FC2ブログ

至近距離の幸せ

手つかずのままの文章に、”しあわせ”と書き込んだ・・・。 少し、少しだけ、ココロが半歩、歩いた気がした。
0812345678910111213141516171819202122232425262728293010
月別アーカイブ  【 2019年09月 】 

多部未華子と進次郎と関電。


多部未華子、

tabe.jpg


2005年映画「青空のゆくえ」、「ルート225」以来、


好きな女優さんでもありましたが、


いかんせん、「ヒミズ」での二階堂ふみの登場で、


ちょい、心の隅に追いやられてしまいましたが・・・


2016年の韓国映画リメイク作品、「あやしい彼女」で、静から動へと、ふりきったのか、


魅力がいかんなく発揮され、やっと、一般的に注目されてきた・・・。


テレビでは、NHKドラマの「ツバキ文具店・鎌倉代書屋物語」では、


いい持ち味を。



さらに、昨夜が最終回だった、NHKドラマの「これは経費では落ちません」は、


多部ワールド全開、


あのラストの締め方は、映画そのもの。切れ味がいい。唸りました。


未見のかたは、是非、NHKオデマンドで、見て下さい。
(N国党も見てね。)


もう、これだけ書けば、いいのですが・・・



小泉進次郎がめった打ち状態なので、


追い込みではなく、


遂に、値打ちが、露呈してしまったかです。


今までは、後出しじゃんけん風の切れ味いい風、まともな意見でも、


かっこよく、よくぞ、言った風で、


庶民が、つい、それだけで、未来の総理だと、持ち上げてましたが・・・




出る杭は打たれる。


その出る杭が、政治家としてではなく、


自分の結婚プライバシーを、


官邸を使って、(菅の後押しもありか?)


女房同伴で記者会見の愚弄。


ドラマチックにしちゃったのが、運のつき。


隠して隠して、


で、妊娠したら、あの会見。


自分を演出してしまった。


言葉は悪いが、アホな安売りしたな~の感は否めない。


人間が、見えてしまいました。


国を背負う、国を動かそうと思う人ならば、自分ごとを


絶対、あんな結婚会見しない。


まあ、今更、そのことかと言われそうだが・・・


その出る杭が、それだけから、


政治家としての力量、戦いなら、いいのだが、


アホな出る杭は、叩かれやすい。


パフーマンス大好きもやっかい、選挙応援なみに、


大臣なるやいなや、すぐさに「福島行きます!」、これまたパフォーマンス、プンプン匂う・・・?



注目される、


若手大臣として、世界のヒノキ舞台に登壇するなら、


武器をもっていかないと、


見事な手ぶらで行って、


記者に、温室効果ガス削減はと問われ、一言、「減らします。」、ほらほら切り口いいこと言って、


すかさず記者から、どんな対策?と突っ込まれたら無言。


先読みしてない、刀も挿していない。


そら、すぐさに一刀両断、切られました。


威勢のいい発信力はあっても、


リベート力はない。


いや、ちゃんとした信念がない。



まあ、当分は、メディアも


何かと、進次郎叩きに、やっきになるだろうの雰囲気はいかかがなものかと思うが、


度量を試されているのだから、


仕方ないですネ。



で、


関電。


あの会見を見てて、


もう、世の中の末期としか思えない、発言。


バカを通り越して、唖然。


自分のコメントの恥というものが、わかってない不思議ちゃん。


あれで、社長業が務まるのだから、


周りも、バカばっかかと、思ってしまう。


そこまでして、


会社を利用して、金をせしめたいのか、


言い分は、保管してましたですネ。



保管の意味って何?と言いたい。


では、そのお金あげるから、


あんたらの、関係者の、関電で、あの福島原発汚染水、


責任持って、保管して下さい。



切に願います。関電さん。





スポンサーサイト



【 2019/09/28 (Sat) 】 未分類 | TB(0) | CM(0)