FC2ブログ

至近距離の幸せ

手つかずのままの文章に、”しあわせ”と書き込んだ・・・。 少し、少しだけ、ココロが半歩、歩いた気がした。
1012345678910111213141516171819202122232425262728293012
月別アーカイブ  【 2018年11月 】 

非を認めない人たち



何故、


こんなに非を認めない人が増えたのだろう・・・。


四日市に身を置く私にとって、


お恥ずかしいことは、


今更ながら、


あえて、あの、こにゅうどうくん組織票騒動。


ゆるきゃら実行委員会から、


組織票とみなされ、30万票も削減されながらも


しかし、市長は、組織票はありません、


自主的な票と言い切り、開き直る。


この対応のまずさ、


素直に、熱が入ったばかりに、


こんな行動になりました。


誠にすみませんでした、と、言えば


そう、問題は沈下したものを・・・



コンプライアンスの意味がわかっていない。


非を認めることから、


周りは、その気持ちもわかるよね、と、なるのに・・・


このご時勢、


簡単にあやまらない人たちが増殖中。


政治家など、典型だ。


話のすり替え、


流行語大賞にもノミネートされた”ご飯論法”を


堂々と繰り返している。


厚顔をさらけだす。


何故、


何故、


素直に、非を認めない。



これでは、


小さな子供たちも、


それで、いいのだろうと・・・と、


倫理観がうすれていく。



誰にも、過ちも、欲もある。


人間と言うものは、知恵があるばかりに


やっかいな動物なのだから、


どんでもない事件を起こす輩も。


だから、


心して、


何か自分に起きた不祥事には、


素早く、自ら、謝る、非を認めることが


何年かかろうが、信頼を勝ち得ることにつながることを


肝に命じて、ちゃんと、生きましょうネ。



ここで、


私から、


個人的ことですが


「私、二階堂ふみ様は今でも大好きですが、


川栄李奈にも、目がついつい言ってしまうのは・・・


でも、ふみ様が一番なことにかわりませんが・・・


川栄が・・・気になるのは・・・ごめんネ、ふみ様!」


10代のときのふみ様
20111229183722.jpg

川栄さまは
川栄


川栄さまも


AKB時代はバカキャラだったし・・・


暴漢にも襲われケガも負ったトラウマにも負けず、



AKB卒業後は


「あずみ」の舞台に出演、殺陣など、見事なでの頑張りは目を見張りました。


一回りも、二回り、大きくなって、


今や、立派な女優さんです。


こんなところが私は好きです。


こういう方は応援したくなる


まあ、親心みたいなものです。


さあ、明日金曜11時の”Aスタジオ”の鶴瓶のMCアシタントぶりを


拝見しましょうか・・・


スポンサーサイト
【 2018/11/22 (Thu) 】 未分類 | TB(0) | CM(0)