至近距離の幸せ

手つかずのままの文章に、”しあわせ”と書き込んだ・・・。 少し、少しだけ、ココロが半歩、歩いた気がした。
071234567891011121314151617181920212223242526272829303109

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- (--) 】 スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

本日の生番組の宮迫の感度。


はいはい、


宮迫さん、


アンタは芸人でしょう?


この守りは何なの?


一生、償いますみたいな、公人みたいな発言。


誰も、そんなこと、求めていません!


アンタの女房も何なの?


そう、むきに、なる女房か?


笑い飛ばなさいのか・・・!




何で、メシを食っているのか?


そんこんとこ、わからないのかな・・・


それが、宮迫を強くすることになるのに・・・


あ~、小さくなっていく、芸人。


相手の女性二人とも、否定(相手の事情もわかった上で一夜なら、女性も罪!)しようが、


思い図る理由にもならない。


覚悟して、話せよ!


腹をくくって生きろ!


それが、笑いに、つながるのに・・・


守りに入った、芸人ほど、つまらないものはない!




今日の”バイキング”の番組。


坂上も仲間には、弱腰の露呈、


東国原の風見鶏発言の愚かさは毎度のこと。


損得だけで生きている。


でも、自分は賢いと思っている、自己満足。



生番組、不倫公開裁判という、いいバイキングのチャンスを得たのに・・・


この落としどころではね・・・


情けない。


だから、テレビはダメって、言われるんだよ。



私の自主制作オリジナル映画はchuei.jpにて
スポンサーサイト
【 2017/08/11 (Fri) 】 未分類 | TB(0) | CM(0)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。