FC2ブログ

至近距離の幸せ

手つかずのままの文章に、”しあわせ”と書き込んだ・・・。 少し、少しだけ、ココロが半歩、歩いた気がした。
011234567891011121314151617181920212223242526272803
月別アーカイブ  【 2019年02月 】 

ワンオクの最新アルバム、やっぱいい!



ワンオクの最新アルバムを買った。


やっぱいい!



このご老体でも、唸る。


今回、ハードさは抑え目ながら、


でも、ロックしてるし、



サウンドに趣は、いきがちだが、


作曲のTakaは、親の遺伝子?っと言うのもなんだが、


素晴らしいメロディメーカーでもある。



楽曲の中に、映画「フォルトゥナの瞳」の主題歌も入っている。


余談だが、この映画は見たが、中味はぐだぐただが、


この主題歌だけは、いいのでちょっとは映画が救われている。



とにかく、ワンオクは、


個人的には、今までのロックでは、


世界でも40カ国でライブする実績が実証するように、


ナンバーワンと思う。



世代なんだな。


小さい時から、世界のロックを聴いている環境というのは大きい。


ワンオクの世界観、


もっと、世界に羽ばたいて(この言葉のチョイスが年寄り臭いが)、


突っ走って欲しい!



で、


話は変わって、


昨今の”バイトテロ”と称される、現象を


そうなる、バイトの環境にも目を向けるべきだと、そんな意見もあるが、


何を話の矛先を変えているんだ。


環境ではない!


もうやっていることが、バイトであれ、何であれ、非正規であれ、その場ではプロなんだ。


あの愚行、いや犯罪としか言いようがない!




横道それるが、


コンビニ等々、


学生バイトだから、給料変わらないから


手を抜く奴と、


一生懸命やる人と別れる、


その時点で、未来の人生は、変わってくるんだ。


お金、環境、云々、以前に、


自覚を持って望んで取り組む姿勢が、問われるんだ。



で、


その話のついでに、


最近、映画館の出来事。


二人組みの20歳位の女性が上映中、


前に、二人とも、前座席に足を投げ出して見ている。


もう、愕然とする。


これも、

”バイトテロ”同様、

自分しか見えていない・・・



世もどんどん、薄ら寒いものになってきた一例か。


スポンサーサイト



【 2019/02/17 (Sun) 】 未分類 | TB(0) | CM(0)