至近距離の幸せ

手つかずのままの文章に、”しあわせ”と書き込んだ・・・。 少し、少しだけ、ココロが半歩、歩いた気がした。
111234567891011121314151617181920212223242526272829303101

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- (--) 】 スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

テレビ番組無残!



何度も、このブログでも、書きなぐったが、


もう、民放、総じて、どの番組も、


いいとこ場面で、CMまたぎで、再度、同じ箇所を流す。


時間稼ぎも、はなはだしい。


ちょい盛り上がったところでは、


次の、いや、また次のネタをちょい見せし、どうぞ、チャンネル変えないでのオンパレード。


いさぎよく、全部見せることではなく、


どう、いかに、CMはさみで、視聴者を引っ張ることに、製作者は頭をひねることしかない。


これで、もはやテレビマンではない。


スポンサーに魂を売った、媚を売った、いやしいテレビマンである。




面白いことを見せる、


視聴者にイライラさせることはしない、全部をさらけ出す、小出しにしない。


どこにも、そんな民放は見当たらない。


本当にケツの穴の小さい製作人ばかり。サラリーマン化された、一様のロボットばかり。




テレビ全盛期を支えた。あの頃の猛者たちは、


無念でならないだろう。




よく、

番組では、フリップには、肝心なところは字隠しで、


出演者に、これは、何かを答えさして、


またまた時間を稼ぐ。


ゲストさんのエピソードも


問題にして、これまた時間稼ぎ。


内容は、ほとんどがクイズ稼ぎで、”オレオレ詐欺”を超える、”クイズクイズ稼ぎ”である。



潔く、見せる。番組など、民放には見当たらないなのだろうか・・・。


まあ、ニュースまでもが、CMまたぎをやっている、何をいわんやかな!



今や、


テレビを見ることは、


ストレスをたまらせるものに
成り果てたと言って過言ではないだろう・・・。


本当に情けない!



別話1:日本作詞大賞と、うたってはいるが、演歌ばかりで


”日本演歌作詞大賞”に変えてはどうだか・・・・


また、日本有線大賞も、申し訳ないが、死語のような・・・。



別話2:ダウンタウンも坂上忍も、酒トークも含め、ゲストによっては、いじるのはではなく、


イジメに近い、感じが気になるのは私だけ。


別話3:くどいようですが、二階堂ふみ、やっぱ天狗ぷりが鼻につくのは私だけ。


いやはやです。




スポンサーサイト
【 2017/12/05 (Tue) 】 未分類 | TB(0) | CM(0)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。