至近距離の幸せ

手つかずのままの文章に、”しあわせ”と書き込んだ・・・。 少し、少しだけ、ココロが半歩、歩いた気がした。
0812345678910111213141516171819202122232425262728293010

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- (--) 】 スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

民進党って、何で、あんなに鈍感なのか?



民進党。


やれやれですネ。


前回の代表選は、


二重国籍問題は、何食わぬ顔で、


蓮舫で、幹事長には、前総理の野田と来る・・・・


もう、この時点で、


本当に、鈍感な政党だなと、世間は、認識しているのに・・・・


自民党が、森友、加計問題の安倍政権の失墜にも


民進政党支持率は伸びないのは自明の理なのに・・・


何故、国民は、見向きもしないのか、わからない、不思議さ。


今回の代表戦も、


またしても、


あの政権時代の顔でもあった、”言うだけ番長”こと、前原、


3・11東北震災時の福島原発対応の官房長官だった枝野のダッチロールぶりなど・・・


記憶に新しい。


その御仁が、戦う、愚かさ。


何も、何も、変わっていない。


小さな器で、アホみたいに権力を競う。


全然、客観視していない。


その戦いを横目に、あの政権時のトラウマを、今でも、国民は忘れないことに・・・


ビックリする位、気付いていない。



何故なのか?


リベートがお得意な、攻撃型は、正論だけは、理想論だけは一人前なのに、


デフェンスには、ことごとく弱い、


勉強が出来る賢さはあるが・・・


”したたさか”は、持ち合わせていない。


そこが、自民と、民進の致命傷の違い!


それを、読み取れない。


”♪ツモロー、ツモロー・・・♪の山尾議員の、これまた、ドン引きの能天気な快楽に酔いしれる鈍感さ、


これまさに、民進党の実態。


またまた、


自民が、調子をこいてきそうだ・・・


そう、おとなしめしていた、改憲は、言い出したぞ・・・


まあ、


こんなんにしたのも、国民のツケなのだが・・・



”エリをただす”、


”恥を知る”、


”潔さ”、


”非は認める”、


嘘で、塗り固められた、浮世が、


今後も、さまよっていくのであろう・・・






スポンサーサイト
【 2017/09/13 (Wed) 】 未分類 | TB(0) | CM(0)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。