至近距離の幸せ

手つかずのままの文章に、”しあわせ”と書き込んだ・・・。 少し、少しだけ、ココロが半歩、歩いた気がした。
1012345678910111213141516171819202122232425262728293012

作曲家列伝「川口真」




川口真。




この世に川口真ありを証明したのは、


弘田三枝子の「人形の家」です。


弘田三枝子が整形までし痩せてイメチェン、


作詞になかにし礼をもって、大ヒットしました。



最近、徳永英明が、アルバムでこの曲をカバーしましたが、


弘田三枝子の独特の世界にはかないません。


次作の「私が死んだら」という、なかにし礼作詞ならではのタイトル、


哀切な曲は、さほど売れませんでしたが、いい曲でした。




尾崎紀世彦の「また逢う日まで(筒美京平)」の次作が、筒美でなく、


川口の「さよならはもう一度」です。エントリーされたのでしょう。


尾崎の声量をいかした、のびのある愛のバラードでした。



金井克子の「他人の関係」は、


顔を右手でかざすポーズが受け、


大人の愛を歌った歌謡曲ならではの曲調でスマッシュヒット。



その意を汲むのは、内田あかりの「浮世絵の街」です。


ベテランが息を吹き返すのに、川口真は一役買っています。



その流れは、西郷輝彦まで及び、


ポップな西郷の「真夏の嵐」は、


久々のヒットになりました。



また、中尾ミエに「片思い」の後世に残るバラードも忘れられません。



布施明には「積木の部屋」は有馬三恵子作詞、


かぐや姫の「神田川」の詞を意識した作りだが、


布施の曲の中でも代表曲のひとつでもある。




そして、お色気路線の走り。ちょっと、奇をてらったところで、


夏木マリの「絹の靴下」。「お手やわらかに」では、


阿久悠のコピーな歌詞と手を招きよせながらの振り付けも話題に。


夏木マリの存在を高めました。





アイドルとしては、アン・ルイスのデビュー曲が、


おなじみ、なかにし礼作詞の「白い週末」です。


ヒットしませんが、あのアン・ルイスの誕生です。




そして、極めつけの曲の誕生です。


由紀さおりの「手紙」です。


詞は、やはり、なかにし礼。



意味深で、深い男女の心模様を見事なメロディで表現。


ロングラン大ヒットにつながりました。


由紀にとっても、「夜明けのスキャット」に並ぶ、自慢の1曲です。




このように、作曲家の地位を強固なものですが、


編曲家としても、一流。


森山加代子のカムバック曲の「白い蝶のサンバ」は、


編曲の妙のたまもののヒット。


安西マリアの「涙の太陽」、鹿内孝の「本牧メルヘン」、


渚ゆう子の「京都の恋」等々・・・



また、テレサ・テンの「つぐない」、「愛人」、


「時の流れに身をまかせ」も担当していたとは意外でした、


山口百恵の「いい日旅立ち」もそうです。


川口真。


派手ではないのですが、しっかりとしたメロディは、心に残る作曲家です。
スポンサーサイト
【 2013/05/18 (Sat) 】 作曲家列伝 | TB(0) | CM(3)
川口 真
はじめまして
川口真さんの曲大好きです。
編曲も森進一「千年純情」が一番好きです。
作曲も編曲もすばらしい人ですね。
【 2014/12/11 】 編集
Re: 川口 真

ありがとうございます。

やはろ、昭和には

秀でた作家が

特出していました。


メロディがずば抜けていました。


この川口真氏は、

おっしゃる通り、作曲も、編曲も一体でしたネ。
【 2014/12/14 】 編集
川口真氏の凄さとは?
拝啓 この凄いサイト様との出会いに心より感謝を。今こうして「川口真さん」について書かせて頂きますとまず思うのは「正規音楽教育 芸大出=卒業だの中退だのは関係無し」と。過去こういった傾向の方に「萩原哲晶氏」がおられますが、共通して「コンポーザーとしてもアレンジャーとしても一流なのでとにかくつぶしが利く事」です。自分が中学生から和製ポップスを聞き始めてから調べますと、この川口真さんは相当以前から作曲家としても、それ以上に編曲家として重宝されておられましたね。ご承知の通り「大作曲家?の諸先生の中には、アレンジが苦手というか出来ない?方」もおられますね。また両刀遣いの方ってぇのは珍しいのです。また作曲編曲共に凄い仕事を残している方ってぇのも珍しく、川口真さんの凄さは此処でも解ります。「熱帯魚、積み木の部屋、手紙、五月のバラ、弟よ」などのメロディーラインの良さ 「白い蝶のサンバ、雨の御堂筋、涙の太陽」等のアレンジの見事さ 等だけでも只者では無いと。しかし今回何より皆様にお話したいのは実は「ウルトラマンタロー」の作編曲です。正直高校生の頃初めてこの曲を聴いた際、ぶったまげましたね。何か「川口さん、フューズがぶっ飛んで暴走した爆走トレイン」の様で、、、、まず当時の円谷プロには「円谷一と言う音楽好きの長男」がいて、主題歌の作詞を東京一名義で行い、「冬木透、葵まさひこ、すぎやまこういち」といったヒットメーカーが主題歌作曲担当でしたが、一の没後「作詞に阿久悠」を迎え、昭和のヒットメーカー川口真氏に主題歌依頼したのは大正解でした。阿久悠の詩は、本当に人を馬鹿にした様な単純明快な解りやすさをすっ飛ばした様な詩、こんな詩に対して川口真氏は物凄い曲を創造した、、、まず「オーケストレーションがかなり大きくとにかくド派手、大人数の弦にフルブラス、アナログシンセにリードギターには、オーバードライブをギンギン利かせてティンパニーの強打に乱打、途中にサビから異名同音にて突然転調して、マイナーからメジャーになだれ込む作法やり方は、そういえば白い蝶のサンバもこんな具合だったかなぁ?と髣髴させる名曲でしたね。まずこんな凄い曲は既成の方では出来なかったでしょうね。日頃のストレス解消されたのかもしれませんが(爆笑) 大切な事は、こういった凄い事をやるには「やはり、正規の音大できちんと基礎を学ばれたから」と確信いたします。特に「ホルンの使用法」が上手い。こういうちょっとした所にクラシックの基本が出るのですよ。例えば?「初作ウルトラマン=宮内國男さん等もホルンを多用」されましたが、いかんせんジャズ系の方ではどうも古臭い?部分が目立ちセンスが感じられなかった、、、、これが後半冬木さんあたりから俄然クラシック色が濃くなりますが、ここらから面白くなりました。そして「タローの川口真さんでとどめを刺す」のです。ぜひぜひ皆様一度聴いてみて頂けませんか? 改めて川口真氏の凄さを実感して頂けます。 敬具
【 2017/09/26 】 編集
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL