至近距離の幸せ

手つかずのままの文章に、”しあわせ”と書き込んだ・・・。 少し、少しだけ、ココロが半歩、歩いた気がした。
0312345678910111213141516171819202122232425262728293005

作曲家列伝「鈴木邦彦」


鈴木邦彦。


黛ジュンのデビュー曲、「恋のハレルヤ」を提供。



これが、大ヒット!黛のミニスカート、


セクシーなハスキーボイスにのり、大ヒット!



続いて、「乙女の祈り」、


決定打はレコード大賞に輝く「天使の誘惑」です。


どれも、なかにし礼の作詞。名実とも売れっ子作曲家の仲間入り。


後の月刊平凡の作詞募集のひとつ、


「雲にのりたい」も名曲のひとつです。




グループサウンズには、


ゴールデンカップスの橋本淳作詞「長い髪の少女」が大ヒット!


ディブ平尾とマモルマヌーの組み合わせの歌声は甘いメロディと共に


人気の頂点に登り詰めました。






何と言っても、世間を驚愕させた1曲があります。



そうです。奥村チヨの「恋の奴隷」です。


なかにし礼作詞の♪あなたと逢ったその日から、


恋の奴隷になりました・・・♪と続き、サビが、


♪あなた好みの、あなた好みの、女になりた~い・・・♪の


“あなた好みの女になりたい”が、当時、この歌詞が問題なり、


NHKでは歌えなかったほどです。



あの時代は、歌詞にうるさく検閲があるかのように・・・

フォーククルセダースの南北朝鮮を分ける歌、

“リムジン河”も発売禁止にもなり、



何かと、うるさい時代の中、この「恋の奴隷」はセンセーショナルで、


奥村チヨの色香の歌手の扱いとなりました。



それまで、ベンチャーズの「北国の青い空」のように純な歌から、


いきなりの♪あなた好みの・・♪ですから、


驚きですが、奥村チヨの代表曲でもあり、


鈴木邦彦の幅広い曲想に、業界は拍手を持って賛辞を送りました。




また、青春歌謡の代名詞、森田健作の「さらば涙と言おう」、


「友達よ泣くんじゃない」は、熱き青春ドラマ「俺は男だ!」での主題歌でもあり、


ドラマの視聴率と、歌のヒットの相乗効果で、


健作の“吉川く~ん!”のセリフと共に、


日本中の話題をさらいました。



さらりとしたメロディの中にも、心に強く残ります。



また、アイドルには、西條秀樹には、「情熱の嵐」、「愛の十字架」、「薔薇の鎖」等を提供、





渋めでは


朱里エイ子の「北国行き」は、朱里の歌唱力もあり大ヒット!代表曲でもあります。



江利チエミの「酒場にて」は、


知る人ぞ知る名曲です。




もう1曲、前川清の「恋唄」は、



名曲中の名曲、



阿久悠の作詞がまた良く、



惚れ惚れするメロディです。




鈴木邦彦。



たくさんのヒット曲には恵まれませんでしたが、



作曲家史上、燦然と輝くひとりです。


スポンサーサイト
【 2013/05/12 (Sun) 】 作曲家列伝 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL