至近距離の幸せ

手つかずのままの文章に、”しあわせ”と書き込んだ・・・。 少し、少しだけ、ココロが半歩、歩いた気がした。
0512345678910111213141516171819202122232425262728293007

作曲家列伝「猪俣公章」




猪俣公章。




あの古賀正男を師事。




森進一のデビュー曲の「女のためいき」で、


華々しく存在を高める。



それに加えて、往年の大歌手、水原弘に提供した「君こそわが命」が


大ヒット。


本格派作曲家の誕生。



その後、森には、月刊平凡の作詞募集
(他に、タイガース:花の首飾り、黛ジュン:雲にのりたい等がある)で、


なかにし礼補昨の「港町ブルース」もヒット。





そして、代表曲、「おふくろさん」が生まれる。


後に、森がコンサートで、この歌に、恩師作詞家の川内康範に相談せず、


独断で勝手にセリフを付け加え、さも、自分ストーリーの歌に仕立て上げ、


川内氏の逆鱗に触れ、「これは、日本のおふくろさん賛歌なのに!」と、


歌うことは封じられた事件が勃発。




川内氏の死去。



遺族の許可で、許されたという顛末がある。


(*余談だが、森は、いろいろ取り沙汰され、ケチだとか、
妹は伍代夏子と一緒に事務所を離れ決別、妻の森昌子にも三行半を
突き付けられ、利益のためなら引退の昌子を自分のコンサートに
強引に引っ張りだす、金の亡者ぷっりが災い)




横道はずれました。



森には、「冬の旅」、「さらば友よ」もあり、


演歌を超えたメロディは、猪俣ならではの才気です。





他に、


新人の藤圭子に「女のブルース」を提供。


阿久悠の作詞で、「京都から博多まで」は名曲です。




テレサ・テンのデビュー曲、「空港」は、


まさに、猪俣ワールド。



五木ひろしには、「千曲川」を提供。


この曲は、作詞家、山口洋子が五木の歌の中で、一番のお気に入り、


五木自身も、これが、歌手としてのスティタースを挙げたと


自負する渾身の1曲。





企画ものでは、


チャダの「面影の女」。


インド人による演歌でしたが、予想外にヒット。

(ジェロの「海雪」の先駆け?)





上沼恵美子が、若い頃、漫才の海原千里、万里で、一世を風靡した時代、


歌にも挑戦。


その「大阪ラプソディー」も、


大阪的な軽快なメロディが受け、ヒットしました。





そこで、


自宅に弟子入りさせて、満を持してデビューさせたのは坂本冬美です。


いきなり、「あばれ太鼓」がヒットし、後に、「祝い酒」が


それを上回るヒッとし、


坂本冬美は、演歌界の不動の地位を確立しました。




また、弟子のマルシアには、


「ふりむけばヨコハマ」を。


これまた、ヒットし、


猪俣は、演歌界の新しい風を吹き込みましたが・・・





残念ながら、1993年、


病死しました。


本当に惜しい作曲家を失いました。


演歌のワクを超えたメロディは、その後の演歌に


刺激的な影響を与えました。




猪俣公章。


凄かった。
スポンサーサイト
【 2013/06/11 (Tue) 】 作曲家列伝 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL