至近距離の幸せ

手つかずのままの文章に、”しあわせ”と書き込んだ・・・。 少し、少しだけ、ココロが半歩、歩いた気がした。
091234567891011121314151617181920212223242526272829303111
月別アーカイブ  【 2011年10月 】 

テレビ番組がおかしい。

テレビ番組が一段と、おかしい。

どのバラエティ番組、一様に、

後、何秒で、番組テーマの告知とともに、

画面にはスポンサー名が列挙される。


当然のごとく、いいところでのCM入りは定番化され、
(ニュースまでもが、これをやっている。恥ずかしくはないのか!)


視聴者も心得たもので、ハイハイとばかりに

他チャンネルに変えるのは当たり前で、

戻り間違いで、見逃すのは、よくあること。


まあ、巻き戻しで、アホみたいに30秒前から、もう一度の繰り返し。

これって、時間の搾取、

リプレイは、時間しのぎで、

番組時間の水増しで、製作費を浮かすためは常識化。


このところ、ネテレビ局のスポンサー離れはいちじるしく、

スポンサーにこびへつらう、テレビ芸者のなれの果てざま。



だが、

こんなテレビ局のイライラ番組作りに、

スポンサーもしごく当然のように加担してるのが不思議。


ひとつぐらい、

「こんな、いいところでのCM入りは辞めなさい、視聴者に反感買うし、

当社のCMにも、うざいと思う人はいるだろう。

CMを見てもらえればいいってものじゃない。


番組スポンサーの良識が疑われる。

ここは、昔のように、

CMがトイレタイムと言われるようじゃないとダメだ。

このスポンサーが自信を持って、

この番組を提供しました。

みなさん、よかったですか?」の心意気で、

エンディングにスポンサー名が

告知するのが望ましいと、

何故、思わないのかな?



これだけ、名だたる企業がスポンサーに名を連ねているのに

一様に番組が、みな同じ手口。



*話は違うが、

昨夜のNHK番組「レナウンの中国買収400日間」を見てて、唖然となった。

日本の魂、売ったら、ダメだよ。




またまた話を戻そう。

3.11、震災以後のテレビ番組。

どうだった?

そこにテレビ局の良心はあっただろう。

CMだって、サントリーの「上を向いて歩こう」バージョンみたいに

あたたかみが、あっただろう・・・。


気配りがうかがわえる、やさしさに満ちた番組のオンパレードだっただろう・・・。



今となっては、偽善か・・・。


今のテレビ局の番組作り、加担するスポンサー、

これが実体か!


ほんまに情けないです。



と、言うほど、たいした男ではないですけど・・・

似たような人生、歩んでいますけど・・・。

すみません。

スポンサーサイト
【 2011/10/24 (Mon) 】 未分類 | TB(0) | CM(0)