至近距離の幸せ

手つかずのままの文章に、”しあわせ”と書き込んだ・・・。 少し、少しだけ、ココロが半歩、歩いた気がした。
0512345678910111213141516171819202122232425262728293007

アイドル列伝:小柳ルミ子




新御三家、ひろみ、五郎、秀樹。



対して女性軍のアイドルは、


小柳ルミ子、南沙織、天地真理でした。



まずは、小柳ルミ子。


ナベプロです。宝塚歌劇団の出身でもあります。


デビュー曲は、「私の城下町」。


♪格子戸くぐりぬけ 見上げる夕焼けの空に・・・


鳴り物入りではありませんでしたけど、


早々と、1曲目から大ヒットで、オリコンの1位になりました。


作詞は、郷ひろみの「よろしく哀愁」などを書いた安井かずみ。


作曲は五木ひろしの「よこはまたそがれ」、布施明の「恋」、「霧の摩周湖」などの


平尾昌晃。「必殺」シリーズの音楽も手掛けました。


このコンビによる歌は、”日本抒情歌謡”とも呼ばれました。


これだけ売れたのに、ステージ衣装は自前だったと、


最近、テレビで当人が語っていました。


母に作ってもらっていたと・・・。


まだまだ、厳しかった当時の芸能界を想像させます。



「お祭りの夜」、「雪明かりの町」、「漁火恋歌」、「京のにわか雨」と、


日本抒情歌謡シリーズの歌が


立て続けにヒットしましたが、


極めつけの歌は、やはり、


「瀬戸の花嫁」でしょう。


この作詞は、「翼をください」の山上路夫でした。


詞の良さも手伝って、大ヒットになりました。


小柳ルミ子は第一線の歌手になりました。



だが、いい歌でしたが「十五夜の君」あたりから、あきられ失速しました。



その後、起死回生にヒットが出ました。


「星の砂」が大ヒットしました。


その歌は、作詞を、なんと関口宏が書いたのです。


(当時、関口宏は俳優から司会業に転身、懐かしの「クイズ百人に聞きました」では、


肩肘付いた司会ぶりが大柄だと騒がれましたが、高視聴率で長く続きました。このワクは


今の「東京フレンドパーク」につながっているのです。凄いですね~。)


横道にそれましたが、横道ついでに、


この曲の作曲者は・・・


これまた、なんと、


ヒデとロザンナの


今は亡き、出門英でした。


いい曲でした。



またまた、その後、


杉本真人作詞作曲による「お久しぶりね」、「今さらジロー」でもヒットを飛ばしました。


ちなみに、杉本真人は、最近では、「吾亦紅」の大ヒットで紅白にも出演。頑張ってます。



映画にも出演しました。


東映の「白蛇抄」で大胆なヌードを披露し話題にもなり、ヒットしました。


日本アカデミー賞の女優賞にも輝きました。



結婚は年下のダンサー、大隅賢哉としましたが、


ご存じのような、条件付きの別れ方をしました。


その条件が、1億円分割払いとか、どうとか、


あまりにも、大物歌手としては、いさぎよさが無くて、


興ざめするハメになりました。



その後は、人気も下降線をたどり、


こんにちの小柳ルミ子に至っています。





*余談:川中美幸の代表曲でもある、「遣らずの雨」。


この曲は、小柳ルミ子の初期のアルバムからのカバー曲でもあります。


スポンサーサイト
【 2009/11/26 (Thu) 】 アイドル列伝 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL