FC2ブログ

至近距離の幸せ

手つかずのままの文章に、”しあわせ”と書き込んだ・・・。 少し、少しだけ、ココロが半歩、歩いた気がした。
1012345678910111213141516171819202122232425262728293012

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- (--) 】 スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

作詞家列伝:橋本淳第2弾


橋本淳。


グループサウンズの作詞を席巻。


タイガースをはじめ、そうです、あのレコード大賞に輝く「ブルーシャトー」。


一連のブルーコメッツの作詞、「北国の二人」、「草原の輝き」、「さよならのあとで」等々・・。


ゴールデンカップスの「長い髪の少女」、


忘れていけないのは、ビレッジシンガース。「バラ色の雲」のデビュー曲を手掛け、


三曲目に、平成に島谷ひとみがリメイクして大ヒットした「亜麻色の髪の乙女」の本家本元が


そうだったんです。


この頃の作曲家、名コンビが、あの筒美京平と、ドラクエでおなじみのすぎやまこういちなのです。


橋本淳は、昭和歌謡に貢献してます。


いしだあゆみの「ブルーライトヨコハマ」、ベンチャーズ作曲の奥村チヨの「北国の青い空」


ヒデとロザンナの「粋なうわさ」、「愛は傷つきやすく」など・・


平山三紀の「真夏の出来事」。美樹たかしの「あなたが選んだ僕だから」。


平尾昌明と畑中葉子の「カナダからの手紙」。内藤やす子の「弟よ」。


欧陽菲菲の「雨のエアポート」。




演歌も手掛けました。


森進一の「望郷」、ザ・ピーナッツの「大阪の女」


アイドルにも、野口五郎には「青いリンゴ」、


郷ひろみにも「誘われてフラメンコ」、「あなたがいたから僕がいた」等。


数えればキリがないぐらいです。


その橋本淳世代に台等してきたのが、なかにし礼です。


ザ・ピーナッツの「恋のフーガ」を皮切りに、弘田三枝子の「人形の家」の大ヒットし、


黛じゅんの「天使の誘惑」、「夕月」等


やはり、菅原洋一の「知りたくないの」の作詞でしょう。

♪あなたの過去など・・・


ここまで、橋本淳と、なかにし礼を列挙しましたが、作詞パターンを解明しましょう。


つづく。


スポンサーサイト
【 2009/11/26 (Thu) 】 作詞家列伝 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。