FC2ブログ

至近距離の幸せ

手つかずのままの文章に、”しあわせ”と書き込んだ・・・。 少し、少しだけ、ココロが半歩、歩いた気がした。
061234567891011121314151617181920212223242526272829303108

ザ・ヨシモト:アホ保身合戦!



「松本、動きます」のツィートから、新たな展開が始まり、


結果、あの吉本岡本社長の会見のあの様。


そのきっかけは、


あの宮迫、亮の衝撃会見を受けて・・・



よくよく考えてみれば、


大崎会長、岡本社長が、元ダウンタウンのマネジャーとの兼ね合いもあるが


取締役でもない、松本、東野、


そして大崎会長、岡本社長との4人だけの話し合い。


これって、アリ?


こんな会社って、アリ?


4人の会社なの?



まるで、松本、動きます、「俺、力あります、まとめてみます。」、



で、



答えが、あの会見。


何をひざ詰め談判して、あの結果。



「松本、動きます、」と宣言したなら、きっちり、話をつけなければ・・・



落としどころが、宮迫、亮の処分撤回。



そうじゃないんだ。


会社の体質が問われているのに・・・


あきれ返る。



よりを戻すことではない、


それで収まる話ではない。


その後の松本のツィートには、口あんぐり、


核心はふれず、


「寝不足芸人がいっぱいやろな~ でもプロ根性で乗り越えましょう。私達は生まれつきオモロイ」。


いやはやです。




事は、宮迫、亮の保身から、端を発し、


岡本社長の保身で締めくくる情けなさ。


そこに、仲裁に入った松本の保身も垣間見える。

【 2019/07/23 (Tue) 】 未分類 | TB(0) | CM(0)