至近距離の幸せ

手つかずのままの文章に、”しあわせ”と書き込んだ・・・。 少し、少しだけ、ココロが半歩、歩いた気がした。
0312345678910111213141516171819202122232425262728293005

作曲家列伝「平尾昌章」



平尾昌章。



ロカビリー時代、ミッキー・カーチス、山下の3羽ガラスとして、


日劇を興奮のるつぼと化したひとり。



その後、結核で長期治療を余儀なくされ、遠ざかる。


しかし、それが、作曲家としての礎となる。



まず、復帰後、布施明に「霧の摩周湖」を。


それがヒットする。


続けて、「恋」、「愛の園」もヒット、


そして、「愛は不死鳥」が大いに受け、


「魅せられて」のジュディオングの羽広げが有名だが、


先に布施は、NHK紅白で衣装の両腕にすだれみたいなモノをくっつけ、


大きく両手をあげ、高らかに歌う姿が今も忘れられません。


この曲が、平尾メロディの原動力になりました。




そこからが勝負の時が来ました。


2人の大スターを誕生させたのです。



その一人は、小柳ルミ子。


宝塚出身の小柳が、和風歌謡でデビューしました。


その歌は、「わたしの城下町」です。


日本情緒歌謡。♪格子戸 くぐり抜け 見上げる夕焼けの空に・・♪


安井かずみの詞もよく、


日本のアイディンティを揺さぶるメロディは、国民の心を捉えました。



平尾、小柳、快進撃です。


「お祭りの夜」、「雪あかりの町」ときて、


今度は、作詞に山上路生による「瀬戸の花嫁」が決定打です。


今も歌い継がれる小柳の代表曲です。


その後、「京のにわか雨」、「漁火恋唄」までは売れたのですが、


しばし停滞。



小柳自身は、平尾以外で、ヒデロザの出門ヒデ作曲と作詞関口宏の


異色コンビで「星の砂」を、また杉真人による「お久しぶり」を


ヒッさせましたが、平尾とのコンビは、そこまででした。



そして、現在、演歌界の頂点を極めた男をデビューさせているのです。


五木ひろしです。



当時、五木は何度も歌手名を変えては売れず、


勝ち抜き番組「歌謡選手権」の10週勝ち抜けば、


再デビューが出来る権利を獲得しました。
(有名なところで、八代亜紀もその番組から)


そこで、審査員を務めた平尾と作詞に銀座ママの山口洋子のコンビで、


「よこはまたそがれ」を。


これが、起死回生のヒット!


♪よこはま たそがれ ホテルの小部屋 くちづけ 残り香 煙草の煙♪


当時、単語切りの詞が評判を呼びましたが、盗作疑惑も生みました。


それを乗り越える、♪あの人行っていってしまった・・・♪のメロディは


耳に残り、五木を一躍、スターに仕立てました。


「長崎から船にのって」、「ふるさと、「夜空」とヒットを連発しました。



見事に五木を復活させたのです。



その流れで、平尾、山口コンビの中条きよしの「うそ」も


詞の良さもさることながら、見事な歌謡演歌を生み出しました。


山川豊には、「アメリカ橋」の小品もあります。



他に、梓みちよには「渚のセニョリータ」があり、


「二人でお酒を」は、梓のあぐら座りの歌い方も話題になり


よくスナックのカラオケで歌われたものです。



古株では、伊東ゆかりの「恋のしずく」も、


平尾メロディの原点でもあります。



懐かしいところで、ジュン&ネネの「愛するってこわい」もヒット。


レズっぽさが売りだったのも今では可愛い仕掛けです。



アイドルには、


アグネス・チャンの「草原の輝き」、「愛の迷い子」があります。


天地真理には「ふたりの日曜日」。


大場久美子の人気番組“コメットさん”の


主題歌「キラキ星あげる」もそうです。



アン・ルイスの「グッバイマイラブ」は、


今までにない平尾の洋楽なメロディは、


アンにとってイメージを変える1曲になりました。



水谷豊には、人気番組“熱中時代”の主題歌、


「カリフォルニアコネクション」という代表曲を提供しました。


幅広いジャンルへの活躍です。




平尾の才能は歌謡界にとどまらず、


これぞ、平尾。


必殺シリーズの音楽を手掛けました。


あの♪ジャジャジャ~ン・・・♪の出だしは、これぞ必殺!


主題歌も、当時、中学生だった西崎みどりの「旅愁」が大ヒット!


山下雄三の「荒野の果てに」、三井由美子の


「やがて愛の日が」もヒットし、


まさに、必殺シリーズは、藤田まこと同様、貢献者のひとりです。



そして、


本人が、教え子、畑中葉子とのデユエット曲があります。


橋本淳作詞で「カナダからの手紙」です。


♪ラブレターフローム カナダ~・・・♪


これがまた、大ヒットの快挙!



まさに、平尾昌章。


日本の心のやさしさを持ったメロディメーカーであります。




昨今では、氷川きよしに


なかにし礼作詞で、「櫻」という名曲を提供しました。


まだまだ、書ける作曲家です。
スポンサーサイト
【 2013/06/01 (Sat) 】 作曲家列伝 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL