至近距離の幸せ

手つかずのままの文章に、”しあわせ”と書き込んだ・・・。 少し、少しだけ、ココロが半歩、歩いた気がした。
041234567891011121314151617181920212223242526272829303106

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- (--) 】 スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

作詞家列伝:橋本淳に感謝を込めて!再度!



作詞家、橋本淳。


今回は、とことん、書きます。ディープに書きます。


この人を知ったきっかけは、

初めての買ったレコードが(当時ドーナッツ版シングル、懐かしい)

グループサウンズのオックスのデビュー曲、

「ガールフレンド」でした。

♪僕の可愛い 友達は (マイガール マイガール) 
 白いテラスに 囲まれた 夢のお城に 住んでいる
 星よ 星よ どうして早く 眠らないの 水色の朝日は
 とても とても 冷たいよ・・・♪


その作詞が、橋本淳。

で、作曲が後に日本最強のゴーデンコンビと呼ばれた筒美京平。

今や語り草の伝説のコンビです。


当時、中学生。

その時は、ただ、初めてのレコードという愛着もあり

“ほ~、作詞が、橋本淳ね、

作曲が、筒美京平か・・・“だけの認識。”



この曲は、グループサウンズブームもあり、

「ガールフレンド」の甘い歌詞とメロディに、この曲は大ヒット!


オックスのその後の大活躍は周知のとおりですが、

コンサートでのファンの失神騒ぎで世間を騒がせました。

それに臆せず、次作はポップな「ダンシングセブンティーン」と来る。
(当時としては、かっこいいタイトルでした)


その後、また甘く切なく「スワンの涙」の大ヒットにつながります!

♪君の素敵な ブラックコート 二人で歩く坂道に 
こぼれるような 鐘の音 誰も知らない 二人の午後は 
港が見える教会の 小さなお庭で お話しましょう
いつか君が 見たい云った 遠い北国の湖に 悲しい姿 スワンの涙♪

ボーカルの野口ヒデトのセリフも魅了しました・・・。
(キーボードの赤松愛も大人気でした・・・)


この詞の甘さは橋本淳独特の世界観。

でも、それだけで、橋本淳に魅了されたのではなく、

不思議な感覚で、

それ以後は、つい、何となくなのですが・・・

橋本淳の作詞の曲を探し出すほどに・・・


当時、月刊平凡、月刊明星の2大アイドル月刊誌があり、

私は、月刊平凡派で、

毎月買っては、お目当ては、もちろん歌本です。


これには月毎に新曲が満載です。

真っ先に、橋本淳の作詞の歌を探し出します。


まあ、そこからは、熱狂的な橋本淳ファンです。

理由のないファンですから、おかしなものです。

ねぇ?


その橋本氏ですが、

生い立ちをさかのぼれば、彼は、「野ゆき山ゆき」等の児童文学者、

与田準一の息子ということです。

DNAは素晴らしい。


青山学院の大学生時代に、作曲家、すぎやまこういちを師事し、

弟子入り、それが、きっかけで、後に、すぎやまこういちと共に

後に、ザ・タイガースのヒットをほとんど手掛けました。


また大学時代の後輩が、筒美京平です。

類は友を呼ぶ、素晴らしい縁です。


さてさて、そのザ・タイガースに触れる前に、何と言っても、

橋本淳の代名詞となった、彼の出世作があります。



それは、ブルーコメッツのレコード大賞に輝く大ヒット曲、

「ブルーシャトゥ」です。



ブルコメの「青い瞳」、「青い渚」の青シリーズの小ヒットを経て、

この「ブルーシャトゥ」の国民的なヒットとなりました。

♪森と泉に 囲まれて 静かに眠る ブルーブルー ブルーシャトゥ 
あなたが僕を 待っている 暗くて淋しい ブールブルー ブルーシャトゥ
きっあなたは 紅いバラの バラの香りが 苦しくて
涙をそっと 流すでしょう 
夜霧のガウンに包まれて・・・♪


その国民的というのは、あの時代、誰もが、口ずさんだ

あの歌の替え歌です。


♪森、とんかつ、泉 ニンニク、囲まれ テンドン・・・♪と

橋本淳の詞が替え歌になったのです。


これは過去にも現在でも例をみません。


それぐらい、この歌は、皆に慕われたヒット曲になり、

橋本淳は不動の作詞家となり、飛躍の年になりました。



その“ブルー”の色の運にあやかって、

橋本は、いしだあゆみに「ブルーライトヨコハマ」を提供。


その前に「太陽が泣いている」が小ヒットしましたが、

次作の「ふたりだけの城」は無残な結果に終わり、


この曲が起死回生です。

「ブルーライトヨコハマ」は、曲先行で、締め切りギリギリながら、

ディレクターのやいのやいの催促の中、横浜で、書き上げた詞です。

♪街のあかりが とてもきれいにヨコハマ ブルーライトヨコハマ・・・

・・・歩いても 歩いても 小舟のように 

ゆれて 私は ゆれて私は腕の中・・・♪

これも空前の大ヒットになり、まさに“ブルー”さまさま。


いしだには、後に「砂漠のような東京で」があり、

意味深なタイトルもいいです。

売れなかった「さすらいの天使」、「絵本の中で」は、

ファンに支持されています。



またまた、ブルーコメッツに戻りましょう。

「ブルーシャトゥ」の後も、

グループの井上忠夫(後、改名:井上大輔)と連打しました。

「こころの虹」、「北国のふたり」、「草原の輝き」と・・・・。


しばらくして少し低迷しましたが、筒美とのコンビで、

「さよならのあとで」でのムード歌謡の新たなチャレンジの

曲調が受け、また、メインボーカルが三原綱木というのも成功、

井上忠夫の最後のセリフも受け、大ヒットしました。


その次に、今度はグループの三原綱木の作曲で

「雨の赤坂」を出しました。

これが、予想以上にいい曲ながら、全然売れませんでした。


後、演歌の角川博がカヴァーしましたが、

やはり売れませんでした。

知る人ぞ知る、名曲です。一度、お聴きください。


三原綱木が出ましたので、ついでながら、

彼がグループ脱退後、嫁になった田代みどりと組んで、

つなき&みどりで「愛の挽歌」は筒美の曲で、そこそこ売れました。

ポップでしゃれた曲調は大人受けでした。



もう一度、

グループサウンズに戻しましょう。

時代が前後しますがお許しください。


時系列ではなく、流れ的な文章は、

熱い橋本淳ファンを自負ながら物語ります。

そうです。


タイガースを書きましょう。


デビューの「僕のマリー」は、

期待に反して売れませんでした。

このタイトルに橋本淳ワールド全開の始まりを感じますが・・・。

そこで、ポップに

「シーサイド・バウンド」(お~、橋本ならではのタイトル)です。

♪踊りに行こうよ 青い海のもとへ ゴーバンド!♪


これが、ブレイクの始まり。売れました。


次作は、しっとりバラードの「マナリザの微笑」も受け、

♪雨がしとしと 日曜日 僕はひとりで・・・♪


そして、「君だけに愛を」が、ジュリーの振り付けの

GSおなじみ四角マイクを握り、人差し指を差し出し、

♪君だけに 君だけに・・・♪と、テレビからシャウトするジュリー!

そんな、かっこいい!ジュリーにファンは大熱狂!

大ヒットしました。


まさに、橋本淳の真骨頂。


タイガースは、グループサウンズの頂点に達する!

そこで満を持して勝負に出ました。


次作は、な、なんと、カップリング曲の誕生。

これが、歌謡界、初めての強力カップリングの誕生。


それは、「銀河のロマンス」と「花の首飾り」。


前者は、橋本淳ならではのタイトル、これぞ、GSタイトルの最高峰。

曲もすぎやまこういちこそのメロディアスさ。甘く切なく。

後者の「花の首飾り」の極めつけ曲は、

残念ながら、橋本の詞ではなく、

アイドル誌「月刊平凡」の作詞募集から選ばれた1篇。

これは、補作に作詞家のなかにし礼が手直しました。

これ、またいいメロディ。


その上、グループ初のボーカルの大役の愛称トッポこと

加橋かつみの透き通る声が♪花咲く 娘たちは・・・♪にうっとり。

これが大ヒット!


この2曲は史上最高のカップリング!


橋本の「銀河のロマンス」はちょっと影が薄くはなったが、

私は、この曲こそ、

GSの代名詞の曲ではなかろうかと思います。

♪銀河に浮かべた 白い小舟 あなたと訪ねた 夢の故郷

シルビマイラブ・・・シャラララ シルビーマイラブ マイラ~ブ・・・♪


他のグループサウンズにも提供しました。

ヴィレッジ・シンガーズの「バラ色の雲」です。

♪バラ色の雲と 思い出をだいて・・・♪

これは、筒美の曲、編曲といい、大ヒット。


その勢いで、今度はタイガースとのすぎやまこういちのコンビで

「亜麻色の髪の乙女」です。

♪亜麻色の長い髪を 風がやさしく包む・・・♪


後に、島谷ひとみでのカヴァーで知られましたが、

この曲こそ、タイトルといい、橋本淳、そのもの。


また、ヴィレッジ・シンガースのB面の中に、

「落葉とくちづけ」がある。

これも、まさに橋本こそのタイトル。


落葉といえば、タイガースのB面で

「落葉の物語」という名曲の流れでもあるが、

歌詞に、♪長いショコラーテ♪とある、この外国かぶれ感がいい。


ゴールデンカップスの「長い髪の少女」も彼です。

♪長い髪の少女 孤独な瞳 後姿 悲しい 恋の終わり

どうぞ 僕だけに 心打ち明けて どうぞ 聞かせてね 愛の物語♪

作曲は、「恋の奴隷」でブレイクした鈴木邦彦です。


ボーカル、リズム&ブルース声のディブ平尾と

ドラムのマモル・マヌーの甘い声とあいまって、

魅了しました。大ヒット!です。


GSの中では、

あまりヒットしませんでしたが、

ザ・スパイダースの「真珠の涙」があります。


ザ・ジャガーズには「マドマゼルブルース」もあります。

マドマゼル マドマゼル ブルースよ・・♪

どうですか!“マドマゼル”ですよ!


いいじゃないですか、上手いです。


GSの中に、意外にも、内田裕也がいたフラワーズに

「フラワーボーイ」という小ヒットは

知る人ぞ知る歌です。


ここまで書いて、

GSの中にシャープ・ホークス(あの安岡力也がいた!)の

「遠い渚」があります。

サビの♪遠~い 遠~い 渚に 捨てよう・・♪

これぞ、橋本にとっても

忘れられない思い入れの伝説の名曲です。

グループサウンズがまだ認知されない中の初期の作品、

作曲は師匠の、あのすぎやまこういちです。


橋本淳のDNA的な作品です。


そう、「遠い渚」は橋本淳の原点ですかネ。


GSの立役者は、橋本淳に尽きると思います。



その時代には、たくさんの女性歌手にも提供。

いしだあゆみ以外にも、

弘田三枝子の「渚のうわさ」等があります。

弘田が「人形の家(作詞なかにし礼)」のブレイク前の名曲です。


奥村チヨには、ベンチャーズの曲に、橋本が詞をつけたのが

「北国の青い空」があります。

これは、売れました。

ただ、次作で、筒美とのコンビの「涙いろの恋」は

さっぱり売れませんでしたが、

これまた、いい曲です。

その後、奥村チヨは、なかにし礼の作詞で、

♪あなた好みの女になりた~い♪の歌詞が

世間の物議をかもした「恋の奴隷」が生まれました。


不思議に、橋本淳となかにし礼との接点があります。


まだ、売れてない頃のなかにし礼には

ザ・タイガーズ「花の首飾り」の補作詞の依頼といい、

弘田三枝子、奥村チヨといい、

いしだあゆみは、「喧嘩のあとでくちづけを」、「あなたならどうする」の

なかにしの詞があります。


ブルーコメッツも、「それはキッスで始まった」、「海辺の石段」と。

ザ・タイガースは「美しき愛の掟」もあります。


想像ですが、

橋本淳が、なかにし礼の詞の才能に

バックアップ、信頼を置いていたのではないのでしょうか・・・。

いいライバルでありながらも・・・。

なかにし礼を一目置いていたのでは?


横道それました。


本題に戻しましょう。


ジュディオングの「涙のドレス」も筒美コンビで小ヒット。


小川知子の「愛こそいちずに」、
♪あなたのために 命を命を 私は湖に 投げることも 出来るのかしら
 あなたのために この手でこの手で 生きている心を 赤く染めて
 すがりつきたいの だから一度だけ 可愛い女だと 引き寄せて
 一途な私を 抱きしめて欲しいの♪

そして、B面「ボンジュール涙」もいい。

この玄人受けの作品は、橋本淳、筒美コンビの

凄さをまざまざ見せつけます。


あまりヒットしなかった曲に高田恭子の「河を野菊が」があります。

地味でしたが、年を経て、味わいある曲だと認識しました。


渚ゆう子には「雨の日のブルース」。

これは、私、当時、桑名のレコード店で、

たまたま渚ゆう子が全国宣伝(昔は、定番)で歌を披露し、

サイン会の即売会で買ってしまったのです。

いい曲です。もちろん、これも筒美が曲です。



そんな曲は、多々あり、

西田佐知子の「くれないホテル」。

♪くれない くれない 誰が名付けた くれないホテル・・・♪

ラブホテルに今日も哀れな女の姿を描いていました。


筒美の曲のセンス、詞といい、大人の歌です。

今更ですが、この曲は、とてもとても、心に沁みます・・・。



ここまで書いて、

当然、歐陽菲菲の「雨のエアポート」は、

サウンドの厚みが良く、今、聞いても、新鮮です。


その菲菲には、冒険的に、いろんな曲調を多用し、

「恋の追跡」、「恋の十字路」等のポップな挑戦をさせました。


その流れを汲んで、

極めつけは、橋本・筒美コンビの秘蔵っ子歌手を誕生させました。


そうです!


平山三紀です。


「真夏の出来事」は、橋本の得意ジャンルパターンの歌詞と共に

曲といい、大ヒット!

♪彼の車に乗って 真夏の海を 走り続けた
 彼の車に乗って さいはての町 私は着いた 
 悲しい出来事が 起こらないように 祈りの気持ちを込めて 
 見つめ合う二人を 朝の冷たい海は 鏡のようにうつしていた・・・♪


三紀のハスキーな声と、メロディ、

どれひとっとっても、ベストな曲です。


また、デビュー曲「ビューティフル・ヨコハマ」の歌詞に、

みんな、男友達は、ヨコハマでダンスなど、遊びにあけ暮れているが、

彼は、港で海を見つめている・・・そんな純な彼。

その人のために、自分の髪も

♪黒く染めたの 安心してね  ララララ ラララ~ 

ビューティフルなお話ね・・・♪と、


けなげな女の姿をさらりと書いている。

あの時代にはない歌詞の新鮮さがありました。

平山三紀は、橋本、筒美コンビに可愛がられ、その後も

「フレンズ」など、ほとんど橋本の手に委ねられました。

ただ、「真夏の出来事」のインパクトが強すぎて、

以後に、ヒットはありませんでした。

ただ、平山三紀は思う存分、歌謡界に新風をふかせました・・・。



では、ここで、

前記に記した、橋本淳、独特ワールド歌詞パターンに触れましょう。


1メロの歌詞は、

たとえば「渚のうわさ」は

♪あなたのいない渚は・・・♪の出だしを

何度も繰り返し、「涙のドレス」では、

♪素敵な人はこなかった♪を繰り返し、

「真夏の出来事」は、

♪彼の車に乗って♪を繰り返す等の

お覚えやすい歌詞が特徴で、自然と口ずさみやすい歌詞は戦略家。


この作詞パターンは、他の作詞家に真似されました。


そして、

ある曲に詞をつけたのが、「北国の青い空」。

一大旋風のベンチャーズの曲です。スマッシュヒット!


他に、仲雅美の「ポーリシュカポーレ」という、

ロシア民謡に詞をあて、これが業界の予想をあざわらい、

予想外の大ヒット!

♪緑もえる 草原をこえて 僕は行きたい 

あなたの花咲く 窓辺へと

雲流れる ロシアの大地に 二人の愛は・・・♪

驚きのヒットの後は、オリジナルを。

橋本の詞で、「君に愛す」、「山河遥かなり」等はヒットせずでした。

彼は、芸能界から、やがてフェードアウトしました。



色もん扱いでは、

日テレ、和田アキ子、デストロイヤー、当時局アナの徳光たちの

「噂のチャンネル」で、マギーミネンコがいました。(懐かしい!)

あのヒットした「燃えるブンブン」も、橋本です。


女優、いやアイドルには、若かりし頃の浅野ゆう子の

当時、大流行したディスコ曲「セクシー・バスストップ」があり、

その勢いで、次作の「ヘイヘイタクシー」もヒット。


また、テレビ番組“奥さまは16歳”でブレイクした

岡崎友紀の「黄色い船」、「私は忘れない」は、今も心に残ります。


コント55号時代、坂上二郎のデビュー曲「花物語」、

いい歌ながらヒットせず、


水谷豊主演の教師テレビドラマ「熱中時代」での子供が歌った、

「僕の先生はフィーバー」はヒットしました・・・。



おっと、おっと、

映画界では、

当時、大映で、清純派は関根恵子(高橋恵子)、お色気路線は、

渥美マリのデビュー曲は「可愛い悪魔」も彼の手によるものです。

これが、ヒットしたのです。

♪可愛い悪魔と 人は呼ぶけれど 男はみんな・・・♪と、

ねちねちの歌い方に殿方はぞっこんでした。


また意外にも、吉永小百合に、

すぎやまこういちコンビで、

「坂道のクラブ」という楽曲を提供しました。



アイドルに目を移しましょう。

フォー・リーブスには、「恋するジャック」、

「ふたりの問題」など提供しましたが、さっぱり、



しかし、新御三家の野口五郎は大当たりです。

デビューが演歌で失敗の起死回生に橋本、筒美コンビに託されのが、

「青いリンゴ」です。


“青“シリーズのひとつです。

♪青~い リンゴを 抱きしめても 思い出さえ 帰らな~い♪

涙 涙の海に 今・・・僕は深く 沈もう・・♪と、

大ヒット!


郷ひろみには、「誘われてフラメンコ」、

♪誘われてフラフラ 乱されてユラユラ・・・♪

スマッシュヒット!

バラードにも挑戦、「あなたがいたから僕がいた」です。

♪あなたがいたから僕がいた 心の支えを ありがとう・・・♪


このタイトルの流れで、

あの美樹克彦に「あなたが選んだ僕だから」につながります。

♪あなたが選んだ 僕だから かくせはしない 恋だから・・・♪


このような男性歌謡にも走り、

そこで、ムード歌謡全盛期のロスプリモスが

若干、下火になった時期に新たなムード歌謡、橋本・筒美コンビで

名曲「ヘッドライト」が誕生しました。

♪ヘッライトに 浮かんで消えて 女がひとり 歩いていた 

どこへ行くのと 男が聞けば 両手ににぎった 

指輪を見せて 私の彼が 見えないの・・・♪


女が恋にさまよい、男を探す哀れな女の姿を描く歌詞。

私が聞いたのは、当時、高校生か?

この歌の最後のフレーズ、

♪夜明けの中で 女がひとり フランス人形 抱いていた♪で

終わる歌詞にこれ、何???


何?これ、“フランス人形 抱いていた”?と、

不思議な違和感抱いたものだが、年をとり、久々に聴き、

わかりました、わかりました、そうですか、

要は、“フランス人形 抱いていた” の歌詞で、

男に捨てられ、気がふれてしまったと、

言い表したかったのだと、大人になってわかりました。


かなり余談めいた話になりましたが・・・


このヒットに気をよくし、橋本、筒美コンビは、ムード歌謡をさらに

今度は、橋幸夫の「京都 神戸 銀座」があります。

♪川の流れに せつない影を 浮かべて 恋は忍び寄る

あなたの好きな 東山・・・♪


当時、タイトルが斬新です。

シンプルながら、インパクト大です。

予想以上にヒット。

調子に乗って、次の新曲の歌詞は、海外に飛び出し、

「東京―パリ」を出すが、惨敗の顛末もあります。

飛び過ぎです。


この頃、ベテランの再生を依頼されるようになり、

三田明にも提供。

作曲は、三田の恩師、吉田正。

「涙と微笑み」ですが、気負いのある歌い方ながら、

さっぱりでした・・・。


日吉ミミが他の作詞家の「男と女のお話」のヒットの後を受け、

橋本に託され、「男と女の数え歌」でしたが、これもサッパリ、


また、大御所の島倉千代子には、筒美と「捧げる愛は」、

三木たかしと「美しきは女の旅路」も、

売れずの苦い過去もあります。


小柳ルミ子に「逢いたくて北国へ」を、

桜田淳子に「冬色の街」、

榊原郁恵に「私の先生」、和田アキ子に「孤独」と、

耳に残らない歌も多々あります。


意外なところでは、

あの“あのねのね”の強い依頼で、「愛の調べ」を出しましたが、

曲の良さに反して、売れませんでした。


でも、橋本淳は、自分のペースを貫きます。


演歌も挑戦しました。


それが、森進一の「望郷」です。

作曲は、もちろん、森進一の恩師、猪俣公章。


♪女心の 故郷は 忘れたはずの 男の胸よ
 爪をかむのは 誰のため しのび泣くのは 誰のため・・・♪

まさに、演歌。

これが、ヒット!


そして、遂に、

あの「恋のフーガ」等のポップスのザ・ピーナッツからの

演歌の依頼にはビックリ。

出来たのは、作曲に「今は幸せかい」、「喝采」で

おなじみ中村泰士と組み、「大阪の女」です。


♪まるで私を 責めるように 北野新地に 風が吹く

もっと尽くせば よかったの わがまま言って 困らせず・・・♪


どうですか、演歌です。


あの甘い詞で、歌謡界を席巻した橋本淳の新境地です。


演歌まで書いたのは、橋本淳、なかにし礼、阿久悠、山上路夫。


各ジャンルにも果敢に、また、さらりとこなすのも、

あの時代の作詞家たちの凄さです。



そろそろ、佳境に入りました。

やはり、ヒデ&ロザンナは橋本淳の要です。


ふたりのデビュー曲は、彼のではなく、「愛の奇跡」ですが、

これはB面でしたが、評判の良さに再度、A面にして、プッシュ!

みるみるうちに、あれよあれよの大ヒット!


そして、次作に白羽の矢が立ったのは、

橋本、筒美コンビです。


出したのは、二人の仲を噂するかのように、タイトルが、

「粋なうわさ」です。


売れました。

リズミカルで、ほのぼのとした曲調に、「愛の奇跡」にはない

メロディ。

そして3作目には、「愛の奇跡」を意識して、

「ローマの奇跡」を出します。

戦力的です。

これも、ヒット!


このB面に、「真夜中のボサ・ノバ」があります。

いい曲でした。

それが、40年近くの時を経て、2012年、

世界的に話題になった由紀さおりがカヴァーした曲、

アルバム「1969」の1曲に選ばれたのは、橋本、筒美コンビの

「ブルーライトヨコハマ」と、

この「真夜中のボサ・ノバ」だったのです。


当時、業界受けはしていたのですが、ボサノボでは、

ヒットは見込めずはわかりきっていたので、

橋本、筒美コンビは、平山三紀同様、B面でいい遊びをました。

この「真夜中のボサ・ノバ」がそのもの。


今になり、

日の目を見ることになり、

あらためて、橋本、筒美の偉大さを垣間見ます。


他のシングルのB面にも、「愛のひととき」など、

外国風味のおしゃれ感のある曲があり、

ヒデロザはのB面は、充実していました。


その後、ヒデロザは、

シングルでは、筒美との「二人の関係」のあと・・・

気分を変えて、

そこで、今度は、作曲に中村泰士を迎えます。

で、

これが、またまた「愛の奇跡」同様、B面にA面に急遽、

すり変わったのが、「愛は傷つきやすく」です。


この曲に関して、私の当時の思い出を書きます。

私は、前記にも記しましたが、月刊平凡の付録の歌本で毎月、

事前に橋本淳の作詞は全曲をチェックしていました。

ドリフターズの“全員集合”のコントの合間の歌入れで、

ヒデロザの出演に、新曲を歌うな、と思いつつ見ました。


タイトルが出て、ビックリ!

「愛は傷つきやすく」です。

そら、知らんな~!です。そら、B面扱いでしたから・・・

歌いだして・・・・

♪自由にあなたを 愛して 愛して 私は こんなに

傷ついた たとえば涙で 命を たてば・・・♪ときて、

歌の一部の“やさしい言葉”で、

ピンと来ました。


全部聞いて、確信しました。


橋本淳が使うフレーズがたくさん、入っていたからです。

これは、作詞は、橋本淳と!


“やさしい言葉”で、ハッと気づく。


これこそ、橋本淳のキーワードを語るには1番です。

みんながわかる言葉、小難しい言葉の多用ではなく、

誰もが理解できる単語を紡いできたのです。


それこそ、“やさしい言葉”の歌詞にあふれています。


やはり、児童文学者の与田準一氏の息子たる由縁です。

子供に伝える、やさしさを持ち合わせていたのです。


これは、とてもとても印象的な想い出で、

今でも鮮明で、忘れられない想い出です。


これが、ヒデロザの後にも先にも、最大のヒット曲になります。

その後も、橋本は、ヒデロザのほとんどを書きました。

とても、縁の深い関係でした。


このような付き合いの延長で、ロザンナの叔父
(当時、叔父はクラブでイタリア人仲間と歌謡コーラスグループを)に、

橋本、筒美で、「あれから君は」をプレゼント。

これが、いい歌でしたが・・・

最後の歌詞に、♪許せないほど 素晴らしい 君の昔の秘密は♪

“許せない秘密が素晴らしい”と讃える詞、

いいですネ。

全然、売れませんでしたが・・・。私、レコード、買いましたが・・・。


後に、ヒデロザは、これをカヴァーしましたが・・・

もう、ヒデロザの余力は残っていませんでした・・・。



都会派のデュオ。「ブレット&バター」のデビューも、

橋本、筒美コンビです。

タイトルが「傷だらけの軽井沢」です。

あの軽井沢を、“傷だらけ”というタイトルしてしまう英断。

いい曲でしたが、売れませんでした。


♪ここは天国 軽井沢・・♪と持ち上げながら、

中盤、♪夏が過ぎれば 傷跡だらけ 香りの抜けた 香水みたい・・・♪

最後には、

♪一年たてば 軽井沢 素敵な恋も 枯葉のように傷だらけ♪と、

落としました。

勇気ある歌です。当時、大人気のおしゃれなあの軽井沢を、

夏のアバンチュール(死後?)を揶揄するような冷めた詞です。


いいじゃないですか・・・。

私し、高校時代に聞いて、ピンと来ず、今更です。


今度は、正統に、「愛すべき僕たち」を出します。

どうですか?「愛すべき僕たち」。

当時としては、いいタイトルじゃないですか!


♪お似合いの 恋人たちと 呼ばれた~い・・・・・・    
(中略)
それは それは 愛すべき それは それは 愛すべき

この世の 小さな 出来事だけど・・・♪


いやはやの、橋本ワールドです。またも、全然、売れません。

でも、名曲中の名曲なのです。必聴です。

この曲、後に、ビリーバンバンがカブァーしましたが、

案の定、サッパリでした。(何でかな~・・・)



ここで、橋本淳の浮いた話もあります。

小林麻美のデビュー曲に携わり、「初恋のメロディ」、「落葉のメロディ」と

続きました。期待に反して、売れず、

小林麻美とのスキャンダルだけが、先走りました。



まあ、ここまで彼も、順調でしたが・・・

作詞家。阿久悠の台頭は、驚異でした。


阿久の「懺悔の値打もない」は、他の作詞家、

また音楽界を驚愕させました。


詞が、ドラマなのです。

他に、なかにし礼も、「石狩挽歌」、阿久も「舟唄」と


歌詞に、人間の“情念“が書き込まれてきたのです。

あることを、やさしく書き込む橋本ワールドは、現実感に乏しく、

まさに、世は、冷えた世相と共に、斬りこむ歌詞を求めてきたのです。


橋本淳も、これに応え、内藤やす子の「弟よ」のヒットも

生まれましたが、いかんせん、

怒涛の阿久悠の迫力には太刀打ちできませんでした。


また、三善英ニの「雨」、平浩二の「バス・ストップ」、

クールファイブの「そして神戸」、奥村チヨの「終着駅」等で

新旋風を巻き起こした千家和也も、あなどれません。


決定打は、

大滝頴一、細野晴臣などがいた、はっぴーえんどでドラムを叩いていた

松本隆が、歌謡界の作詞にもチャレンジしてきたのです。


最初の太田裕美の「雨だれ」は、まだまだ、子供ぽい感じなのですが、

転機は、「木綿のハンカチーフ」です。

この歌詞は、外国の歌詞のパクリ騒動もありながらの、

とても新鮮で、風のような現代詩が抽象氏詩、どんどん増えてきました。

そうです。“詞”ではなく、“詩”なのです。


後に、バンチキ、ミスチル、槙原、スガシカオ、一青拗等に

影響を及ぼしましたが・・・



なかにし、阿久、山上ときて、

千家、松本隆、来生えつ子等の活躍に、

もう、橋本淳に出番はなくなりました。


歌謡曲は、甘い歌詞に、人々が共鳴しなくなってきました。

児童文学者の父を持つ、橋本独特の“やさしい言葉”は、

物足りなくなってきました。


購買層は、

歌に、リアルを求めてきたのです。

依頼がどんどん需要がなくなりました・・・。


それでも、平尾正章と畑中葉子の師弟コンビでの

「カナダからの手紙」は、大ヒットしました。

♪ラブレターフローム カナダ・・・♪

これぞ、まだまだ、やるなの橋本ワールド!


小泉今日子が、「渚のハイカラ人形」前のブレイク前に、

「半分少女」を提供しました。

半分少女ですよ、(いいタイトルじゃないですか!)

でも、売れませんでした。



かなりの時間を経て、

もう、橋本の出番はないのかなと・・・案じていましたが・・・


たのきんトリオの田原、マッチの後、野村は満を持して、

グループデビューは果たします。

「The・Good By」です。

タイトルは、「気まぐれワンウェイボーイ」です。


そう、グループサウンズの匂いです。

ジャニーズはあえて、橋本淳に、GSを求めたのです。


しかし、売れませんでした。

だんだんと橋本は、作詞家界からフェードアウトしていきます・・・。


やがて、

音楽からではなく、新たな世界。


競馬好きがこうじ、競馬界にもコネがあり、

1990年、JRA系列の競馬場内のミニFM局の利権問題にかかわり、

問題発覚。


その後、表舞台から遠ざかっていきました。


かなりの年数を経て、

2008年に、グループサウンズのオックスをオマージュした

「GSワンダーランド」の主題歌のオファーです。


それも、橋本、筒美のゴーデンコンビの復活です。

最初のタイトルは、「パシフィック・ホテル」でしたが、

実在するので、「海岸線のホテル」と変えました。

挿入歌にも、栗山千秋が歌う「ダイヤモンド・ナイト」も

あのサイケ時代の雰囲気を醸し出しました。


主題歌は、残念ながら、GS風味でありましたが、

いい曲では、ありませんでした。


けれど、橋本ワールドは健在です。


もう一度、もう一度、


橋本淳、筒美京平のコンビで、

あの世界、誰にも追従を許さぬ世界を

新曲で披露してください。



御両人、御年70才台ですが、

現在も、カラオケの印税が凄まじいとは存じますが・・・

余生と言わず、

あえて、あえて、作品をお作り下さい。


音楽界に、再度、チャレンジ、お願いいたします。


ここまで書いて、書き記さなかった事があります。


何故?橋本淳を好きになったのか?

わからないというのが本音です。

中学生から始まったのですから、

おかしな中学生と言わざるえません。


いま、言えるのは、

確信的な戦略、緻密さ、プロヂューサー力、

そこに魅了されたのか、

いや、GS時代のタイトルのつけ方のロマンチックさ、

歌詞の甘さ、やさしさ、

それは、好きなものに、理屈も、

答えもないということでしょうか・・・。


私は、橋本淳という、作詞家に刺激されただけでも

素敵な人生です。


ありがとうございます。

橋本淳、バンザ~イ!バンザ~イです!

スポンサーサイト
【 2013/07/13 (Sat) 】 作詞家列伝 | TB(0) | CM(0)

作詞家列伝:康珍化



康珍化は、


1984年に、高橋真梨子の「桃色吐息」で、日本レコード大賞作詞賞を受賞しました。


♪咲かせて、咲かせて、桃色吐息・・・


これぞ、あの「マイ・クラシック」でお馴染みの佐藤隆コンビです。


CM曲でもあり、話題になりました。


前回に記した中森明菜の「ミ・アモーレ」で日本レコード大賞を受賞と、


波に乗った時期でもありました。


おっと、あの三好鉄生(懐かしい!)の「涙をふいて」も、彼の作品です。


♪涙をふいて~抱きしめあえたら・・・


サビが印象的な、特にカラオケで当時、歌われました。



また、ジャニーズには、


少年隊に「君だけに」のバラード。


少年隊が新境地を開きました。


そして、年を経て、


KinkiKidsの「全部抱きしめて」。


吉田拓郎作曲でヒットしました。


その後、kinnkiには「雨のMelody」。いい歌です。




最近では


な、なんと、


BOAに提供してます。


一躍ブレイクさせた、ハードな「VALENT」、


珠玉のバラード曲、「メリクリ」と、


現役バリバリです。




意外にも、さかのぼれば、1990年に公開された


桑田圭祐の映画「稲村ジェーン」の脚本も手がけました。



康珍化。


表舞台には出てはいませんが


この人も作詞界に燦然と輝く名作詞家です。


【 2009/11/26 (Thu) 】 作詞家列伝 | TB(0) | CM(0)

作詞家列伝:康珍化



凄い人がまだ、います。


知る人ぞ、知る、康珍化です。


康 珍化(かん ちんふぁ、)と呼びます。在日韓国人の方です。


この人は、くまなくアーティストに提供してます。



作品を列挙すると、ビックリです。


まず、チェッカーズのデビュー曲、「ギザギザハートの子守歌」、


杏里の「悲しみがとまらない」、


そう、今でもカラオケ上位、岩崎良美のアニメ主題歌、大ヒットの「タッチ」です。

 ♪呼吸を止めて一秒 あなた真剣な目をしたから
  そこから何も聞けなくなるの 星屑ロンリーネス・・・

 


大阪を歌った名曲中の名曲、スタンダードナンバー、上田正樹の「悲しい色やね」は


45歳以上の方は、しびれにしびれます。


♪・・・・大阪の海は、悲しい色やね

さよならを海に捨てに来るから・・・


詞もいい、曲もいい。歌もいい。いいことづくめで、本当にいいです。




もう、ヒット曲が目白押しです。


杉山清貴とオネガドライブの「ふたりの夏物語」、


「君のハートはマリンブルー」、

♪・・・夕陽をあつめる、ツィードのジャケット

君の背中にかけて・・・


これも、いい感じです。




アイドルにも、提供。


中森明菜には、「北ウィング」、「ミ・アモーレ」、聞きしに勝る、「「ミアモーレ」の曲は


そのままに詞だけ変えて話題になった「赤い鳥逃げた」があります。冒険的です。


才気あふれる人です。



小泉今日子には、「艶姿ナミダ娘」、「渚のハイアカラ人形」、「ヤマトナデシコ七変化」と、


小泉今日子、キョンキョン全勢に、まぶしぐらいの詞連発です。


コピーライター顔負けです。



原田知世に、「天国にいちばん近い島」、「早春物語」、「愛情物語」と、


主題歌、書きました。


中でも、「天国にいちばん・・・」の曲は最高です。


まだまだあります。


康珍化、やっぱ、凄いです。



だから、次回に続きます。

【 2009/11/26 (Thu) 】 作詞家列伝 | TB(0) | CM(0)

作詞家列伝:大津あきら





大津あきら。


若くして、47歳で亡くなった。


女優、根岸希衣が奥さんだった。



代表曲は、中村雅俊の「心の色」です。


♪受話器の向こうから聞こえる君の声・・・


中村雅俊を不動のものにした一曲です。


切なくも、心打つ詞は、大ヒットに導きました。



そして、徳永英明を一躍、有名にした、「輝きながら」。


シンガーソングライターの徳永は、当時、CMソングでもあり、自作曲では、なかったので、


痛しかゆしの心境で、しぶしぶ歌っていたそうです。


でも、大ヒットですから・・・


テレビ歌番組の「ザ・ベストテン」にも、よく出ていました。


この歌はいい歌です。


名曲です。



詞は取りたてて、話題にはなりませんでしたが


大津あきらを、もっとも、作詞家としての地位をあげました。


他には、杉山清貴の「さよならのオーシャン」。高橋真梨子には、たくさんの詞を、


各アーティストにも、どんどん提供していました。



個人的に大好きだった、佐藤隆の「マイ・クラシック」です。


この曲は、絶品です。


♪乱れるよりも そのままで 裸足で踊るステップを 

薔薇を噛む人 吐息をなげて・・・
   


曲を盛りたてる、淫靡な詞は


マッチして、


いい曲でした。


一度、是非、お聞きください。




意外にも、大津あきらはアニメの主題歌もたくさん書いています。


「仮面ライダー」、「トランスフォーマー」、「新マッハGO!GO!」など、


不思議です。





大津あきら。


もっと、詞を書きたかったでしょう。無念でしょう。


悔やまれてなりません。


【 2009/11/26 (Thu) 】 作詞家列伝 | TB(0) | CM(0)

作詞家列伝:山川啓介


昭和史に残るひとりに、山川啓介がいる。


最初に大ヒットしたのは、


青春ドラマの主題歌、青い三角定規の「太陽がくれた季節」。


いずみたく作曲だ。


挿入曲の「帰らざる日のために」もヒットしました。


その勢いをかって、


山川啓介は、


青春ドラマの主題歌を書き続けました。


忘れ難い、中村雅俊先生役のの「ふれあい」も


心に残ります。


♪悲しみ出会うたび、あの人を想い出す・・・


空しさに悩む日は・・・(当時、空しさに悩む、という歌詞に、

ウ~ンとうなったものでしたが・・・)



その後も、中村雅俊、井上純一、藤谷美和子共演の「ゆうひが丘の総理大臣」の


主題歌、めずらしくアップテンポの「時代おくれの恋人たち」は印象的でした。



青春のさりげない痛みを、人がよく使う言葉を多用したやさしさあふれる詞でした。


青春ドラマの詞といえば、山川啓介といわれるぐらいでした。



他には、


郷ひろみには、「哀愁のカサブランカ」の日本語詞を提供。


甘い歌詞は、女性に受けました。




極めつけは、やはり、何といっても


矢沢永吉の「時間と止まれ」です。


記憶では、資生堂のCMソングだったような気がします。


もう、30年前です。


♪罪なヤツさ、アーパシフィック、碧く燃える海・・・


この出だしだけで・・・


今でも、ゾクッときます。



山川啓介。


いい味を出していました。




【 2009/11/26 (Thu) 】 作詞家列伝 | TB(0) | CM(0)

作詞家列伝:ちあき哲也




桑田圭祐のティスト、昭和歌謡に話を戻しましょう。



昭和歌謡に残る作詞家のひとりに、


ちあき哲也がいる。



最近作の大ヒットは、すぎもとまさとの「吾亦紅」。

 
♪・・・あなたに あなたに 見ていて欲しい

 髪に白髪が 混じり始めても

 俺, 死ぬまで あなたの子供・・・



切々と語る、母への思い。


この詞の力と、切ないメロディが


大衆の心を打った。


この歌がヒットするまでには時間がかかった。


ラジオからのブレイク。


リスナーからの圧倒的な反応だった。




ただ、この歌ヒットの土壌は、


秋川雅史の「千の風になって」。新井満の作詞作曲である。


この歌が、もたらした、詞からの大きな世界。


感度的な詞が、


より、演歌にも波及してきたのだろう・・・。



またまた、その延長線上に


秋元順子の「愛のままで」がある。




歌は連鎖するものなんだ。



余談めいたが、


ちあき哲也に戻そう。



代表曲は、30年前にのぼる。


そう、庄野真代の「飛んでイスタンブール」。


♪飛んでイスンタンブール、恨まないのがルール・・・


韻をふんだ作詞は、現在のラップの先駆けだ。


そして、少年隊の「仮面舞踏会」。


松崎しげるのグリコのCM曲にもなった「黄色い麦わら帽子」、


数少ないヒット曲だが、


独特の世界観を持った


史上に残る作詞家のひとりでもある。



【 2009/11/26 (Thu) 】 作詞家列伝 | TB(0) | CM(0)

作詞家列伝:桑田圭祐



いよいよ、桑田圭祐の登場だ。


サザンだ。


デビューの「勝手にシンドバット」は


ハチャメチャながら、ノリの詞で


世間をアッと言わせた。


♪今何時、そうねだいたいね・・・


胸騒ぎの腰つき・・・



「胸騒ぎの腰つき」ですよ!奥さん!


そら、ビックリしますわな!


今から、およそ、30年前ですよ。


桑田の歌詞、詞が聞きとりにくい。何を言ってるのか、わからない。


とかく、物議をかもしだしました。


タイトルの中には、「マンピーのGスポット」です。


いいんですか?状態です。



でも、しっとりの詞もあります。


「栞のテーマ」、「夏をあきらめて」、「私はピアノ」等、もあります。


この人の歌詞の底辺に流れるのは


もちろん、昭和歌謡の流れを汲みます。



たぶん、昭和歌謡大好き人間なのでしょう。


”ひとり紅白”などのCD、DVD、出したぐらいですから・・・。


感性がもたらす、感覚詞です。



詞よりも、天才たるメロディは、30年すたることもない


現役バリバリです。


俗のものに興味(家、女、そして、奥さん、ハラボーですよ、)、興味示さず、


歌どっぷりですネ。



今でも、第一線とういうのは、不滅の金字塔です。


天才中の天才君です。




【 2009/11/26 (Thu) 】 作詞家列伝 | TB(0) | CM(0)

作詞家列伝:一青拗


一青拗も、業界を驚かせた詞だった。



「もらい泣き」。



♪ ええいああ 君から「もらい泣き」
 ほろり・ほろり ふたりぼっち

 ええいああ 僕にも「もらい泣き」
 やさしい・の・は 誰です




「やさしい・の・は 誰です」


このくぎり、


一青拗、ひと泡吹かせました。




わたくし、個人的には、


「ハナミズキ」


♪ 僕の我慢がいつか実を結び

果てない波がちゃんと
 
止まりますように
 
君とすきな人が百年続きますように・・・



「君とすきな人が百年続きますように・・・」




このフレーズ、書けそうで書けない。



簡単じゃ、の声も聞こえそうですけど



いえいえ、どうして、どうして



「百年」フレーズ、その後、よく、他の世界を含めて


多用されました。


この一青拗のプロデュサーは


武部聡志です。


斉藤由貴の「卒業」の編曲者で、一躍、有名になりました。


この人と、マイリトルラバーの小林武史(今では、一青拗との不倫騒動のうえ、離婚し


同棲しているとか・・・)


が、


一青拗を支えています。


なんか、イヤな感んじですが、


新たな作詞に


お目にかかりたいです。



【 2009/11/26 (Thu) 】 作詞家列伝 | TB(0) | CM(0)

作詞家列伝:スガシカオ



スガシカオ。


彼の詞は女性に受けてます。


彼が注目されたのは、SMAPの「夜空ノムコウ」です。


♪あれから僕たちは何を信じてこれたかなぁ・・・


曲よりも、詞にスポットが当たったのは珍しいことです。ここ10年では。


ここから、スガシカオは若手の中で詞は一目置かれています。


数日前にNHKの佐野元春のトーク番組で、


講義参加者の中からの質問で、「スガシカオさんの詞には、漢字ではなく、カタカナを


よく、使われていますが、何故ですか?」


その質問には、


「カタカナを使うのは、漢字で書くと、瞬間的頭で人はそのワードの持つイメージを


想像してしまう。だから、その臭いを、イメージを払拭するために


あえて、カタカナを使う。」と語る。



このことは、佐野とのコミニケート出来るシチュエーションから生まれた種明かしというか、


スガシカオのこだわりが、かいまみれました。


やはり、詩人といっていいでしょう。



ただ、この詞法は


相違点も多いが


ミスターチルドレンの桜井の歌詞も、


よく似ている。


現代詩に、この詞法が使われている。


スガ、桜井、同世代ならではの歌詞です。





また、バンブオブチキンの歌詞も


切れ味の鋭い歌詞を書いてます。


「天体観測」から始まる、言葉ひねり感は独特でした。



だだ、総体的にいって


こねくりくねくり詞ですネ。(こてについては後日書きます。)
【 2009/11/26 (Thu) 】 作詞家列伝 | TB(0) | CM(0)

作詞家列伝:槇原敬之


槇原敬之も、うまい詞を書きます。


「どんな時も」で、大ブレイクしましたが、


その後の歌詞には、女性もほれぼれしていました。


なんで、男性に、こんな歌詞が書けるの?と、



答えは、のちにわかりました。


大麻事件発覚、その時にスキャンダラスなホモセクシャルがわかりました。


そこで、あの歌詞の素晴らしさに合点がいったということです。




起死回生は、


スマップにアルバムに提供し、後に、シングルで


空前の大ヒットを記録し、2年連続、紅白で歌った


「世界にひとつだけの花」です。


名フレーズは


♪ナンバー.1にならなくていい、もともと特別なオンリー1・・・の歌詞に


我が道をいけばいいさの勘違い若者の影響もでましたが・・・




盗作騒動もありました。


ケミストリーに提供した「約束の場所」です。


♪夢は時間を裏切らない 時間も夢を決して裏切ってはいけない・・・


松本零児の「銀河鉄道999」のセリフに、よく出てきたそうです。


裁判までなりましたが、槇原敬之が勝訴しました。




良くも悪くも、槇原敬之の世界です。

【 2009/11/26 (Thu) 】 作詞家列伝 | TB(0) | CM(0)

作詞家列伝:さだまさし



さだまさしの詞も、


物語を書かせたら凄い。


グレープでのデビュー曲の「精霊流し」の詞に、当時、学生ながら驚いた。


亡くした人への心の痛みを、小説的に切り取っている。



そして、「無縁坂」、♪母がまだ 若い頃 僕の手をひいて・・・


刹那な歌詞と、物語。うまい。




印象的で、今でも、結婚式に歌われている歌がある。


「秋桜」。


山口百恵の代表曲のひとつでもあります。


この歌詞に込められた、娘が嫁ぐ前の母への思いが切々と語られています。


年配者はともかく、絶対的にウルウルくる詞です。


♪明日 嫁ぐ私に 苦労はしても 笑い話に 時が変えるよ 心配いらないと笑った・・・


♪こんな 小春日和の穏やか日は もう、少し、あなたの子供いさせて下さい・・・



さだまさし。母子の心情を巧みに、


こんな詞を書ける。凄すぎます。





「関白宣言」も大ヒットし、世間に物議をかもしだしました。


亭主関白の話です。


「俺より先に寝るな」とか、かなり、女性に顰蹙(ひんしゅく)ものでしたが


ダンナの妻への愛が込められた裏付けのある歌詞には


それを封印する力がありました。




「償い」。


法廷にて、判令で、裁判長が、この歌詞を引用して


加害者として、被害者への思い、そして、今後の生き方の指針をしめし


若い被告者をさとしました。


このことは、マスコミで大きく取り上げられました。


さだまさしならではの、道徳観ある、ドラマチックな歌詞です。



対照的に


歌詞がないのにスキャットで心を打った歌があります。


「北の国から」です。


この曲を聞いただけで、北の国からのドラマが鮮明によみがえります。




さだまさしは、作詞者としても、表現者として


歴代に名を連ねるひとりでしょう。

【 2009/11/26 (Thu) 】 作詞家列伝 | TB(0) | CM(0)

作詞家列伝:井上陽水


井上陽水。


アンドレカンドレでデビュー後、パッとせず、名を変え、「人生が二度あれば」で注目される。


両親(父は医師)の人生を切り取ったこの詞は、


平凡で贅沢もせず、人生に何が楽しみだったのか、両親の日常を問いかけてゆく・・・


今後の活躍を予見する今までにない詞だった。



そして、「傘がない」で、ブレイク。


♪都会では 自殺する 若者が 増えている だけども 問題は 今日の雨 傘がない・・・


この鋭い視点の詞は業界を驚かせた。


その後、「心模様」が挿入されているアルバムは、


当時ではビックリの100万枚以上の最大のヒットを記録した。


この頃から、シングル全盛期、業界はアーティストはアルバムに力を入れるようになった。


「夢の中へ」、「闇夜の国から」、「いっそセレナーデ」、「少年時代」、


他のアーティストにも提供。


話題になったのは、当時、陽水のバックバンドだった安全地帯のデビュー曲に


「ワインレッドの心」、「恋の予感」。


中森明菜には「飾りじゃないのよ涙は」。



陽水ワールド全開は、何といっても


奥田民生組んだ、パフィーの「アジアの純真」が爆発的ヒット!


陽水ワード(歌詞)炸裂。


誰にも真似できない、この感性な詞は面目躍如。



陽水の独特な作詞は、


詞と詞の接点が、成り立たないところの良さがある。


それがいえも言われぬ世界を築きあげてゆく。


作家の大御所、五木寛之氏も、絶賛している。
【 2009/11/26 (Thu) 】 作詞家列伝 | TB(0) | CM(0)

作詞家列伝:中島みゆき





中島みゆき。


やはり、「時代」といきたいが、


「わかれ歌」です。


♪道に倒れて誰かの名を呼び続けたことがありますか・・・


えらい詞です。このような人、見たことがありませんけど、


たとえの詞としては、うまいですネ。




デビューは「アザミ嬢のララバイ」でしたが、


女の情念、人へのいたぶり感は、この人だけのものです。



他への提供は、工藤静香に「慟傲」とか、


柏原芳恵の「春なのに」は今でも歌い継がれています。


また、増田恵子には、「最愛」がありました。



テレビ番組、”同情はいらないから金をくれ!”でお馴染みの「家なき子」の


主題歌「空と君のあいだには」も大ヒットしました。


近年では、


NHKの「プロジェクトX」の主題歌、「地上の星」は、


ロングランな大ヒットでした。



ラジオ番組のパーソナリティを務めるぐらいの言葉達者な人ですから


あまり、しょったところのない人です。


人間味あふれ、心からの叫びの詞は


全女性に最も支持されました。




その詞の世界の影響を受けたのが、私個人の意見ですが、


椎名林檎ではないでしょうか。


あの世界観と、中島みゆきの世界観はあいまみることも多々あります。


椎名林檎も、才能ある作詞をします。




ユーミン、井上陽水、中島みゆき。


今でも一線です。


詞も曲もずば抜けています。


飽きられることがないのは、楽曲だけではなく


共通するのは、


歌の声の独特の力(魅力)があるからでしょう。


【 2009/11/26 (Thu) 】 作詞家列伝 | TB(0) | CM(0)

作詞家列伝:ユーミン


ユーミン。


「ルージュの伝言」、「あの日に帰りたい」、「守ってあげたい」等、


「やさしさに包まれたなら」は最高傑作ですネ。


島の学校の校歌、「瞳をとじて」も忘れ難いです。


郷愁をいざなう、やさしさも持ち合わせていました。


「春よ来い」も、そうです。



全盛当時は、アルバムが制覇していました。


詞は、女性の習性を独特の感覚で描いてました。


個人的に秀逸なのは、ばんばんに楽曲を提供した、「いちご白書をもう一度」です。


♪就職は決まって 髪を切ってきた時 もう若くないさと 君に言い訳したね・・・


いいですネ。ユーミンは男の世界も描けます。余談ですが、この時のペンネームは


呉田軽歩です。クレタガルボからきてるそうです。


他の提供には、石川ひとみの「まちぶせ」。詞を聞けば、おどろおどろの詞に


今更ながら、びっくりです。



個人的には、「ハルジョンヒメジョン」。タイトルもいいです。


ユーミンは天才中の天才です。


この時期、「晩夏」など聞けば、うるうるものです。


ユーミンの初期の頃が、荒井由実時代が、よかったよな~の声は


結構、多いです。


作詞方法は、辞書をペラペラめくりのヒント法らしいです。


感性豊かにふさわしい想像性も豊かな一面です。




では、井上陽水と、いきましょう。


つづく。
【 2009/11/26 (Thu) 】 作詞家列伝 | TB(0) | CM(0)

作詞家列伝:ファーク界



フォークから始まったシンガソングライラー、然り、


職人的作詞家ではない作詞家を列挙しましょう。



かぐや姫の「神田川」は、喜多条忠。


♪何も怖くなかった ただあなたのやしさが怖かった・・・


名作詞です。


「赤ちょうちん」、「妹よ」など。


長年は表には出ていませんでしたが、一昨年前に、


五木ひろしの「凍て鶴」を書いていました。


吉田拓郎の「旅の宿」は岡本まさみ。♪浴衣の君はすすきのかんざし・・・


森進一に、拓郎とコンビで、あの「襟裳岬」を提供しました。


♪襟裳の春は~、あ~、何もない春です~・・・


襟裳の地区の方から、”襟裳に何もないとはどういうことだ!”のお叱りを受けたそうです。


詞のあじわいを理解できない方には、そうでしょうかね。



北山修もいました。


フォーククルセダースの一員でした。


端田のりひことは、「風」、「花嫁」、


加藤和也とは、一緒に歌いもした、「あの素晴らしい愛をもう一度」。


ベッツイ&クリスの「白い色は恋人の色」、


ジローズの「戦争を知らない子供たち」など、


一世風靡したものでした。


また、歌謡界には、境正章に、筒美京平とで、「さらば恋人」が大ヒットしました。


そんな、北山修は医者でした。


反体制派のなかにも、やさしさを秘めた作詞家でした。





そろそろ・・・


シンガーソングライターを極めた人に入りましょう。


ユーミンから書きます。井上陽水といきたいところですが、


ここはユーミンです。荒井由実です。


結婚後は、松任谷由実です。


つづく。
【 2009/11/26 (Thu) 】 作詞家列伝 | TB(0) | CM(0)

作詞家列伝:秋元康



そろそろ、締めくくりとなるのが


あの秋元康である。


この名は、誰もが知っているはずです。


代表曲は、あの美空ひばりの「川の流れのように」です。


作詞家としてのこの作品が、本領発揮と言いたいところですが


代表といえるのは、まさにアレ、アレです。


おニャン子です。仕掛け人です。


このおニャン子話は、どこそこで取り上げられてすから


みなさんも、かなりご存じでしょう。


奥さんにした、高井麻巳子の事は、完全に職権乱用です。


まさしく、後ろ指さされ組です。



秋元康。


高校生の時から、放送作家をやっていました。


それがいかされて、


今や、仕掛け人の王道を行きます。


とんねるずの名プロデュサーでもあり、フジの「食わず嫌い・・・」など、


放送作家としての手腕を発揮し、


あらゆるジャンルにも活躍してます。


作詞家としての初めてのヒット作は、稲垣潤一の「ドラマティックレイン」から始まり、


おニャん子はもちろんのこと、全作詞を手掛け、「セーラー服を脱がさないで」、「じゃあね」、


ソロの走りは河合その子(秋元の名コンビ、作曲家の後藤次利の奥さん。当時、後藤は


堀ちえみとの噂もありました)、


新田恵理(♪冬のオペラグラスで・・・どこにでもいる女の子が受けました)、


国生さゆり(♪明日は特別、バレインタインデ~イ・・・今や、杉田かほる状態です)、


工藤静香(禁断のテレパシー、キムタクの奥さん)、


渡辺真里奈(マリーナの夏、ネプチューンの名倉の奥さん)、


渡辺美奈代(当時は一番人気か?)、


城の内早苗(あじさい橋、唯一の演歌歌手)、


後ろ髪ひかれ隊、後ろ指さされ組、ニャンギラス(お~ 懐かしい!)


他のメンバーには、フッくんの妹もいたし、我妻もいた、スーザン山本もいた(マニア・・・。)


このアイドル形態は、のちのち、つんくのモーニング娘の土台にもなりました。


秋元も負けじと、今では、相も変わらずのロリコンか?、秋葉オタクにライブを提供する


AKB48があります。



アイドルといえば、小泉今日子を一気に開花させた、「なんたってアイドル」。


本田美奈子の「1986年のマリリン」。


他には、藤谷美和子にいい味を出したデッエットソング、「愛が生まれた日」。


稲垣潤一の「クリスマスキャロルの頃には」。


異色では、長淵剛に「Goodbay青春」を提供しました。


ふたりは”戦友”と呼び合う仲だそうだ。



また、とんねるずと裏方(照明、小道具など)とのユニットグループ、野猿を仕掛け、


そのうえ、映画界にも進出で、デビュー監督、竹内まりやの「駅」を主題歌にした


松坂慶子主演の「グッバイママ」は予想外にもヒットしました。


他に、代表曲の「川の流れのように」の映画化では、


森光子、ジャニーズの滝沢を登用したが、これは、ヒットしませんでした。


最近では、話題にもなった自作本の「象の背中」の映画化と、


あらゆるジャンルのプロデュサーを買って出ています。




作詞家でも一線級だが、


やはり、秋元康は時代を先どる兆時でもあります。




もはや、現代では、作詞家という存在は成り立たない。


プロデューサーとしての感性を持ちえなくては生き残れない時代です。


これは、自分自身から発信するシンガーソングライター(フォーク世代を含めて)なしでは、


作詞は語れない時代となりました。




【 2009/11/26 (Thu) 】 作詞家列伝 | TB(0) | CM(0)

作詞家列伝:阿木曜子




安井かずみ、有馬三恵子の女性作詞家について、書きましたが、


宇崎竜童のダウンタウンブキウギバンドの「港のヨーコ・ヨコハマ・ヨコスカ」。


♪アンタ、あの娘の何なのさ・・・


とんじゃった詞を書き、世間を驚かせたのが、宇崎の奥さん、阿木曜子だ。


このコンビで、山口百恵に、千家和也、都倉俊一コンビの女の子の目覚め編から


受け継いで、新たな新境地を。


それが、「横須賀ストーリー」であり、「プレイバックPART2」であり、「ロックンロールウイドー」


声を出さない冒険的な「美・サイレント」などあった。


他には、「夢先案内人」、「乙女座宮」と、やわらか路線も。


そして、「さようならの向こう側」でラストを占めくくった。


阿木には、代表曲に、ジュディオングの「魅せられて」があり、


ヴィーナスの「キッスは目にして」。


水谷豊の「カルフォルニアコレクション」。


南こうせつに「夢一夜」。


阿木曜子の世界は、他の女性作詞家とは違う、


女性を思いきる、鋭利な感覚な詞が多かった。


阿木曜子はなかなかのつわものであった。





演歌では、山口洋子。


五木ひろしの「よこはま たそがれ」で名を知らしめた。

♪よこはま たそがれ ホテルの小部屋 くちづけ 残り香 煙草の煙


このように、刻み詞で、センセショーナルな評判でしたが、


ただし、この「よこはま たそがれ」、詞がパクリ騒動がありました。


ヨーロッパの詞のタッチに似てるとかどうか・・・。


まあ、そっくりでしたが。


結果的には、名コンビの作曲家、平尾昌章と組んで五木ひろしを再生させたのだ。


銀座のクラブのママでもあった山口は、夜の男と女の世界を書かせたら絶品だった。


代表曲でもある、中条きよしの「うそ」は、


♪折れた煙草の吸殻で あなたの嘘がわかるのよ・・・


いいです。


山口独特の世界は 演歌界に多大な貢献をあたえた。




他には、来生たかおの姉で、コンビを組んだ来生えつこ。


出世作は、中森明菜の「セカンドラブ」。♪恋も二度目なら 少しは上手に・・・ 
切なさのスピードは高まって・・・
♪あなたのセーター そで口つまんで・・・


やはり、うまい。


薬師丸ひろ子の「セーラー服と機関銃」。


この映画の主題歌は、当初、来生たかお自身が歌う同曲の「夢の途中」でしたが、


詞を少し変えて、薬師丸本人で大ヒット!両作とも大当たりでした。


大橋純子の「シルエットロマンス」。


しばたはつみの「マイラグジュラリーナイト」。


南佳孝の「モンローウォーク」。


また、弟の来生たかおのアルバムは、すべてといって姉のえつこでした。


「グッバイディー」などは名曲です。


作家的な雰囲気をかもしだしていたました。


新風をよんだ人でした。


【 2009/11/26 (Thu) 】 作詞家列伝 | TB(0) | CM(0)

作詞家列伝:松本隆



いよいよ、作詞家列伝、佳境に入ってきました。



松本隆の登場である。



この人の名を世間に知らしめたのは


太田裕美の「木綿のハンカチーフ」でした。


この歌は、牧歌的なストーリーが共感を呼んで大ヒット。


ただし、アメリカの歌に歌詞がそっくりで、パクリ騒ぎに発展した経緯があります。


でも、その後も独自の世界観の詞で続々ヒットさせ、その話を封印させてしまいました。


一連の太田裕美は、松本隆でした。


「赤いハイヒール」、「9月の雨」等・・・。



そして、世紀のアイドル、松田聖子です。


三作目の「風立ちぬ」から松本隆がからみ、プロデューサーも兼ねていました。


だから、この歌の作曲は、大滝詠一でした。


何故なら、松本隆のデビューは、さかのぼれば、ハッピーエンドのバンドでした。


他メンバーに、大滝をはじめ、細野晴臣という、総々たるメンバーでした。


すべての歌詞は、松本が担当でした。商業ベースにのらないティストでしたので


一般的には知られてはいませんが、歌をかじった者には伝説的なバンドでした。


話は横道にそれましたが、そのアインデンティがあって、


松田聖子の歌は、松本隆ワールドの始まりでした。


「赤いスイトーピー」では、ユーミンと組み、大ヒット!


名だたるアーテイスト、財津和夫、佐野元治、細野晴臣、尾崎亜美等が


曲を提供してくれました。絶対にオリコン1位にならなければいけない呪縛の中で、


当時、B面にも手を抜かず、「スィートメモリー」、「制服」という、ヒットも生まれました。


壮大なる「瑠璃色の地球」という歌も忘れがたいです。


最近のNHKの佐野元治との対談番組で、


聖子のなかでは、「天国のkiss」が最高だったような話をしていました。


松本は、後にも先にも、手の先まで、体全体で表現する


このような天才的な人は現れないでしょうとも語っていました。同感です。



アイドル聖子とくれば、マッチこと、近藤真彦です。


デビュー曲の「スニーカーぶるーす」、


♪ペアで揃えたスニーカー 春夏秋と駈け抜け 離れ離れの冬がくる・・・


松本隆の醍醐味です。


薬師丸ひろ子にも、「探偵物語」。♪でもね、たぶん、き~っと~


石川秀美には、「揺れて湘南」。


木の内みどりの「横浜イレブン」。


コミック的なイモ欽トリオの「ハイスクールララバイ」、


中原理恵の「東京ララバイ」。


桑名正博の「セクシャルバイオレットNO.1」、「哀愁ツゥナイト」。


斎藤由貴の「卒業」。


CCBの「ロマンチックが止まらない」。


おっと、忘れてはいけない、原田真二の「キャンディ」。


大、大ヒットの寺尾聡の「ルビーの指輪」、♪問わず語りの心が切ないね・・・


いやはや、すごいですね。


大滝詠一のアルバム作品では、「君は天然色」、「恋するカレン」、「さらばシベリア鉄道」、


そして、KINKIKIDSの「硝子の少年」では、山下達郎と組んで大ヒット!


これなど、まさに名曲である。



松本隆の詞の世界は、幼少にして、妹を亡くしたのが、


詞のやさしさにつながっているという話もあります。




松本隆。


天才である。


詞の言い回しが、独特で、誰にも真似は出来ない


この世界観は、後世に残る稀にみる作詞家だ。




阿久悠と松本隆。


この二人はずば抜けていた・・・。
【 2009/11/26 (Thu) 】 作詞家列伝 | TB(0) | CM(0)

作詞家列伝:売野雅勇



作詞家、千家和也以後、そして、新たに台等してきたのは


売野雅勇だ。


この人のグレイク作は、中森明菜の「少女A」。


タイトルといい、内容と言い、♪じっれた~い、じっれた~い、


挑戦的で斬新な詞、ポップスが主に多かった。


代表曲は、チェカッーズの一連。「涙のリクエスト」、「星屑のステージ」等。


ラッツ&スターの「め組のひと」。


この人も阿久悠同様、広告代理店にいただけあって、コピー的な詞方だ。


稲垣潤一の「夏のクラクション」、麻倉未稀の「ヒーロー」、


河合奈保子の「エスカレーション」、荻野目洋子の「六本木純情」、


郷ひろみの「2億4千万の瞳」、♪ジャパ~ン!


そして、矢沢永吉にも提供を・・・。


一時の時代の瞬間をかけくぐった作詞家だが、


作詞史上に残る作詞家であることは間違いない。



千家和也、含め、売野と、作詞界で大ブレイクはしたが、


本格的な、7・5調の演歌は書けない。


そこが、橋本淳、なかにし礼、阿久悠たちとは、歴然の差でもあった。


【 2009/11/26 (Thu) 】 作詞家列伝 | TB(0) | CM(0)

作詞家列伝:千家和也


作詞家、作曲家の地位を及ぼしかねない存在が


フォークソングの台等であった。


いわゆる、シンガーソングライター。自分で作って、自分で歌う。


吉田拓郎を先頭に、井上陽水、ユーミン、中島みゆき等。


今回は作詞家としてのお話ですので、省略します。


昭和をになった、阿久悠、なかにし礼から、新し世代に突入します。



奥村チヨが起死回生に放った、「終着駅」。


作曲は、歌手でのちに夫になった浜圭介。(「石狩挽歌」、「舟唄」等)が担当し、


作詞は、千家和也であった。


♪落葉の舞い散る停車場は悲しい女の吹きだまり・・・


曲も新鮮だったが、詞もいい。


2番の


♪肩抱く夜風のなぐさめは 忘れる努力の邪魔になる・・・


お~、才能。凄い。


この作品を皮切りに、


三善英二の「雨」。


♪雨に打たれても まだ待つ人がいる・・・・


この詞も、絶品でした。続けざまに、平浩二の「バスストップ」。


内山田ひろしとクールファイブの「そして神戸」


♪神戸~泣いてどうなるのか・・


素晴らしい出だしである。


殿様キングスの「涙の操」、西川峰子の「あなたにあげる」。


女のあげ放し状態であった。



アイドルにも、麻丘めぐみの「芽ばえ」、「私の彼は左きき」。


野口五郎には、「君が美しすぎて」。


林寛子の「素敵なラブリーボーイ」。


忘れてはいけない、キャンデーズを人気もにした「年下の男の子」
(ここから、センターはスーちゃんから、ランちゃん変わっての大ヒット!)


渋いところで、森川美穂の「教室」。


麻生よう子の「逃避行」。これまた、最高の詞である。



やはり、名をしらしめたのは、山口百恵の「ひと夏の経験」。


♪あなたに女の子の一番 大事なものをあげるわ・・・


衝撃的、かつ、大胆な詞。


この千家の詞により、百恵は大ブレイクし、


のちの詞は、「横須賀ストーリー」等の阿木曜子に受け継がれる。


つづく。

【 2009/11/26 (Thu) 】 作詞家列伝 | TB(0) | CM(0)

作詞家列伝:安井かずみ 有馬三恵子


昭和を彩る、女性作詞家を書こう。


当然、


安井かずみ。


40代にして、もう、亡くなったが、


大ヒット曲は、あの小柳ルミ子の「私の城下町」。


♪格子戸くぐりぬけ、見上げる夕焼けの空に・・・


日本情緒を歌ったこの歌から、千葉紘子の「折鶴」につながる。


そして、郷ひろみの「よろしく哀愁」。


♪逢えない時間が愛、育てるのさ・・・


うまい。


浅田美代子の「赤い風船」、アグネスチャンの「草原の輝き」、「愛の迷い子」。


タイガースには「シーシーシー」。


安井かずみワールド。


で、


結婚した相手は、あの「帰ってきたヨッパライ」のフォーククルセダースの加藤和彦。


のちに、伝説のグループバンド”サイケデリックミカバンド”を結成。


「タイムマシンにお願い」がある。


余談だが、メンバーの中には、ギター名者でおなじみの高中正義もいた。



安井かずみ。


ノリは破天荒(いろんな賞のトロフィーはゴミ箱行きとか)、


でも、詞はきっちり書ける、稀有な作詞家でした。




他には、有馬三恵子がいる。


伊東ゆかりの「小指の思い出」が代表曲。


♪あなたが噛んだ小指がいたい 昨日の夜の小指がいたい~い


お~、淫靡。


小川知子の「初恋のひと」。


♪そよ風しのぶ・・・


南沙織は「17才」から一連。「哀愁のページ」、「ひとかけらの純情」等。


金井克子の「他人の関係」、布施明の「積み木の部屋」。


大人の男と女を書かせたら、スパイスのきいた詞を書いていた。



ちなみに浅野ゆう子の「とびだせ初恋」、「恋はダンダン」というのもありましたけど・・・。


当時、夫は作曲家の鈴木淳(八代亜紀の「なみだ恋」等)でしたが、別れてます。


この人も、天分ある作詞家でした。
【 2009/11/26 (Thu) 】 作詞家列伝 | TB(0) | CM(0)

作詞家列伝:阿久悠 山上路夫


阿久悠についての詞の勝手ながらの分析。


広告代理店にいただけあって、仕掛けが上手い。


つんくのモーニング娘のパターンは、ピンクレディありきといって過言ではない。


詞も、北原ミレイの「懺悔の値打ちもない」では、ひとりの女の人生をたくみに劇画的に


切り取った、作詞史上に残る名作です。


視点がするどい。コピーライター的な詞も数々。


感性が豊かで、世の中を斜めに書いたり、


芯をつらぬく作詞方は、追従を許さない。商業上、プロ中のプロでもあり、


また、文学的にもスキがない素晴らしさであった。


個人的には、橋本淳大好き派だが、(当時、橋本淳の名を見ずしても、


新曲の歌詞を聞くだけで、これは、橋本淳だなと言い当てるほどでした。)


阿久悠という偉大な作詞家は、今後もこのような作詞家は現れないと断言できるでしょう。




今まで書き記した、昭和を飾った、橋本淳、なかにし礼、阿久悠の三大作詞家に


共通するのは、平成の作詞家にはない、どんなジャンル(ポップス、歌謡、演歌など)にも、


書けるというのが共通点であり、凄さを物語ります。



この昭和時代には、たくさんの作詞家がいました。


そのひとりに、山上路夫もはずせません。


ガロの「学生街の喫茶店」は、昭和世代にはたまらないでしょう。


タイガースにも「廃墟の鳩」を提供しました。


アグネスチャンの「ひなげしの花」、天地真理(お~懐かしい、大ブレイクアイドル、


白雪姫の真理ちゃんです。)の「虹をわたって」などの一連。


渋いところで、Kとブルンネンの「何故に二人はここに」


小田和正が鈴木と二人で活動中の売れなかった「群衆の中で」、「秋の気配」などは


「廃墟の鳩」といい、タイトルも詞もの内容も、学生運動と吟遊詩人を訪仏させます。


朝倉まりの「あの場所から」なども名曲です。


演歌風では、梓みちよの「ふたりでお酒を」があり、


テレサテンのデビュー曲の「空港」もそうです。


インテリ作詞家ではなかったでしょうか。


やはり、山上路夫の代表曲は、赤い鳥の「翼をください」。


教科書にも載っている国民的な歌です。


また、サッカー界の応援ソングというか、ワールドカップにはふるに使われています。


このようにフォーク界にも提供した作詞家です。(フォーク界は後日書きます。)



つづく。
【 2009/11/26 (Thu) 】 作詞家列伝 | TB(0) | CM(0)

作詞家列伝:阿久悠


早々、阿久悠の登場である。


デビューは、グループサウンズ時代にモップスの「朝まで待てない」だ。


広告代理店に勤務していた頃の作品。この作品を足掛かりに


あの「懺悔の値打ちもない」につながる。


ズニーブーの「白いサンゴ礁」、レコード大賞に輝く尾崎紀世彦の「また逢う日まで」、


森山加世子の「白い蝶のサンバ」、この作品は、山本リンダの「どうにもとまらない」に


つながり、「狙い撃ち」とくる。当時、歌手再生請負人といわれたものだ。


フィンガー5の「個人授業」、「恋のダイヤル6700」、


ペドロ&カブリシャスの「ジョニーの伝言」、


「五番街のマリー」、これもいい。名作。


「学園天国」(小泉今日子でもヒット!)もあり、


その傾向が、”スター誕生”の番組の仕掛け人であり、ピンクレディにつながる。連鎖状態だ。


もはや、ピンクレディについては書くまでもなく、


森昌子の「せんせい」、桜田淳子の「私の青い鳥」、藤正樹の「忍ぶ雨」、


新沼謙二の「嫁に来ないか」、伊藤咲子の「ひまわり娘」、岩崎宏実の「ロマンス」等々・・・。


演歌も盛んに書いていた。


名曲、八代亜紀の「舟唄」、「雨の慕情」、


森進一、「冬の旅」、「北の蛍」。


都はるみの「冬の宿」、石川さゆりの「津軽海峡冬景色」。



子供曲も書いた。「ピンポンパン体操」。


コミック的な物で、郷ひろみと樹木きりんの「林檎殺人事件」。


わらべのの「もしも明日が」。西田俊行には「もしもピアノが弾けたなら」。


チャーには、「気絶するほど悩ましい」。



ジャンルは幅広く、グループサンズの生き残り、堺正章の「街のあかり」、


沢田研二の「勝手にしやがれ」、「時の過ぎゆくままに」等々・・。
(のちに、阿久悠は、この「時の過ぎゆくままに」が自分の最高傑作と言っている。)


もう、いとまがない。


この阿久悠の分析をしよう。


つづく。

【 2009/11/26 (Thu) 】 作詞家列伝 | TB(0) | CM(0)

作詞家列伝:なかにし礼

橋本淳となかにし礼の要約した違いとは。


橋本淳は、トレンディ的発想詞。口あたりのワードを駆使し


万人受け、マーケティング的に大衆を捉えた。



なかにし礼は、今や作家でもある。当時から文学的な作詞が目立った。


また、女の性を切り取ったものも多い。


奥村チヨの「恋の奴隷」。♪あなた好みのあなた好みの・・・女になりた~い♪


衝撃的で、当時の作詞界に一石を投じた。当時は当たり障りのない女の悲しみの歌は


多かったが、この詞は大胆で、攻撃的な詞でもあった。


あなたた好みの・・・のフレーズが大多数の女性に反感を買ったのはいうまでもない。


奥村チヨには、他に「中途半端はやめて」とうのもあり、なかにし礼もなかなかのものである。


のちに、なかにし礼は、作詞作曲も手がけて大ヒットした「時には娼婦のように」がある。


これもセンセーショナルであった。基本に「恋の奴隷」は息づいている。


弘田三枝子の「人形の家」。タイトルといい、文学がただよう。


北原ミレイの「石狩挽歌」もなかにし礼。


そう、北原ミレイといえば、あの世紀に残る詞、「懺悔の値打ちもない」があった。


その作詞家こそ、阿久悠。


歴代の作詞家の中で、名をはせ、トップを走り続けた男だ。


つづく。
【 2009/11/26 (Thu) 】 作詞家列伝 | TB(0) | CM(0)

作詞家列伝:橋本淳第2弾


橋本淳。


グループサウンズの作詞を席巻。


タイガースをはじめ、そうです、あのレコード大賞に輝く「ブルーシャトー」。


一連のブルーコメッツの作詞、「北国の二人」、「草原の輝き」、「さよならのあとで」等々・・。


ゴールデンカップスの「長い髪の少女」、


忘れていけないのは、ビレッジシンガース。「バラ色の雲」のデビュー曲を手掛け、


三曲目に、平成に島谷ひとみがリメイクして大ヒットした「亜麻色の髪の乙女」の本家本元が


そうだったんです。


この頃の作曲家、名コンビが、あの筒美京平と、ドラクエでおなじみのすぎやまこういちなのです。


橋本淳は、昭和歌謡に貢献してます。


いしだあゆみの「ブルーライトヨコハマ」、ベンチャーズ作曲の奥村チヨの「北国の青い空」


ヒデとロザンナの「粋なうわさ」、「愛は傷つきやすく」など・・


平山三紀の「真夏の出来事」。美樹たかしの「あなたが選んだ僕だから」。


平尾昌明と畑中葉子の「カナダからの手紙」。内藤やす子の「弟よ」。


欧陽菲菲の「雨のエアポート」。




演歌も手掛けました。


森進一の「望郷」、ザ・ピーナッツの「大阪の女」


アイドルにも、野口五郎には「青いリンゴ」、


郷ひろみにも「誘われてフラメンコ」、「あなたがいたから僕がいた」等。


数えればキリがないぐらいです。


その橋本淳世代に台等してきたのが、なかにし礼です。


ザ・ピーナッツの「恋のフーガ」を皮切りに、弘田三枝子の「人形の家」の大ヒットし、


黛じゅんの「天使の誘惑」、「夕月」等


やはり、菅原洋一の「知りたくないの」の作詞でしょう。

♪あなたの過去など・・・


ここまで、橋本淳と、なかにし礼を列挙しましたが、作詞パターンを解明しましょう。


つづく。


【 2009/11/26 (Thu) 】 作詞家列伝 | TB(0) | CM(0)

作詞家列伝:橋本淳

第1回目「橋本淳」




作詞にめざめる。


あれは中学生。初めて買ったレコードが


当時全盛だったグループサウンズのオックス。(懐かしい!)


歌は「ガールフレンド」


♪僕の可愛い友達は・・・ (マイガール マイガール)


そこで目に着いたのは作詞者。橋本淳。


ここから物語は始まった・・・・。


当時のグールプサウンズの作詞の王道を行くのは、やはり、橋本淳。


ダイガースのデビュー曲「僕のマリー」はかわきりに、「シーサイドバウンド」、


「モナリザの微笑」、「君だけに愛を」、ときて、「花の首飾り」は、これは月刊平凡の


歌詞募集で選ばれた詩に、、あのなかにし礼が補作詞ものである。早々、作詞家の大物が


出てきたが、今回は、橋本淳である。そのB面が「銀河のロマンス」。


そう、今でいう、カップリング曲のはしりです。


つづく。



【 2009/11/26 (Thu) 】 作詞家列伝 | TB(0) | CM(0)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。