至近距離の幸せ

手つかずのままの文章に、”しあわせ”と書き込んだ・・・。 少し、少しだけ、ココロが半歩、歩いた気がした。
0312345678910111213141516171819202122232425262728293005

作曲家列伝「森田公一」



森田公一。




と言えば、


森田公一とトップギャラン。


「青春時代」です。




自らグループを率いての大ヒット。


この詞は阿久悠ですが、演歌調の7・5詞なのです。


これが、森田の軽いメロディとあいまり心地いい歌声が


受けました。



1970年代。


アイドルには、アグネス・チャンのデビュー曲「ひなげしの花」です。


♪ひなげしの~♪で始まるメロディと鼻を抜ける歌い方に


アグネス人気に一役買いました。


天地真理には、デビューを除いて、ほとんどのヒットを


手掛けました。

「ひとりじゃないの」、「虹をわたって」、「若葉のささやき」、


「恋する夏の日」、「想い出のセレナーデ」等があり、



キャンディーズにデビューの「あなたに夢中」、


「ハートのエースが出てこない」等、


岡田菜々に「青春の坂道」、


石野真子には「春ラ!ラ!ラ!」、


双子のリリーズに「好きよキャプテン」、


松尾ジーナ(懐かしい~!)に「気ままなジーナ」、


桜田淳子には、


「黄色いリボン」、「はじめての出来事」、「十七の夏」、


「夏にご用心」、「気まぐれヴィーナス」と連打。





男性歌手には


新井満の「ワインカラーのときめき」はCM曲として


ヒット。



渋くは、河島英五の「時代おくれ」が印象深いです。


研ナオコの「京都の女の子」はデビュー曲なれど、


さっぱり売れませんでした。



で、


最後に




森田公一の最大の曲は、


和田アキ子の「あの鐘を鳴らすのはあなた」です。



これは、1972年、TBSのプロが歌を競う番組で賞狙いでした。


「愛のメモリー」を若干意識し、声高らかに歌い上げるサビ、


当時、さほど、レコードは期待に反して売れませんでしたが、



今や、


和田アキ子とっての顔、代表曲になりました。



たくさんのヒット曲には恵まれませんでしたが、


森田公一の作曲家としての地位は、今だ揺るぎません。



*ちなみに、日本香堂、「青雲せいうん」のCM曲も自ら歌っています。

♪せいうん、せいうん・・・・

スポンサーサイト
【 2013/06/04 (Tue) 】 作曲家列伝 | TB(0) | CM(2)
ぐわ~
すごいサイトにヒットしてしまいました。
作詞作曲、(または昭和の?)アーカイブですね。
大変参考になります。
いろは様、何者ですか? プロの作詞家ですか。
むーワタクシも頑張りたいです。
またきます♪
【 2013/06/07 】 編集
ありがとうございます。
何者でもなく、


ただのおっっさんです。


ただ、高校生の時から、


作詞に興味があって、必然と、


作曲家まで、いきました。


絶対的な作詞家のファンは


あの橋本淳ですが・・・。


よかったら、

このサイトが、


私のメイン自主制作映画:動画サイトです。

http://www.chuei.jp/

よろしかったら、見てください。


コメディが大半ですが。
【 2013/06/12 】 編集
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL