至近距離の幸せ

手つかずのままの文章に、”しあわせ”と書き込んだ・・・。 少し、少しだけ、ココロが半歩、歩いた気がした。
091234567891011121314151617181920212223242526272829303111

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- (--) 】 スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

作曲家列伝「村井邦彦」




村井邦彦。

やはり、

赤い鳥の「翼をください」が有名です。

今や、学校の教科書の定番になり、

もうこれだけで十分にご飯が食べられます。


この方は、フォーク系が得意分野。

トワ・エ・モアの「或る日突然」、ガロの「美しすぎて」があるが、


グループサウンズでは、モップスの「朝まで待てない」、

これは、阿久悠の初の作詞で小ヒットし、


萩原健一がいたテンプターズには「エメラルドの伝説」が大ヒットし、


ズ・ニ・ブーの「白いサンゴ礁」は、GSアイドル化された中で、


実力バンドとしての大ヒット!♪青い海原・・・空飛ぶカモメ・・・♪


町田義人の甘いボーカルは、業界受けもあり、


グループ解散後、ソロとして、角川映画「野生の証明」で


「戦士の休息」村井作曲ではないがヒットした経緯があります。


この映画はご存じのように、薬師丸ひろ子のデビュー作でもあり、


「お父さん、怖いよ、戦車が来るよ!」のコピーでおなじみでした。



話が脱線しました。


他に、タイガースの加橋かつみが初めてのボーカル、


すぎやまこういち作曲「花の首飾り」の後に加橋の第2弾ソロが


村井の「廃墟の鳩」でした。


これは、作詞に「翼をください」コンビの山上路生の独特の世界観、


平和の象徴、廃墟を鳩が飛ぶという反戦的なテーマを持った


GSにはかってない曲でした。


これは、まさに名曲です。


「廃墟の鳩」のタイトルも当時、斬新で、メロディも


心にやさしく響く素晴らしい出来栄えです。



タイガースには、他に、なかにし礼作詞で「美しき愛の掟」もあります。



歌謡曲としては、あのピーターがレコード大賞新人賞に輝く、


なかにし礼作詞の「夜と朝のあいだに」があり、


ピーターの低音に魅了されました。


辺見マリの「経験」も印象深い作品です。


♪やめて、くちづけするのは・・・やめて・・・♪


色気づいた男には、たまらない、


“やめて・・・”のため息まじりの声は、


世間にセンショーナルを与えました。



森山良子には「恋人」を提供、


あの和田アキ子のデビュー曲「星空の孤独」は編曲として携わりました。



やはり、村井邦彦の極めつけは、北原ミレイの


阿久悠作詞で、とても画期的な詞方で、「ざんげの値打もない」。


これには、業界は驚愕を持って迎えられました。


作詞が特に話題になり、5番まであるが、


4番目が刑務所の中というだけで削除され、


ここ最近、「歌謡コンサート」で遂に幻の4番が披露されました。


と、いうように、作詞に趣が置かれましたが、



この詞、この曲ありだからこその出来栄えなのです。


村井邦彦、フォーク的に思われがちでしたが、


この作品は最大のエポックでした。




そして、札幌冬季オリンピックのテーマ曲、トワ・エ・モアの


「虹と雪のバラード」は競技場の全会場にかかり、


日本は、この歌一色になりました。


フギィヤの白い妖精、ジャネット・リンの尻もちを着きながらも


銅メダルに輝き、笠谷のジャンプ、金銀銅を日本人がかっさらう


偉業のさなか、この曲は国民の心をわしづかみにしました。


今でも、たまに、トワエ・モアは再結成して、


あのこのままの歌声を響かせています。



プロデューサー能力もたけており、


あの荒井由美(松任谷由美)を輩出し、伝説のYMOも生み出しました。



村井邦彦。


枠にとらわれないメロディ。


しっかり、ずっしり、心に残ります。
スポンサーサイト
【 2013/05/09 (Thu) 】 作曲家列伝 | TB(0) | CM(1)
同じ彦でも彦違い 必殺商売人参上
拝啓 よろしくお願いいたします。この「村井邦彦」なる人物についての正直な私見は「非常に上手くクリエーターからビジネスマンに乗り換えた世渡り上手な男」と。同じ「彦」でも、「最後までクリエーターに拘りプライドを捨てきれずに頂点を登りつめられなかった男=加藤和彦」とは決定的に違っていた点でした。確かに作曲家として初期にはある程度の名作や佳作を残したのですが、後半はプロデューサーやレコード会社、スタジオ関連(アルファレコード スタジオA)等のビジネスに特化し、色々と?の点が在りながらも一応の成功を収めた男でした。やはり人間と言うものは、ある時点で「右か左か?戻るか行くか? 此処が覚悟の決め所」と言う分岐点が必ず来ます。その際にプライドを捨てて身や実を取るか?否か? の相違でしょうね。つまり「現世ご利益で記録に残るか? 来世ご利益で記憶に残るか?」 同じ彦同士でも加藤和彦は後者を選び、村井邦彦は前者を選んだ それだけの違いでしょう。共に「立派なスタジオを所有」していましたが、後半どちらも手放しています。
敬具
【 2017/10/10 】 編集
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。