至近距離の幸せ

手つかずのままの文章に、”しあわせ”と書き込んだ・・・。 少し、少しだけ、ココロが半歩、歩いた気がした。
1012345678910111213141516171819202122232425262728293012

作詞家列伝:ちあき哲也




桑田圭祐のティスト、昭和歌謡に話を戻しましょう。



昭和歌謡に残る作詞家のひとりに、


ちあき哲也がいる。



最近作の大ヒットは、すぎもとまさとの「吾亦紅」。

 
♪・・・あなたに あなたに 見ていて欲しい

 髪に白髪が 混じり始めても

 俺, 死ぬまで あなたの子供・・・



切々と語る、母への思い。


この詞の力と、切ないメロディが


大衆の心を打った。


この歌がヒットするまでには時間がかかった。


ラジオからのブレイク。


リスナーからの圧倒的な反応だった。




ただ、この歌ヒットの土壌は、


秋川雅史の「千の風になって」。新井満の作詞作曲である。


この歌が、もたらした、詞からの大きな世界。


感度的な詞が、


より、演歌にも波及してきたのだろう・・・。



またまた、その延長線上に


秋元順子の「愛のままで」がある。




歌は連鎖するものなんだ。



余談めいたが、


ちあき哲也に戻そう。



代表曲は、30年前にのぼる。


そう、庄野真代の「飛んでイスタンブール」。


♪飛んでイスンタンブール、恨まないのがルール・・・


韻をふんだ作詞は、現在のラップの先駆けだ。


そして、少年隊の「仮面舞踏会」。


松崎しげるのグリコのCM曲にもなった「黄色い麦わら帽子」、


数少ないヒット曲だが、


独特の世界観を持った


史上に残る作詞家のひとりでもある。



スポンサーサイト
【 2009/11/26 (Thu) 】 作詞家列伝 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL