至近距離の幸せ

手つかずのままの文章に、”しあわせ”と書き込んだ・・・。 少し、少しだけ、ココロが半歩、歩いた気がした。
0812345678910111213141516171819202122232425262728293010

作詞家列伝:ファーク界



フォークから始まったシンガソングライラー、然り、


職人的作詞家ではない作詞家を列挙しましょう。



かぐや姫の「神田川」は、喜多条忠。


♪何も怖くなかった ただあなたのやしさが怖かった・・・


名作詞です。


「赤ちょうちん」、「妹よ」など。


長年は表には出ていませんでしたが、一昨年前に、


五木ひろしの「凍て鶴」を書いていました。


吉田拓郎の「旅の宿」は岡本まさみ。♪浴衣の君はすすきのかんざし・・・


森進一に、拓郎とコンビで、あの「襟裳岬」を提供しました。


♪襟裳の春は~、あ~、何もない春です~・・・


襟裳の地区の方から、”襟裳に何もないとはどういうことだ!”のお叱りを受けたそうです。


詞のあじわいを理解できない方には、そうでしょうかね。



北山修もいました。


フォーククルセダースの一員でした。


端田のりひことは、「風」、「花嫁」、


加藤和也とは、一緒に歌いもした、「あの素晴らしい愛をもう一度」。


ベッツイ&クリスの「白い色は恋人の色」、


ジローズの「戦争を知らない子供たち」など、


一世風靡したものでした。


また、歌謡界には、境正章に、筒美京平とで、「さらば恋人」が大ヒットしました。


そんな、北山修は医者でした。


反体制派のなかにも、やさしさを秘めた作詞家でした。





そろそろ・・・


シンガーソングライターを極めた人に入りましょう。


ユーミンから書きます。井上陽水といきたいところですが、


ここはユーミンです。荒井由実です。


結婚後は、松任谷由実です。


つづく。
スポンサーサイト
【 2009/11/26 (Thu) 】 作詞家列伝 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL