至近距離の幸せ

手つかずのままの文章に、”しあわせ”と書き込んだ・・・。 少し、少しだけ、ココロが半歩、歩いた気がした。
1012345678910111213141516171819202122232425262728293012

名張毒ぶどう酒事件の東海テレビ「約束」を見る。


東海テレビ制作の名張毒ぶどう酒事件を歴史を語る「約束」を見た。

この事件に潜むものは・・・


闇に葬ること。



これは、その事件の起こった地元、田舎ならではのことか・・・。


また、この裁判を捌く、裁判官の保身の事実。


恐ろしい・・・。




何度も再審を拒む、

現実に、勇気をもって、

”再審”を決めた裁判官は、覚悟を決めて、その後、裁判官の職を辞する。


だが、その再審を、幾つもの新証拠を、

”当時の自白のみ理由”で、不決定をしたものは、

ご褒美?とばかりに、出世コースを歩む。


*(自白の怖さは、昨今、あの作為メールで自白に追い込まれた4人の現実の怖さ・・・。)





そう、みな、自分が可愛い。

自分を守るためなら、

身を売る!

何でも売るか?

魂も売るか?





だが、それを、「許さない!」なんて、

語るほど、

己も、きれいではない。






でも、でも・・・


生きていることは、”恥じる”ことは、


あえて、避けて生きたい。


己の胸に手を当て、

どこまで、強く生きられるのか、


死を間近にした時、気付くのでは、遅い。

手遅れ。



生きて、生きながらえてこそ、

”ちゃんと、ちょんと!!、生きてる!

胸に刻んで、



生きろ!



生きろ!


生きろ!


すみません・・・・。


私、とても、弱い、


人間なんです。


す、すみません・・・。


でも、父に、母に、

ちゃんと、生きてはないけど、

自分は、

あなたのもとで、生まれてよかったと!

胸を張れる人生でありたい。


が、????????の自分がいる・・・


再度、すみません。



スポンサーサイト
【 2012/11/17 (Sat) 】 未分類 | TB(0) | CM(0)