至近距離の幸せ

手つかずのままの文章に、”しあわせ”と書き込んだ・・・。 少し、少しだけ、ココロが半歩、歩いた気がした。
121234567891011121314151617181920212223242526272829303102

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- (--) 】 スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

マツコの知らない世界「アイドルの振り付けを語る」



マツコの知らない世界。

昨夜は、

マツコの知らない、”振り付けの世界”。

70年代、80年代を彩ったアイドル。


いいね~。世代的には。


切り口がいい。


当時のアイドル振り付け師と、

過去のビデオを見て、解説するのかと思いきや、


リアルで、

女の子ダンサーが、顔にお面をつけて、

再現する。


この再現がたまらない。

この企画力はいい。

なんか、親しみ感がある。


これで、番組は引き締まる。

ダンサーたちも、上手く真似ている。


癖も、上手く。


マツコも感動。

聖子と明菜の論評では、


「聖子は、ショービジネス、明菜は、ひとつひとつが、命を賭けている。」


余談で、


「キョンキョンはビジネスマンのように・・・。」と、


三者三様の良さを、


巧みに語る。


マツコならではの、見事な切り口。



マツコの今でも、人気の陰りもなく、

需要があるのが、うなづける。




こう見ると、



マツコ、


有吉、


坂上と・・・


そして、


プチブレイクの博多大吉と、共に、


みな、


事例や、事件や、芸能界の側面、等々・・・に


暴言?、



毒を吐く。



それも、


見事な、

分析力


ずば抜けている。


切り口も、鮮やかさが際立つ。



それが、


視聴者の溜飲にもつながる。



この分析力が、



今のテレビ界を席巻している。


過去のテレビ界のお祭り騒ぎではなく、


”冷めた”感が、


求められているのだろう。




この力を持った者が、


今、芸能界を駆け巡る。




でも、

一般世間でも、この切り口は、


えてして、


周りから、嫌われることもあるのが



つらい。ネ。


スポンサーサイト
【 2015/01/28 (Wed) 】 テレビっ子 | TB(0) | CM(0)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。