至近距離の幸せ

手つかずのままの文章に、”しあわせ”と書き込んだ・・・。 少し、少しだけ、ココロが半歩、歩いた気がした。
0512345678910111213141516171819202122232425262728293007

作曲家列伝「馬飼野康二&俊一」



馬飼野康ニ。


兄に馬飼野俊一。



兄弟揃って、ヒットメーカーは珍しい。




特に弟の康二は凄い。



代表曲のひとつに、今でも歌い継がれる松崎しげるの


「愛のメモリー」がある。


これは、当初、期待されず、松崎が海外での音楽賞を受賞し凱旋し


これが、きっかけで一躍、日本でのブレイクとなった。


松崎の声量ある歌声、抜群のメロディは、今でも新鮮です。


松崎の顔の黒さとこの曲は、名刺です。




80年代アイドルも席巻。


西條秀樹の「激しい恋」、「ちぎれた愛」、「傷だらけのローラ」を


シャウトするヒデキにファンは熱狂。


そして、ヒデキには、後世に残る名曲があるます。


阿久悠作詞の「ブルースカイブルー」です。


サビが2つある、とても壮大で爽快なメロディです。


高らかに歌う西條秀樹の歌唱力を発揮した曲です。


ファンなら、一押しでしょう。


この曲こそ、馬飼野康二の世界です。




その後のアイドルには、河合奈保子に「スマイル・フォー・ミー」、


榊原郁恵には、「いとしのロビンフッドさま」、


岩崎宏美に、幽霊声が入っているという噂の「万華鏡」、


石野真子に「ワンダーブギ」を。



小泉今日子には、「艶姿ナミダ娘」、「渚のはいから人形」も


大いに受けました。ここにキョンキョンありです。




ジャニーズでは、フォーリーブスに「ふたりの問題」がきっかけで、


近藤真彦には、「ケジメなさい」、「夕焼けの歌」、


男闘呼組の唯一のヒット、「TIME ZONE」等があり、


この流れで、次から次へと、ジャニーズに関わっていきます。





少年隊、SAMP、光GENJI、キンキ、嵐、KAT-TUN、関ジャニ、タッキー、NEWS、


テゴマス、Hey!Say!JUMPなど・・・・ジャニーズの歴史を飾る。


御年65歳。現在も真っ只中の活躍。驚異です。


きっと、ジャニー喜多川氏に、絶大なる信頼を得ているのですネ。


凄いです。



意外な作品をあります。


武田鉄矢と芦川よしみのデユェット曲、「男と女のラブゲーム」です。



とにかく、


馬飼野康二、今日に至って、パワーある作曲家です。


80年代から~2013年にわたり、一線です。


驚愕です。



今度は、兄の紹介です。


馬飼野俊一。

この方は、作曲よりも、編曲家として有名です。


アグネス・チャン、天地真理、クルールファイブ、加藤登紀子、


北原ミレイ、森進一など、ほぼモーラし、




唯一の作曲は、チェリッシュの結婚ソングの定番


「てんとう虫のサンバ」が有名です。


また、「白いギター」も名曲です。




野口五郎に「君が美しすぎて」もありますが、



編曲家としての顔が一番です。



馬飼野康二、俊一。



兄弟揃っての活躍。


この世界観は独特です。
スポンサーサイト
【 2013/05/18 (Sat) 】 作曲家列伝 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL