至近距離の幸せ

手つかずのままの文章に、”しあわせ”と書き込んだ・・・。 少し、少しだけ、ココロが半歩、歩いた気がした。
0312345678910111213141516171819202122232425262728293005

アイドル列伝:郷ひろみ




アイドルといえば、



御三家から入ろう。


といえば、


橋幸夫、舟木和夫、西郷輝彦・・・




いやいや、


せめて、


郷ひろみ、野口五郎、西城秀樹から、はいりましょう。


男からです。


う~ん、南沙織から始めたかったけど・・・・




まずは、郷ひろみ。


本名原武裕美、ジャニーズ出身です。


デビュー曲は、あの越路吹雪のマネジャーでもあり、加山雄三などの作詞も手掛けた


岩谷時子作詞の「男の子女の子」です。作曲は押しも押されぬ、歌謡界の作曲家の大御所、


筒美京平。


ジャニーーズ一押しの大々的なデビューもあり、甘いマスクもあり、


いきなり、話題性だけはブレイク。ただ、曲は、あまり売れなかった。


そこを、踏ん張って、大ブレイクしたのは「よろしく哀愁」。


安井かずみの詞の良さもあり、


一皮むけた郷ひろみの誕生でした。


その後は、「お嫁サンバ」という、当時、郷自身もいぶかしげで


「え~っ!」というようタイトルといい、歌詞も♪あわてないでお嫁サンバ・・・


絶大なるアイドルに、この歌詞です。


郷もやぶれかぶれで歌ったそうです。


それがそれが、ミスマッチというか、どんでん返しというか、


大ヒットに至りました。


今でも、カラオケでも歌われる上位です。



郷ひろみは、ジャニーズでは、それまでは、フォーリーブスが陣取っていましたが


帝王に君臨しました。




何年か後には、移籍騒動が勃発。


バーニングプロに移籍しました。


ジャニーズを蹴って、バーニング(細川たかし、小泉今日子など所属)に行くのは


かなり勇気のいることですが、・・・


お金の問題と郷の父親の存在が取りた沙汰されていました。




その後、ヒット曲や、テレビドラマ、「ムー一族」での活躍もあり、



二谷英明、白川由実の娘の二谷友里恵との結婚、離婚、


自宅に女を連れ込んでいたことが、元妻の手記で暴露されダメージを受けました。


鳴かずと飛ばずの時もありましたが、


高須クリニックの成果?もあり、


♪あっちち~・・・で、また再度ブレイクしました。



今でも、何かの特番音楽ではスペシャルゲストで、♪ジャパ~ンと叫んだりの


ショータイムを盛り上げています。


まだ、アイドルしているのですから、


典型的な芸能人のお手本です。

スポンサーサイト
【 2009/11/26 (Thu) 】 アイドル列伝 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL