FC2ブログ

至近距離の幸せ

手つかずのままの文章に、”しあわせ”と書き込んだ・・・。 少し、少しだけ、ココロが半歩、歩いた気がした。
071234567891011121314151617181920212223242526272829303109
月別アーカイブ  【 2019年08月 】 

民放番組の後半CMつるべ打ち!



このブログでは、再三、


民放のいいとこで、CMのくどさを、書いてはいるが・・・飽きるほど・・・



また、当然のように視聴者も覚悟で見ているが・・・


どんどん、ひどい有様りになりきってきた。


1時間もので、ラスト40分過ぎから、いいとこで、CM3分やって、やっとオチを出すかと思えば、スポンサー名を


画に流し込んで、またCMとなる始末。


下手をすると、CMあがりで、さあ、オチ出すかと思うと、もう一度、思わせぶりを見せて、


また、CMを入れることが常態化してきた。


やっと終わりごろで、さほど、大したことのないオチ。


もう、ラスト10分、CM三昧。


このやり口を、”民放デレィクター編集上手さ合戦”のような状況だ。




番組作りも、まあ、引っ張る、引っ張る、


とくに多い手口は、


たとえば、この家の住人は、誰だ?は、20分は引っ張る、


この子供の親は誰だ?も、その手口。


やっと、登場と思いきや、顔にモザイク。


とことん、引っ張って時間稼ぎの番組づくりは、制作費を浮かしている。


それが、今や、ディレクターの仕事。



あおる話も多い。


タレントの売れる前のビンボー話をたらたらやるのはいいが、


さも、今や、”旬の売れっ子”のように扱って、


やっとのご本人登場となると、


これが、さほどもう、売れてないタレントが多い。


そら、今更、売れっ子が、この番組に出るわけがないのに・・・。




それと、やたら多い編集は、


ひとつのネタを締めくくることはなく、次のネタをかまして、引っ張って、


後半で、オチを出す始末。


あ~、イライラする、でも、それも、当たり前。


また、番組終わり頃に、NEXTとうたいながら、


それは、次週の予告とくる。


これも、当たり前。



この有様に、世の中、怒ることもなく、あきらめている。


そら、当然、テレビの視聴率も、落ちてくるのは自明の理。


テレビ局は、SNS、ユーチューブ、ネット番組の影響のせいにしているが、


そうではない、自業自得のなれの果て。


ドラマの視聴率、10%で合格点、13~16%でヒットの扱い。


過去には考えられないこと。



再三、ここでは、書いているが、


スポンサーが鶴の一声で、


そんな編集をするな、往生際の悪い編集方法では、


スポンサー、降りると、言えないのか。


今、それをやったら、スポンサーの株が上がるのに・・・


まあ、その編集方法を、スポンサーが認知してるから、


いや、納得しているから、余計にタチが悪い。



今や、民放テレビは視聴者への”ストレス作り”に邁進している・・・・


会社で、ストレス、家に帰れば、テレビでストレス、


休まるヒマはない。



その点、

N国とやらに、”NHKをぶっこわせ!”と攻め立てられているが・・・・


まあ、国営となれば、功罪も多い。


下手をすると、大本営発表となるが・・・


そこは視聴者の冷静な判断が問われるが・・・・



大半の番組は、


ドキュメント中心に頑張っている。


昨夜も、夜9時、NHKスペシャル「激闘ガダルカナル 悲劇の指揮官」を。


真実の戦況が、今日、描かれる。


矢面にたった、当時の指揮官の状況が、(これもアメリカの膨大な資料)からわかったもの。


これで、後ろ指さされた遺族も救われるだろうし、もちろん、責任を取って自らの命を絶った当人も、浮ばれることだろう。



このような番組を民放が作れるか?


作れるわけがない。


視聴率も稼げないからと、スポンサーも付かない。


また、これだけの膨大な資料を時間と労力をかけて、


製作できるのは、NHKしかない。



N国は、NHKの放送のスクランブル化を掲げているが、


それは公共放送ではなくなることを意味するので、事実上、公共放送NHKの解体と同じである。


そうなれば、


全国を網羅するNHKの情報量は無くなるということは、


災害等では、民放では、無理である。


インフラという、観点で考えれば、


NHKという、政府よりの立場?と、とられても仕方が無いが、


結局、いろいろな問題を抱えているが、


”差し引き勘定”で、モノを考えなければならない.。



この意見、


チコちゃん、どう、思っているのだろうか?



ねえ、チコちゃん、答えてネ。


私は、最近、二階堂ふみより、松本穂香より、中村ゆりがとても気になる、、永遠の5歳より。


で、

中村ゆりさんは、このお方。

nakamrayuri.jpg

スポンサーサイト



【 2019/08/12 (Mon) 】 未分類 | TB(0) | CM(0)