至近距離の幸せ

手つかずのままの文章に、”しあわせ”と書き込んだ・・・。 少し、少しだけ、ココロが半歩、歩いた気がした。
0512345678910111213141516171819202122232425262728293007

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- (--) 】 スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

乃木坂46に存在感が出てきた!


乃木坂46、


どうしてもAKB48の陰の存在として扱われてきたが・・・


当初、生駒がセンターで、そこそこの成果は出ていたが、


どうも脱しきれない、



だが、


動き出したのは、


生駒の”コマ”を動かし、AKBとの兼任の英断からか・・・


遂に、


稼動し始めた!



「気がつけば片思い」の西野七瀬をセンターとしての曲は


かなりの売れ線の曲もあいまり、


スマッシュヒット!



それから、


またまたの英断、


SKAの松井玲菜が兼任となり
(AKB、SKE、乃木坂のトリプル!いやはや大変、全曲の振り付けも覚えるや、
この3グループを、ちゃんとこなした自信、
また、映画「giftギフト」やテレビドラマ出演の演技の楽しさが
結果、今回の卒業へと繋がったのかな?残念だな~!)




ともかく、


このような企みと、刺激が、


それからは



「何度目かの青空」ときて、


最近作は、「命は美しい」は、


今回、乃木坂のカラーが、より濃く鮮明に、コンセプト可されている。


衣装もいい。


当然、美人の白石麻衣は不動の位置だが、


脇を固める、橋本奈々未(ななみん)


そして、生田絵梨花などが、


キャラも際立ってきた。


いよいよ来るか!


頑張れ、乃木坂!!!!!


ここで、


「命は美しい」をどうぞ!


次作曲は、

原点の生駒が、センターを獲得したが、

これが、吉と出るか、


さあ、どうなる?


補足。

「命は美しい」を完コピの高校生をご覧ください。感動の素晴らしさです!




特に、橋本奈々未役の子が、いい。


目を凝らして、見てネ。
スポンサーサイト
【 2015/06/24 (Wed) 】 未分類 | TB(0) | CM(0)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。