至近距離の幸せ

手つかずのままの文章に、”しあわせ”と書き込んだ・・・。 少し、少しだけ、ココロが半歩、歩いた気がした。
0512345678910111213141516171819202122232425262728293007

作曲家列伝「すぎやまこういち」


ここで紹介する、


すぎやまこういちは、筒美京平の恩師でもある。


また、コンビの作詞家の橋本淳も弟子である。


それからにしても、伝説の作曲家でもある。



元は、フジテレビの社員であった。


クレージーキャッツの「大人の漫画」のディレクターとしての辣腕をふるった。


だ、が退社し、ナベプロとの縁で、作曲家として、


ザ・ピーナッツの「恋のフーガ」が大ヒットした。


これには逸話があって、この曲は編曲の素晴らしさも相まっての成果ということもあり、


すぎやまこういちは、編曲の宮川泰にも印税も分けるとい話も残っている。いい人だ。




その後、グループサウンズのシャープホークスの「遠い渚」が


スマッシュヒット!


GSとは一線をかす、フォークなメロディは玄人受けをした。



そして、GSのキング、不動の金字塔、タイガースを手掛ける。


「僕のマリー」、「モナリザの微笑」、「シーサウンドバウンド」、


「君だけに愛を」と立て続けにヒットし、タイガースは不動のGSナンバーワンに君臨する。


特に加橋かつみが初めてソロの「花の首飾り」は、月刊平凡の作詞募集によるもので、


なかにし礼が補作詞し最大のヒットとなった。


加橋の透き通る声、甘いメロディにみな驚き、酔いしれた。


そして、シングルのもう1曲が、橋本淳作詞「銀河のロマンス」。


これが今のカップリング曲のはじまりではなかろうか・・・。


普通なら、どちらかがB面扱いになるのだが、この曲も最高で、


沢田研二がいつものごとくのソロでやさしく歌い上げる。


まさにグループサウンズを象徴する歌ではないだろうか。


詞のタイトルといい、メロディ、断然、王道の曲である。


この2曲が入ったシングルは、甲乙つけがたい屈指のレコードであった。


これぞ、すぎやまこういち。



また、ビレッジ・シンガースには「亜麻色の髪の乙女」を提供。


これがヒット。


近年、島谷ひとみでもカバーされ、再度、大ヒットになった。


♪亜麻色の長い髪を風がやさしくつつむ・・・♪


これまた、すぎやまこういちワールド。




ガロの作詞家山上路生「学生街の喫茶店」も彼だ。


このメロディはGSにはない、フォーク調で、


大野真澄の歌声とともに、


今でも歌い継がれる。


ガロ2作目の「君の誕生日」も、


メロディメーカーたる大御所の貫録だった。



提供数は少ないけれど、あえてなのか?


CMソングも、大手ばかりで、


2000曲以上にものぼるという。


器用でもあり戦略家。




それを裏付けるのは、


みなが知る、「ドラゴンクエスト」シリーズの作曲は彼の手によるものだ。


先を見据え、時代を捉える。



すぎやまこういち。恐るべし。



日本音楽界を牽引した天才コンビ、筒美京平も、橋本淳も、師事するはずである。



すぎやまこういち。天才。
スポンサーサイト
【 2013/05/05 (Sun) 】 作曲家列伝 | TB(0) | CM(1)
すぎやまこういちさんについて
拝啓 よろしくお願いいたします。 人間と言うものは「好き嫌い、尊敬軽蔑」色々な感情が在り、極めて個人的な感覚、受け取り方によって変わります。此処はあくまでサイトヘッド様の城であり、ご迷惑がかからぬ様に最善を尽くします。この「すぎやまこういち」と言う人は、過去色々な発言があり全て証拠保全しております。まぁこのへんについてはご訪問の皆様方のご要望があれば公開いたしますが、個人的には嫌いな部類に入ります。(実は嫌いと言うのはまだ良い方で、中にはパッシング(無関心)と言うのが一番怖い)
ただ今回、こういった中でもほんの数曲、今回ご紹介する「帰って来たウルトラマンのテーマ曲」は好きでした。1971年頃と思われますが、当時極めて悲惨な状態だった円谷プロがやっと再起し、その第一弾としてかなりパワー入れて制作されたのが「帰って来たウルトラマン」でした。まず今までのウルトラシリーズの主題歌の中でも最も明るくノーテンキであり、編成オーケストレーションも巨大でした。フルブラスにシロフォン、ティンパニーに充分な弦も居た。ハープの使用等も初めてでしょうね。イントロからして「ベンチャーズスタイルに強引にジャズのエッセンスを練りこんだ」様なイントロ、ホルンも活躍します。何よりも自分が興味関心を持ったのが「エンディング」です。このティンパニーの鳴らし方はもろに「ショス5のパクリだ」と。星の数程ある特撮番組の主題歌で、こういうエンディングはおよそ初めてでした。なるほど正規の音楽教育を受けたわけでは無く、クラシックのスコアの分析や、現地現場での実地で音楽的技術を身につけた人だなぁと思いました。(こういう人が筒美京平さんの師匠とはどうにも不思議なのですが、まぁ色々な事を学んだのでしょう 此処では書けませんが) なお自分は、個々の政治的発言の有無何某については語りませんし興味もありません。
何曲かのメロディーは好きですよ。  敬具 
【 2017/09/28 】 編集
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL