってるやろな。」



記者
「”ミソスープ”飲んで、気持ちを抑えていると思いますよ。」



手越
「あ~、ひと安心や。
さあ、
今から、パーティや、
きっちり、自粛していた女の子を呼ぼう。
コロナにかかったら、面倒だから。」



記者
「いや~、考えることが、言うことが、
ナイナイの岡村さんに、ちょい、近くない。」



手越
「何のこっっちゃ!」



【 2020/06/24 (Wed) 】 未分類 | TB(0) | CM(0)

河井夫妻:妄想対談



河井
「あ~、早く、シャバの空気が吸いたいな~・・・。」


アンリ
「とぼけたこと、ほざいとるな!
逮捕されたばかりやろ。」


河井
「・・・・・。」



アンリ
「黙秘するな!」



河井
「もう世間がうるさい。
党から、1億5千万円も貰えば、
要は、金で買収しなさいと、くれたものと暗黙の了解やろ。」



アンリ
「そう、その金から、たかだか2千5百万円あまりで配ったからと、
ごちゃごちゃ、うるさいわ。
ところで、アンタ、
私的に使い込んでいないやろな?」



河井
「う~ん、ごめん、
ガンプラ(ガンダムのプラモデル)を買ってしまった。
ずっと、欲しかったんだ、小さい時から・・・。
ごめんなさい。
アンリは、使い込んでいないよね。」



アンリ
「バービーちゃん人形を買ったわ。
そして、チコちゃんキーホルダーも。」



河井
「ええな~、
俺も一緒にバービーちゃん人形ごっこしようよ。
それと、チコちゃんに叱られそうや!」



アンリ
「能天気やな。
捕まっていることを忘れてるで。
でも、あのお金は、
マスク費や消毒費として、みんなに配ったことにしたら、どう?」



河井
「アホ!去年のことや、コロナ禍とは違うわ。」



アンリ
「う~ん、”悲しみが止まらない♪・・・”」



河井
「それは、杏里やろ!」



アンリ
「どうしたらいいの?」



ある夫婦登場
「河井夫妻、このことは、
私たち、ベテラン夫婦に相談して下さい。」



河井夫妻
「だ、誰や?アンタたち?」



ある夫婦
「私たちは、
森友の、蓮池夫婦です!」



河井夫妻
あじゃぱ~!」



【 2020/06/19 (Fri) 】 未分類 | TB(0) | CM(0)

渡部&希夫婦:妄想対談!




「あ~、腹が立つ~!」


渡部
「すみません。何度、あやまっても許されないと思いますが、
心入れ替えて、頑張ります。」



「浮気防止ワクチンの開発に着手したらどうや?」



渡部
「ええ、考えやな。
それなら今、コロナ・ワクチンを先行する大阪府知事に、お願いしようかな。」




「もうええわ!
あんたは、浮気防止のため、松井市長にお願いして、
集まった合羽、1着頂いて、歩いたら、誰も、女がよりつかんやろな。」


渡部
「梅雨時は、蒸れるな・・・・。」



「そんな、問題でもないわ!」



渡部
「それより、会見開くタイミング、遅れたな~。
すみやかに、やって、めった打ちになった方が
いくらか、おさめられたかな・・・。」




「そうや、原田龍二に頼んだらどうや?」



渡部
「いや、石田純一にしようかな。」



「アホか!
余計、火だるまにばるわ!
あの男は、とにかく遊びたいだけ、
小さな我が子たちがいるのに、無責任な行動で感染し、
医療従事者に迷惑をかけ、退院したら、医師の4週間自粛の要請も無視して、
またもや、女性まじえて飲み会。
自分が、再陽性の可能性もあるのに、相手の事も考えない無自覚ぶり。
で、仕事関係へのご挨拶と、またもや弁解。
本当に懲りない男やわ。」



渡部
「長いわ、話が。
もうええ、矢口真里に相談するわ。」




「それも、余計、あかんわ。」



渡部
「あ~、つらい。おしっこしてくるわ。」




「こぼすなよ。」



渡部
「おい、何で、トイレ、改装したんや?」




「多目的トイレに改装したのよ。
これで、思い切り、
4~5分で、アンタが燃えて、夜の事を終えれるわ。」



渡部
「よかった~、前戯は、しないで、ええからな~。
それと、ラインの履歴、消して。」




「こら、あかんわ!」


【 2020/06/18 (Thu) 】 未分類 | TB(0) | CM(0)

妄想・アベ&アキエ夫婦対談 2回目



アベ
「PCR検査、受けようかな・・・。」



アキエ
「たぶん、”微陽性”やろな。」



アベ
「何でやねん!
アキエも受けたらどうや?」


アキエ
「私は、受けたわよ。」



アベ
「それは、回虫検査やろ!」



アキエ
「サナダ虫がいたのよ。何でやねん!」


アベ
「ノリ、突っ込みが上手いな~、
アキエお嬢さん、ドンペリでも入れてください。」



アキエ
「ホストクラブにまぎれこんで、PCR集団検査パーティもいいわ。
シャンパンコール、お願い!」



アベ
「もう、それはええわ!」



アキエ
「でも、リモートの会話は、ちょっと遅れるわネ。」



アベ
「目の前におるやろ!
ところで、
うちのオカンが言うのには・・・。」



アキエ
「何よ!」



アベ
「うちのオカンが言うのには、
嫁は出歩くな。出しゃばるな。
何度も言うが、多目的トイレはええそうや。」


アキエ
「多目的トイレか・・・。
多目的トイレは、回虫検査がしやすいからな。
検便を取るのには1番やな。」



アベ
「もうええわ、オオシマ電気で買い物でもしてこい!」



アキエ
「コジマ電気やろ!」



アベ
「うちのオカンが言うのには・・・」



アキエ
「もう、ええちゅうの!」


【 2020/06/16 (Tue) 】 未分類 | TB(0) | CM(0)

妄想、アベ&アキエ夫婦対談



アベ
「ねぇ、アキエ、オマエもアベノマスクしてよ。
閣僚みんな、いや取り巻きもしていない。俺、ひとりだけしてる。
あ~、俺だけが、あの小さなマスクしているんだ。恥ずかしいし、あ~、寂しい。



アキエ
「意地を張らずに、こうなったら手ぬぐいを口に巻いたら?」



アベ
「何でやねん!
アキエ、そういえば、最近、大人しいな・・・。大分、以来、出歩かないな。」



アキエ
「いや、昨日は、”前田ハウス”でパーティーを開いたわよ。」



アベ
「誰が、来ていたんだ?あの元・電通の男か?」



アキエ
「いえ、手越裕也よ。」


アベ
「またか、桜パーーティにもいたが、今回もか?
何を食べんだ?」」



アキエ
「手越の差し入れのお弁当よ。」



アベ
「食いたかったな~・・・。」



アキエ
「あなた、そんなことより、
今日は、ムラムラするわ・・・。」



アベ
「よし、頑張るぞ!
さっそく、行こうよ。」



アキエ
「どこへ行くのよ?」




アベ
「六本木の多目的トイレだよ。」



アキエ
「ドキドキするわ。素敵!」




アベ
「どうだい、このトイレ、良かったかい?燃えただろう。
じゃ、帰ろうか。」



アキエ
「ちょっと、待った!
1万円、ちょうだい!」



アベ
「ごめん、ごめん、はい、1万円。」



アキエ
「アホか!消費税入れて、1万1千円やろ!」



アベ
「す、すみません。」



アキエ
「このお金、特別定額給付金から出したやろ?」



アベ
「アホ!まだ届いてないわ!」



アキエ
「チクショー!」



アベ
「小梅太夫か!」


【 2020/06/14 (Sun) 】 未分類 | TB(0) | CM(0)

コロナ禍、徒然日記



その1:


特別定額給付金、一人10万円。


各自治体により、申請書や振込み対応は差はあるが、


ここで、国民は、人としての感度、思いやりのテストを受ける。


窮していないのに、すぐさに申し込みをする人、


まあ、それが大半だろうから、


いきなり集中して、マンパワーによるものだから自治体も混乱する。


だから、振込みが遅れる。


ひいては、その事態で、本当に、急場をしのがなければいけない人たちが、


路頭に迷うことになる。


下手をすると、自殺に陥る恐れもある。


そんな想像力もなく、


我先にとばかりに、


申し込み書、着くなり、はい返送ポストへ。


たいてい、普段から、弱者の立場に立ってと、のたまう人ほど、


やることは、矛盾している。


だから、


人は怖い。




その2:


このコロナ禍、


いろいろな企業、商売などは、


総合的なみて、ある意味での、淘汰の時代を迎えたのだろう。


まあ、真っ先に、私が、淘汰されるだろううが・・・。



その3:


持続化給付金事業を国から受託した一般社団法人「サービスデザイン推進協議会」の事務所に


最初に野党が乗り込んだら、人もいない。応答しない。


マスコミも、実態のないトンネル会社か?と報道すると、


すぐさに、マスコミ向けに、日指定で事務所公開。


マスコミに”書類が少ないデスネ。”と突っ込まれて、


大半がデータ化しているからと、


ふ~ん、国が、今回のコロナ対応で、超アナログ、FAX、書類処理があからさまにあなり、


大半の企業が、IT化されてない現状、世界的に後進国を露呈したのに、


データ化ですか・・・、急場しのぎの返答。そうでしょう、実態がないんだから。


その証拠に、


野党が、事務所公開の翌日に念の為、その事務所に乗り込んだら、


もぬけのカラ。誰もいない。


これは、笑えました。


よくある詐欺師映画の典型的なオチじゃありませんか。




その3:


昨夜のフジの夜のテレビ番組、コロナ禍のため、


懐かしい、フジの黄金期を支えたドラマ名シーンベスト10特集をやっていたが、


「やまとなでしこ」、「ロンバケ」、「東京ラブストーリー」など、


当時は、胸キュン(古い)ものでしたが、


今見ると、見ているほうが、恥ずかしくなるほどのベタぶり。


アホ臭い、会話の応酬。


いや~、やっぱ、恥かしい。


思わず、チャンネル、変えたくなる。


月日は、人の嗜好を変えてしまうんだ。




その4:


アンジャッシュ、渡部。


陣内みたいに、各上の奥さんをもらうと、


巷のよくない女たちが、自分の魅力の腕試し、幸せ壊したいと、勝負を挑んでくる、


そして、変な女たちの罠にはまる。


この典型的なパターンにはまりましたネ。


賢くない。




その5:


NHKの朝ドラ「エール」、


二階堂ふみだから、見ているが、


実在した、音楽家、古関裕而の物語なのに、


逸話が、とんでもないお茶らけ過ぎ、コメディ過ぎるし、


また、展開がありきたり、


脚本家、下手ですネ。演出かも悪い。


今朝は、


私が当時好きだった、デビュー曲、秋元康作詞「青春のいじわる」のレコードも買った、


あの菊池桃子と、10年来大ファンの二階堂ふみが共演している。


何か、複雑。





余談:

とにかく、多目的トイレで、SEXしないで下さいと、貼り紙、要ります?


【 2020/06/11 (Thu) 】 未分類 | TB(0) | CM(0)

NHK、新たなドラマ試み。



昨日NHKドラマ。


お昼に、深夜にと。


リモート使用の実験的なショート・ドラマをやっていたが・・・


どうも面白くない。


ある作品では、柴崎こう、ムロツヨシ、高橋一生の3人が、交互にクロスさせながら、


一人芝居の臭さを、延々、見せられるだけ。


リモートのからみに、ドラマらしい臨場感はない。


膨らみも無い。



深夜の広瀬アリス、すず、姉妹だけの二人だけドラマは、


二人だけが演技を楽しんで、


変な学芸会に陥っている。



う~ん。


このコロナ禍の逆手にとって、


あえての試みは買うが、


いかに、ドラマは、密室劇だけでは弾まないのがよくわかる。



今後のドラマ。映画もそうだが、


ソーーシャルデスタンスを保つなら、


キスも出来ない。


ベットシーンなら、さらに濃厚接触者。


大人数のエキストラシーンも難しい。




今、1番心配なのは、


映画製作に二の足を踏むことになるだろう。


映画館も、満席には出来ない。

400席なら、150席程度が精一杯。

採算が採れない。


大手の映画会社も、今後の製作企画変更となるだろうし、


またミニシアター映画となると、予算がないから、


さらに、二の足を踏む。


これは、演劇も、音楽業界も押して知るべし。


エンターティメントの最大の危機。


コロナが一段落したら・・・と、言えるほど、


大半の業界は、余裕は無い。


憂います。


【 2020/05/31 (Sun) 】 未分類 | TB(0) | CM(0)

コロナ関連、私が思うことPART2



コロナ関連:私が、今、思うこと:PART2


その:1

昨夜のTBSのニュースで、ドイツ在住の日本文化人が、言っていたこと、


「今、このコロナ対応で、各国が、それぞれテストされているのだと。


また、医療が利益主義に走ったところがあらわになったことや・・・」などなど・・・。、



的を得ている。


そう国が、テストを受けている。


また、人も、テストを受けている。


政府、議員、各省、官僚、都道府県知事、市長、町長、村長などなど・・・


そして、国民ひとりひとり、


このコロナに対するテストを・・・。



結果、


テストを怠ったものの代償は、払わなければいけない。


とても大きな代償を。


下手すると、取り返しのつかない代償を。




その・2


検察庁法改正案に反対に、


名だたる著名人がツイートで声を上げていますが、


これって、今年初め1月に、問題定義されたのに・・・


まもなく、決定されそうで、駆け込みで声あげる。


何故、あの時点で、大きな声をみな、あげなかったのか?


今回、コロナのどさくさ、火事場泥棒に見えたから、いきどおったので、


そっちの理由が多いのでは?


それと、芸能人、今、ヒマだからか?




その:3


ありゃま~!


10万円、もらうためなら、


密も何のその、3時間待ちも何のその、


あわてて、マイナンバーカード取得か。



また国も、役所が、混雑をする想像力もない。




その:4


商売には、リスクはつきもの。


人災、自然災害、コロナもそう、


何が起こるかわからない。


でも、そのリスク管理は横に置いて、


”金くれ!早く金をくれ!もう、つぶれる!”の声って何?




その:5


石田純一の退院コメント、


「この度 私 石田純一が新型コロナウィルスによる肺炎に罹患したことで


多くの方々にご迷惑をおかけし、


不快な思いにさせてしまったことを深くお詫び致します。


大変申し訳ありませんでした」と。


いや、アホなコメント。


コロナに感染したことでない、


それに至る、あなたの身勝手な行動について、謝罪しなければいけない。


コロナのせいにするな!


*まあ、あなたの人生が、ずっと、遊びほうけていたことを露呈しただけ。


たぶん、さっそく、退院祝いに、ゴルフに行くのでしょうネ。女性を引き連れか・・・。



その:6


コンビニに、やけに駐車場に車がない。


経済が動いてないから・・・。




*余談:コロナ関連ではなく、


朝ドラの”エール”についていちゃもん。


脚本が、小芝居が多すぎる。


どうでもいいようなコメディを入れ過ぎ。


みそ、納豆・・・


二階堂ふみも、しょうもないコント、やっている場倍じゃない。


本題もちゃんとしろ!


バカ話を引っ張りすぎ。


イライラする。



余談:2


このブログは初めて、11年。


「至近距離の幸せ」。


しみじみ、感じる。


【 2020/05/13 (Wed) 】 未分類 | TB(0) | CM(0)

コロナ関連、私が思うこと!




新型コロナ関連で、


素朴な疑問、私が思うこと。(テレビ情報からの)



その1:


460億円あまり、かけたと言われるアベノマスク。


その多額なお金で、国営で突貫か、または企業とタッグを組んで、


マスク専門製造工場を立ち上げたほうが、


今後のマスク需要を、国で管理できるはずなのに・・・。




その:2


1万5千人近くの感染者、死者500人あまり、


日本の医療崩壊が叫ばれる中、


もし、日本が、イタリア、ニューヨーク状態なら、


一体、どうなっているの?




その:3


あれだけ、過去、鳥インフルの時に、


今後、未来に、特別変異した強烈なウィルスに対応しなければいけないと、


医療関係者、声メディアも含め、声高に言っていたのに、


危機感を見せていたのに・・・


結局、何もしてこなかったのは何故?


怠慢?





その4:


この事態に、医療従事者は頑張っている、感謝しなければいけないが・・・


病院に、文句を言えない雰囲気だから・・・


あえて、言いたい。


多くの病院は、経営(利益)に、重心を置き過ぎて、
(*豪華客船の感染時、
当初、対応に参加した一人の医者が戻ったら、自分の病院につるし上げられ、
勝手に参加してと、皆の前で、あやまされた事、
たぶん、院内感染で病院閉鎖での損失を心配して。
この事実など、顕著な一例だろう、利益主義。)


儲けにつながらない、感染症を軽んじていたのではないだろうか・・・。


また、リスク管理。


マスク、防護服など、早々、尽きる状態が、それを現している。



その:5


テレ朝の朝ワイド。白鴎大学教育学部教授の岡田のおばちゃんが、2月の当初から言っていた


特別に発熱外来専門をを設けて、医者は輪番制でやればいいと。


政府も、他の医者も学者も、誰もそれを唱えなかった・・・


素人の私でさえ、それはいいことだと思ったのに。




その6:


アメリカの”レムデシビル”は早く、特別承認するのに、


医師会トップ代表で、”アビガン”を


早く、認めてくれと切望しているのに、


政府は、先延ばしを図っているような状況。


ここに見える、医薬品会社の力関係が透けてみえるのか・・・?


”アビガン”、が、新参者として、後発の富士フィルムだからか・・・?


邪推したくなる。




その:7


日本が、先進国と思っていたら、


後進国だと、わかったこと。


他国との対応力で。





その:8


民放の番組。


リモート活用で、さも、ソーシャディスタンス順守で、まじめぶっているが・・・


番組の編集方法は、相も変わらず、いいところでのCM、CMあがりで、ちょい流して、またCM。


答えに届かない。(この手法は、スポンサーにおもねてる。)


また、モザイクかけて、引っ張る手法もあくどい、ひとネタで20分、引っ張る。


これは製作費、浮かすため。


こんな常套手段は、


この一般家庭のステイホームという、ストレスに


さらに、ストレスを与えていることに、とんと気付かない、


いや、気付いて確信犯か?


非常事態に、商売気ありあり。


だから、テレビ離れが加速しているにことがわからない。

(*その点、ユーチューブは、それがない。素早く答えを出さないと、登録数が増えないから。)




その:9


この際、有事にわかる、


都府県の知事の器。対応力。


または市町村のTOPのアイデア、力量。


まざまざと、見せられました。




その:10


この状況下、


私の身近に顕著にわかること。


ポスティングがないこと。


また、地方の情報誌の広告の無さ。本が薄い。求人誌も。当たり前のことだけど。



まだ、書き足りないが・・・



とにかく、


私が、単純に思うこと。


間違っていることもあるかもししれないが・・・



【 2020/05/04 (Mon) 】 未分類 | TB(0) | CM(0)

朝ドラの「エール」に大変!二階堂ふみ、森七菜!



朝ドラ、


何かと、撮影遅れで、今朝は、一週間のダイジェスト版で、


急場をしのぐ、時間稼ぎで、大変な編集作業。


たぶん、カットした場面も使用して、膨らませている感じにも見える。


まあ、あわてることはない。


ネタ的にいって、オリンピックに関わることだから、


来年に3月末までの1年間クールにすればいい。


その大変さを横目に、


私にとって、この「エール」、


若かりし頃、好きだったアイドル、薬師丸ひろ子、菊池桃子が母親役で出ているし、



10年間、大好きで、映画も全作見ているし、


全テレビドラマもチェツクの二階堂ふみ様がヒロイン役です。


また、その上、今、一押しの森七菜までも姉妹役で出ている。
nanana.jpg


40年にわたる、新旧?の極み。


今回の「エール」は、


見なきゃなりません。


「半分、青い」も、いちいち、文句たれながら見ましたが、


今回は、大人しく、拝見させて頂きます。


ステイホームの中での、唯一の楽しみ。


*オマケ。


10代の時の映画より、二階堂ふみ様。

このポートが1番好きです。
nikaidou_20200502115127d41.jpg

大ブレイクしないのがいいのです。

演技と存在感で見せてくれればいいのです。


まあ、「エール」を見ていると、


つくづく、ふみ様、


あなたは、やはり、映画が合っていますネ。


【 2020/05/02 (Sat) 】 未分類 | TB(0) | CM(0)

今だからこそ、人生の通知表。



スティホームを叫ばれるなか、


みなさん、頑張って、自分と向き合って、自粛した日々を送っています。


頭が下がります。感動です。



そんな中、


世の中は、足を引っ張る、やからにはヘキヘキです。


依存症か、パチンコしたい!パチンコしたい!欲望のままに、


言い分は、店が開いているから、


子供みたいな言い分、いや、


子供たちが、きちっとスティホームを守っているのに、示しがつかない。


ゴルフ練習したい、ゴルフ場に行きたい、出来たら、石田純一のように、女性と食事会付きが理想のように・・・


沖縄、旅行行きたい。


キャンプしたい、


そのあなたたちの行動が、


誰かの死を招くことにつながることに思いをはせない。


ひいては、


医療崩壊の片棒をかついでいる、


あなたたちの欲望満喫のさなか、


医療従事者のみなさんは、その関係者は、必死で戦っている。



でも、馬耳東風。


声高に何を叫んでも、響かない。


でも、


あなたたちの行動は、


いずれ、あなたが生きていく中で、歩みの答えを、


”人生の通知表”が示してくれるでしょう・・・。


何を宗教がかったことを、たわ言をと、一笑にふされるだろが・・・。



因果応報、


きっと、思い知るでしょう。


しかし、あなたたちは、何がこうなったかも、たぶん理解できないでしょう。


【 2020/04/29 (Wed) 】 未分類 | TB(0) | CM(0)

大手も、ドサクサにグレーCMか?



ちょいちょい、


大手のCMで、


ひとつは、主たる目的は、カビ除去なのだが、他のウィルス等々にも効くみたいな、まぎらわしいCM、


わざと、製作している。意図がかいまみえる。


他にも、他企業でも、似たような手法のCMもある。


これが、世間にも名のある大会社のCM。


この際に乗じて、商魂もはなはなだしい。


倫理観もない。



どうせ、わからないだろうと・・・と、広告代理店に踊らされ、


後は、取り返しのつかに信用を失うハメになるのがわからないのだろうか・・・。



見ている人は、ちゃんと見抜いているぞ!

【 2020/04/26 (Sun) 】 未分類 | TB(0) | CM(0)

有事だから、真価が問われる!



有事こそ、


リーダーシップの真価が問われる。



新型コロナウィルス対応、1月末から三ヶ月。


政府の確固たる信念もなく、


呆れかえるぐらいに脆弱を露呈した。



この国に、強い総理はいない。



有事こそ、


迷いはいらない。


出すカードがいくらあってもいい。


反省は、後ですればいい。


石橋を叩いている場合ではない。



決断力。


実行力。


有事にわかる、


人の真価。




*<後、言いたいこと>


その1:


アベノマスク、衛生問題ありのマスクが発覚したら


いくら、後で回収、チェックしようが、


汚いものというイメージがついたら、もうそれは価値がない。



その2:


あの岡田のおばちゃん、羽鳥の朝のワイドショー、2月出始めは、


おばちゃん全開だったが、どんどん垢抜けてくる。着るものも少々ハデに。また色気づいている。


ただ、このおばちゃん、当初から、発熱外来専門を作って、医者は輪番制を説いていた。


危機感を持っていたのは、最初からこの方だけでしたのをお忘れなく。



その3:


石田純一は、こんな場合にも、電話応対でギャラ稼ぎ?


取材するテレビ局もテレビ局。




その4:


私の持論、


世の中、人の2割が世の中を動かす人、


そして、人の6割が、上の2割の指示を、きちんと守る人、実行する人、


後の残りの2割は・・・・、足を引っ張る人。



その5:


メディアの役目は、何のなのか?


特に民放。


今こそ、問いたい?


伝えなければいけないメッセージ力が弱い。


何も大本営発表までとは言わない、


民放よ、知恵を絞れ、


垣根をとって、対処に当たれ。


どうでもいいようなタレントたちの話なんか、どうでもいい。


その6:


与党、野党の国会議員、つるんで


歳費、ばやかしのわずかばかりの削減。


これで、議員のバケの顔がはがれた。


特に野党が、これに同意してる厚顔。


普段、正義面して、突っ込んでいるくせに


身銭は切らない。


もう、野党は与党と一緒。


同じアナのむじな。


【 2020/04/25 (Sat) 】 未分類 | TB(0) | CM(0)

アピタ・ピアゴの19日特売日CMって何?




アピタ・ピアゴの19日特売日5%引き、CM、テレビでバンバン流してる。


この期に及んで、他との競争している。


あえて、人を呼び込んで、密集度を高めている。


そんなに、商売に目がくらんで、


銭を稼ぎたい、感染を増やしても構わないと言わんばかりに、


クラクラするぐらい、CM、流している。



この企業、バカなのか?


想像力もないのか?


このCMに誰も意を問わない企業の体質も怖い。


また、このCMを喜んで、


流すテレビ局も、銭稼ぎに勤しむ。


ドサクサ商売に加担している。



そjこに輪をかけて、


このCMになびいて、


19日当日のアピタ、ピアゴはにぎわっている。


お客も、この5%オフにつられ・・・。


5%の魅力は、人の命の天秤に比べれば、そっちをとるのか。






企業も、そのCMにつられるお客も、


危険を撒き散らしている。


嘆かわしい現実。

【 2020/04/19 (Sun) 】 未分類 | TB(0) | CM(0)

コロナ。私に身近に起こったこと。



3月末のこと、


町医者に、市役所一部負担の期限間じかで、



仕方なしに、事前を予約を入れて、



肺球菌ワクチンを受けようと行く。おそるおそる・・・。



待合室には二人。



受付の近くに若い医者の男性いたが、、マスクをしてない。平然と。あれま~!マスクしてない。


大丈夫かいなと、いぶかる、この個人医院。



すると、待合室のお客で、会計待ちの若い女性が、セキをしている。


わたし、やんわり、外へ出る。


え~っ、この女性、エチケット、わきまえていない。


この女性、平然と、堂々と、セキをしている。


自分から、一旦、外にいくこともしない。


女性が出たのを見計らって、


受診。


今度は、もう一人の、ここのじいさん院長が迎えてくれたが、


このお方も、マスクしてない。


えらいとこに来たもんだ。


オバケ屋敷よりも怖い。


こんなところ、辞めようかと思ったが、予約済みだったため、


注射される。


そこで、私、小心者だから、


院長に、「前の方、かなりセキをしてましたネ。」と言うと、


しれっと、「空セキですよ。」と答える。


う~ん、危機感ゼロか?



その上、言い放ったのは・・・


コロナは、大したことなどありません、来年には風邪みたいなモノみたいな・・・、驚愕な発言。



また、さらに医者があるまじき発言をする。


「高齢者が死ぬだけですから、年齢的にも、いずれ遅かれ早かれすから・・・。」みたいな。



このやりとり。


とんでもない実話。



今、医療従事者は、命がけで頑張っているが、


身近に、こんな医者がいるとは・・・。



あの慶応大学病院のあきれた研修生たちも、


このような医者になるのかな・・・。



【 2020/04/19 (Sun) 】 未分類 | TB(0) | CM(0)

今回のせやろがいおじさん、いい!


是非、見て下さい。


おなじみ?いや、知らん人も多いか。


では、どうぞ。



【 2020/04/17 (Fri) 】 未分類 | TB(0) | CM(0)

テレビCMも配慮がいる。



新型コロナウィルス蔓延で3密、いや1密でも危険と、当たり前の事を


今さらに声高に。


そんな、最中、テレビ局。相変わらず、撮りだめの番組はお蔵入りはしない。自粛しない。


撮りだめの大騒ぎの3密番組流した後で、


ニュース番組、神妙な顔で、


ソーシャル・ディスタンスと別スタジオか家での出演と配慮。


これが、おかしくないかと思わないテレビ局の鈍感さ。


だから、説得力もない。



また、テレ朝、


富永アナの経緯を説明責任を果たしてもいない。


いや、果たさない。


もう、病院同様みたいに、閉鎖しないのも、おかしな話。


コレ、局内感染ですネ。



民放、


どこもしゃくしも朝から夜まで、タレントたちや専門外のコメンテイターが、


どうのこうの、えらそうにしゃべってる。


あ~、うざい!



それと、テレビCM。


今は止めているが、ウィッグCM、森山良子たちが、旅行へと楽しそう。


旅行の雰囲気ではないのに・・・。


CM企業、またしても鈍感。



トヨタ、社長囲んで、大騒ぎCM、


3密CMを平気で流す感覚がわからない。


そう、ムキになるなよ、たかがCMですと、言われそうだが、


たぶん、人は、密集シーンを見ると、嫌悪感を感じる方もいるのではないかと思わないのか?


そう、鈍感。



極めつけが、安倍総理さま。


貴族と揶揄された動画。


これを作る神経、わからない。


鈍感というより、想像力もないのだろう。



平時ではない。


これほどまでに、国民が敏感になっている。


お手本になるべき人、メディア、


しっかりしてよ。


【 2020/04/15 (Wed) 】 未分類 | TB(0) | CM(0)

愛知県の大村知事の危機感の無さ!



福岡県の知事は、自らお願いして、


緊急事態宣言を、国から対象地域に取り付けてもらったという


先を見据えた、対策しているのに、



大都市でもある、愛知県は袖にされた。


省かれた。


そら、大村知事、先日、国から、愛知も、医療崩壊の危機にあると報じられ、


記者会見開いて、愛知は医療崩壊の危機など無いと、ムキになって反論してた。


バカ丸出し。


現状のことを見て言っている。


先など、見てない。



だから、国も、そうですかと、見離した。


名古屋を抱える、愛知の人口からいって、


今そこにある危機が間近に迫っているのに・・・。



今回、愛知も、対象地域に入らないと、


いずれ、名古屋を中心に、周りの他市にどんどん広がっていく可能性は大。


近隣の岐阜も、三重にも広がる。



そんなことにも、思いもはせない。



この鈍感さ。


この危機感の無さ。




日本の大都市で、取り残された愛知。


大村知事、あなたの責任は重い。



まあ、あなたは、愛知トリエンナーレの不自由展の対応を見ても、


似たような言動、行動。



自分のメンツばかり、考えている、



とんでもない自己中ですネ。



もうひとつ、


慶応大学病院の研究医、


リスク管理を厳しく促されていたが、能天気に、40人で会食して、


18人感染。(遅ればせの発表、まあ、隠していた)、


この40人、医者なる資格なし。




これからの国民は、


自らは、もう感染していると思って、行動しなければならない。


きちんと、自分を管理して、感染したら仕方がないが、


安易な行動は、


もし、誰かに感染させれば、


その中で、死者が出れば、未必の故意。


間接的に、殺人行為に等しいでしょう。


飛躍的な意見ですが、


他国の状況を見れば、わかることでしょう。

【 2020/04/07 (Tue) 】 未分類 | TB(0) | CM(0)

そもそもテレビスタジオ番組が3密。



各局、口合わせしたように、


スタジオ番組、各お一人、距離、とってか・・・


もう、ポーズとしか思えにない。



スタジオ番組、始まる前には、濃厚な接触、打ち合わせ。


あのスタジオの喚起の悪い場所、裏方スタッフの多さ、


会話をしなければ成り立たない。


完全な3密。


だから、スタジオ番組、どうなの?みたいな事を声高に言わない。


しょうがないが・・・、


ただ、あの距離感をとってますのポーズのいやらしさが、


とても鼻につく。



そのくせ、番組内容は、


何月何日付のロケですと、注釈つけて、


さも、自粛要請の時ではありませんを強調して、アリバイ作り。



立ち位置は守っても、


内容の自粛はない。


だから、カラオケロケ流したり、


居酒屋で大騒ぎシーンも入れたり、


見ているほうは、違和感。


お蔵入りしたら、もったいないか。


出演者も、損していると思うが・・・




とにかく、


これからのテレビ番組の作り方が変わることは間違いない。



今、世界で1番、安全な場所は、


まさしく、”ポッツと一軒家”。


ほぼ自給自足、少人数で隔離のような場所。


これからテレ朝、


東京から取材に行ったら、拒否されてしまうでしょうネ。





テレビ、


世界ロケもない、


アポなしのグルメ紹介もどうか?


鶴併は、どこにも行けない?


所さんも、笑ってこらえなれないし、


徳光さんも路線バスで、居眠り出来ないか?


モニタリングも、むずかしい。


ほぼロケは無理に等しい。



また、今まで食べ物、世界ネタでしのいできたが、


これからは、そうはいかない。


限られたシチュエーション。


だからこそ、


テレビマンのこれからの本当の腕が試されるのである。


【 2020/04/04 (Sat) 】 未分類 | TB(0) | CM(0)

世界から、のけ者にまっしぐら!



財務省の近畿職員の心痛む、


遺言。


これが、無きものにする政府。


むごい。


むご過ぎる。


大半のメディアは、コロナウィルスばかりで、


あまり、深追いはしていない。



この職員、上からの真実を隠匿する行為に


自らも、抵抗したが、結局、加担したことを悔やみ、


信条である、”国民と規約している。”の思いが、



なお自分を追い詰めての自死。




正義が抹殺される。



このことにも、総理のコメントは、冷酷な対応。


財務省も、再調査しない。



森友、



加計、



桜を見る会、などなど・・・



政府のゆがめられた、権力をふりかざし、やりたい放題。



ここまで、国民をなめている。


まあ、国民も悪い。


香港のように、立ち上がることも無い。


わが身に振りかかなければ、人ごとで終わる。


そう言う、私も同罪だが。





欧州が、苦しんでいるのに、


呑気に、日本は、聖火リレーをやっている。


東京オリンピック、やりますよのアピール。


まあ、駆け引きのような状態の中で、延期のタイミングを図っている。


世界中から、延期を要請したから、


辞めましたの理由づけが欲しいため、


また、経済的には、スポンサーのため、


裏フィクサーのため?



魑魅魍魎のこの国は、


主導という、理念はない。


顔色ばかり、見ているばかり。



腐りきった、日本に、


失言王、麻生副総理は、オリンピック、1940年、戦争で中止、


1980年は、モスクワでは、各国ボイコット、


そして、2020年・・・、


40年ごとに、


言い放つ言葉は、”呪われたオリンピツク。”と、何か、自慢げに語る。



失言王。言うことが、凄まじい。



これが、政府の状態を物語る。





中国、


”アメリカ軍がウィルスをを持ち込んだ”と、自ら、アメリカにケンカを売って、


トランプから、中国ウィルス”と言われたら、反論。



中国が、感染拡大しているときに、


世界が、そこはふれないように、差別なきように配慮してたのに・・・


自国が、収束気味になると、中国は立派をアピール。


中国を、世界のお手本になるようにと、厚顔。



このような中国の対応、



また、日本のオリンピックのにぶい開催対応、




ウィルス収束後には、



世界から、信用を失うことに気付かない鈍感さ。



だから、アジアはと、


ひとくくりで、


差別がはじまることに危惧する。



【 2020/03/22 (Sun) 】 未分類 | TB(0) | CM(0)

中国の品の無さ!



中国、自国が、コロナウィルス、沈静化してきたら、


国は、バカみたいな、武漢での医療者のマスクはずし動画を流しまくる。


どうせ、政府の意向だろうが・・・。



いま、欧州が、非常事態なのに、


こんな能天気な動画を流す無神経、


世界の他の国が、苦しんでいるのに・・・・


このように気を配らない、配慮も無い。


自国だけ考えている。


この品の無さ。



世界から見て、中国って、


やはり、なおさら、怖い国って思われることに気が付かない。



この新型コロナウィルス。


軽率には言えないが、いつかは収束するだろうが・・・


また、いずれ、新たな未知なるウィルスが、


襲ってくることの可能性は高いだろう。



【 2020/03/17 (Tue) 】 未分類 | TB(0) | CM(0)

東京オリンピック開催したら・・・



東京オリンピック開催、どのこうの?


5月末には終息なら・・・


その発想がわからない。



もし、ギリギリ、終息しても、


あえて強引に、開催したら、世界中から人が来る。


東京オリンピックという、世界中からの人々の集団が


再度、再燃、


巨大クライスターにも及ぶかもしれない。


その危険性は、現状では、大である。



最悪のシナリオは先手をうつことである。


経済損失ばかりに、気をとられ、


日本の信頼を失うほうが、もっと恐ろしい。






森法務大臣のウソ答弁。


とんでもない発言。作り話ですよ。



でも、メディアは、


コロナウィルスに気をとられているから、追わない。


一国の法律を司る法務大臣のありえない発言は、総理の厳重注意で終幕。


本来なら、当然、クビ、打ち首モノ。




これがスルーパス。



とんでもない国ですネ。



【 2020/03/13 (Fri) 】 未分類 | TB(0) | CM(0)

忖度なし!「新聞記者」に作品賞!



日本アカデミー賞、


日テレと、


東宝、東映、松竹、日本三大メジャー配給会社が仕組んだ賞。


だから、


今までの主となる賞は、三社でまわしていたが、



今回は、日テレ、読売新聞の敵でもある東京新聞がらみの、


いわくつきの政権批判映画、「新聞記者」に作品賞という英断。


この映画の最優秀男優賞にも輝いた松坂桃李が、受賞コメントで、


「この映画の製作にあたって、二転三転どころか、五転六転したと。」


そう、映画の内容は、政府の今の現状を暴く内容。


映画を見たが、よくまあ、映画製作したものだと、


リスクを伴う覚悟の制作会社、俳優、スタッフに敬意を表したい。



公開前の露出は、メディアは一部だけで、


ひっそり感ではあったが、


初日に映画館に足を運んだが、年配者をメインに、多くの観客がいた。


わかっている人は、世の中を憂いている人は、ちゃんと注目していたのだ。



とにかく、この映画を、政権よりの日テレの番組で、


皮肉にも、政権批判の映画の受賞とは。


だから、日テレも、メインの作品賞なのに、受賞風景も、あっさり編集。



「新聞記者」受賞の、この流れ。


韓国映画「パラサイト」のハリウッドのアカデミー賞作品受賞の快挙に


かなり、影響したのだろう。


選ぶ側も、三社メジャーに忖度せず、


いいものいい、ちゃんと、映画の中味で答えを出そうと奮起したのだろう。



まさに、邦画界の危機感のあらわれだろう。



【 2020/03/07 (Sat) 】 未分類 | TB(0) | CM(0)

えげつない政府!



おかしい。


いや、これが、人間の本質か?



下船早々、60代爺、ジムへ行く。


危機意識など皆無、自己中。


これで、ジム内、高齢者の感染死者が出たら、殺人行為に等しい。



椎名林檎、ライブ決行。


人が集まれば、リクスは高い。それを、やる神経がわからない。



大阪のライブ会場100人で、感染者。


ちょっと熱があったけど、ライブに行く神経、それも看護師、さらにマスクなし。


撒き散らす。




メディア。


一部の店のトイレットペーパー品切れを


ことさら、ニュースで流して・・・


デマにおどらされないように・・・。


結果、全国で品切れ中。(実際、ビックリするような、その売り場の空っぽの状況)



テレビ局、ほんまに想像力がない。いや、アホかもしれない。


デマと流しても、マスクの品切れもあるから、


庶民は、一斉に、買占めに舵を取る。





このような状況に、


あの時代の、自民党で、素浪人のような小泉進次郎だったら、


吠えていただろうな・・・。きっと。


政府に向かって。耳障りのいい発言バンバン飛び出していただろうが・・・、


今や、政権側。


黙り込むどころか、


最初の感染者対策の会議に出てない。


それを突っ込まれても、、ちゃんと代理を立てましたと、理由もぼやかして。


やっと認めると、そのお答えが、


”今まで私が、お世話になっている後援者の集まりに・・・”みたいな発言、


いやいや、その発言、有事的な事態の、国民に被害が及ぶ事態に、


”私がお世話になっている・・・・”か、


国民より、私ですか!


結婚発表でも、私的なことに、官邸に、妻を伴い記者会見で、


公私混同をさらけ出したが、


大臣になったら、セクシーになって、


さらに、化けの皮が、はがれまくっている。


政権内でも、猫にゃん状態。


この会議欠席で、自己中丸出し。


一時期、”未来の総理”と呼ばれていた・・・とは、


なかなか、人は見抜けませんネ。




今、心配なのは、当初から、危機感を口にしていた感染学者の岡田のおばちゃん教授に


圧力がかかっていると・・・。


自分の立場より、人の命。この気概は、他の楽観的感染学者に爪の垢を煎じて飲ませたいが、


飲んでも効かない、自己保身の輩ばかり。



東京オリンピックを開催したい。


経済が疲弊しては困る。


病院は、検査出来ないのは、保健所がと、言うが、


結果、そのことで、事と場合、病院閉鎖になったら困るもあるか。



世の中。


何を守るかの優先順位が、わかっていない。




とにかく、


今の日本の政府。


中国よりも、やることがえげつない。


怖い国になったものだ。


【 2020/03/01 (Sun) 】 未分類 | TB(0) | CM(0)

備えあれば憂い無し!




ワイドショー、軒並み、


朝から晩まで、政府の対応どうのこうの・・・か、


テレビ局も、ワイドショーの司会者も、感染すれば、


コメテンターともども、濃厚接触者で、顔ぶれが変わるか、番組変更になる可能性も無きにもしもあらず、



当初、この新型コロナウィルス扱いは、テレ朝の羽鳥真一のワイドショーが全面的に、


政権よりの日テレ、フジなどが呼ぶ、感染専門学者は、楽観的なコメントに終始していたが、


あの羽鳥真一番組での専門学者、岡田のおばちゃんだけは、当初から危険勧告していた・・・。


この温度差。



備えあれば憂い無し。



振り返れば、中国の発生元、武漢、1100万人という東京並みの街を閉鎖したのに


日本は、まだ対岸の火事のように、


春節旅行者(団体客を除き)、受け入れてきた。



今になって、


政府も、いきあたりばったりの方向。


そのやり方は、政権の実情を露呈してしまった。


世界的有事になると、このザマ。




このウィルス問題。


過去、鳥インフル問題の時は、学者が、こぞって、


やがて、もっと、変異して、


未知なるウィルスは来ると、おののいていたが・・・・


その教訓は、どこもいかせていないどころか、



政府は、何もしていなかったのだ。




中国の独裁的?な国だから、


思い切ってやれる利点もある。


問答無用。


武漢、閉鎖ならば、


北京などなど、すぐさにイベント、娯楽施設、映画館なども休館の舵を取る。


今のところ、人の移動がなければ、人が集まらなければ


感染者は、減ることは明らか。




日本は、そうはいかない。


経済、東京オリンピックにシフトしているから・・・




昨日の総理のいきなり、小中高の閉鎖で、


それは困る、小さな子供持つ親は、会社を休まないといけない。


いきなりで、困惑。


それは、そうだが、



この事態は、政府任せでなく、


国民も、最悪の事態を、想定していないと、この意見も出る。



何が起こるかわからない、このご時世。


再度、


”備えあれば、憂い無し。”


手遅れと思ったら、そこまで、


やれることは、やる。


国民の覚悟が、


今、必要なのでしょう。


【 2020/02/28 (Fri) 】 未分類 | TB(0) | CM(0)

バカな国!



コロナウィルス対応。


一夜あけ、主催者側にボールを投げていたのを、


やっと、安倍総理のイベント、ライブ中止要請依頼。


当日、やる気満々だった主催者のコンサート中止。


ファンは、怒っている。


何万人集まって、そう、リスクを高めたい、一部の日本人。


そのリスクは、


分母を高めれば、分子(死人)はあがる。


主催者側の責任感の無さ、


観客も、自分は、若いから、かかっても軽症とタカをくくるっているのか?


そうじゃないんだ。


その大集団の集まりに参加するということは、


致死率の高い高齢者に対する、未必の故意に等しい。




どこもかも、主催者側サイドの一様の”苦渋の決断”。


バカじゃないの、この言葉。


そんなもの、


先頭たって、お上から言われるまでもなく、やれよ。



サンリオピューロランドは、早々、休館したのを見習わず、
(ここは、思いやりのある、やり手の女性社長)


不思議に、後追いが少なかった。


だって、お金儲けが、命より、優先順位か?



日本を、”地球”にたとえて、


豪華客船を、小さな国”日本”とみなせば、、


おのずと、答えは出るでしょう。



何かも、取り越し苦労に終われば幸い。




政府の今までの


何かも、話をのらりくらり、すりかえて、


子供でも、アホな弁解に終始するやから達。


これで、逃げ切れる。


どうせ、国民なんて、人の噂も75日作戦か。



嘘が、言い逃れが、平気でまかり通ることを、


国が、率先してやっている。


腐りきっている。



そのツケを払う、


今回のコロナウィルスは序章の始まりに過ぎない。



【 2020/02/26 (Wed) 】 未分類 | TB(0) | CM(0)

丁寧に生きる。



NHK番組、サンドウィッチマンの好評の不定期番組、「病院ラジオ」。


今回で第4弾、


病院内に特別ブースを仮設して、そこだけに流すラジオ風のテレ番組。


いつも、感動させられる。


難病に向き合い、


前向きに生きる人々の心の内面を、サンドの人柄が、引き出す。


家族の強い絆、あり方、なかなか言えない本音が、


心を揺さぶる。


”一生懸命、生きる!”


課せられた運命ではなく、前に前に、生きる未来に思いを馳せる。


たくましく。


普通のありがたみ、平凡という幸せに気付かされる。


この番組こそ、


学校のビデオ教材にして欲しいほど。



今回は、


初めて、依存症専門病院。


今までとは、違う切り口。


患者の顔出しが難しいのも理解出来る。



それでも、顔出しOKの方もいる。


ほとんどが、アルコール依存症の方が多い。


酒を断ち切れず、再入院の6回目とか、


家族に見離された方とか・・・


根気良く、妻が見も守る人もいる。


みな、異口同音に、


覚せい剤のように、


毎日、毎日が、お酒を、断ち切る一念。


ただ、覚せい剤と違い、


お酒は、街にあふれている。


これが、至難。試練。



ある30代後半の男性は、銀座で商売しているため、


仕事上、常に、パーティに呼ばれるという、過酷な環境。


でも、飲まない。


信念。


この病院の看護師の心からの治療応援を


思い出すと、裏切れないと。


この方が、最後に言った言葉が、心に沁みた。


それは、毎日、毎日、


”丁寧に生きる。”を心掛けていると。



この言葉の意味は重い。


心に刺さる言葉である。





今度は、NHK朝の番組、華丸・大吉の「あさイチ」でのこと。


ゲストは


映画、今週公開の夏帆、妻夫木主演の「Red」の原作者と、


女性監督、三島有紀子が、映画番宣で出てる。


この方、「しわせのパン」、「ぶどうのなみだ」、


海外で賞に輝く「幼な子われらに生まれ」で一躍、評価が上がった御仁。


30前半までNHKのディレクター社員で、突然、


次のあてもなく、


ただ、映画を撮りたいの一念で、安定のNHKを未練なく、


辞めたはいいが、


その後、貯金はつき、電気は止められるのもザラ。


それでも、監督をめざし、助監督を続け、


今では、この立ち位置にいる。


「よくまあ、先も見通せないのに、NHKを辞めることが出来ましたネ」と、突っ込まれて、


三島有紀子は答える、


「NHK時代、悩んでいたいた時、同僚の50代の先輩から言われた言葉が刺さった」と。


それは、


”惚れてる事をしないで、死んでは、意味はない”


みたいなアドバイスが、


背中を押されたと。


何と、いい名言。




上記の二つの言葉。


私には、とても、とても、


やわなハートに刺さりました。


何と、素晴らしい言葉でしょう。


簡単な言葉で片付けられそうですが・・・・


私のモチベーションには、大事な最大の言葉です。



ありがとうございます。


【 2020/02/15 (Sat) 】 未分類 | TB(0) | CM(0)