至近距離の幸せ

手つかずのままの文章に、”しあわせ”と書き込んだ・・・。 少し、少しだけ、ココロが半歩、歩いた気がした。
0312345678910111213141516171819202122232425262728293005

アイドル列伝:野口五郎






野口五郎。


名前の由来はアルプスの”野口五郎岳”からきてます。


えらいことです。



デビュー曲は、「博多みれん」。


演歌である。


これが鳴かず飛ばずさっぱり。


♪恋を拾って・・・・・いつも泣くのは女だけ・・・


ガキに演歌はきつい。


いい歌でしたが、売れませんでした。



そこで、


第二弾は、「青いリンゴ」。


「ブルーライトヨコハマ」の橋本淳、筒美京平のヒットメーカーコンビです。


さっそく、ラジオから火が付き、大ヒット!


♪青いリンゴを抱きしめても 思いでさえ帰らない・・・


名曲です。


これをきっかけに、スターダムに登りつめます。


「オレンジの雨」とか、中途半端な歌も多いですが、


「甘い生活」で、大人への歌の新境地を開き


実兄に作曲してもらった、「私鉄沿線」が、


野口五郎の存在を確固たるものにしました。


独特のビプラート歌唱法は、聞く側に食傷気味にもなりました。


「君が美しすぎて」、「針葉樹」もありました。


物マネのコロッケにデフォルメされた物マネは格好の餌食でした。


鼻くそほじくりながら歌う様は、本人はやってはいませんが


いかにものようでした。


段々と鳴りをひそめ・・・


後々に、「19:00時の街」の小ヒットが最後のヒットとなりました。




三井ゆりと結婚後は、


モノマネのCDを作成したり、ドラマ、映画にも出たり、


独自の活動もしたり、


ギター奏者でもあります。




野口五郎は、図太く、


息づいていくことでしょう。
スポンサーサイト
【 2009/11/26 (Thu) 】 アイドル列伝 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL