至近距離の幸せ

手つかずのままの文章に、”しあわせ”と書き込んだ・・・。 少し、少しだけ、ココロが半歩、歩いた気がした。
091234567891011121314151617181920212223242526272829303111

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- (--) 】 スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

アイドル列伝:山口百恵




山口百恵の登場。


森昌子、桜田淳子と”花の中三トリオ”の三人娘のひとりですが


山口百恵が、ずば抜けています。



やはり、テレビ番組”スター誕生”から入らなければなりません。


この企画は、作詞家の阿久悠。


審査員に作曲家、都倉俊一、中村泰士などが並び


上記の三人が誕生したのです。


その中でも、、山口百恵だけは、ホリプロながら


デビュー曲の「としごろ」は、パッとしませんでした。


そこで、起死回生の「青い果実」、千家和也作詞の


♪あなたが望むなら 私 何をされてもいいの・・・


衝撃的な歌詞が話題になり、ヒットしました。


また、「ひと夏の経験」では、


♪あなたに女の子の一番 大切なものを あげるわ・・・


で、またまた衝撃を与えました。


ただし、ピンクレディや、フィンガー5の曲を作曲した都倉俊一(元妻は大信田礼子)が


この作曲者ですが、この曲の出だしが


「コンドルは飛んでゆく」の曲をゆっくりにすると、メロディはそっくりで


盗作騒動の話もありました。


ともかく、山口百恵は、


大きく羽ばたいていきました。


映画では、「伊豆の踊り子」で三浦友和と共演し、以来、


ゴールデンコンビとなり、


「古都」まで、ヒットは続きました。


みなさん、ご存じのように、この共演で、


未来の旦那を獲得したのです。



ドラマも、あの大映シリーズおなじみのオーバーデフォルメ物語「赤い衝撃」など、


”赤いシリーズ”ドラマは高視聴率を叩きだしました。



歌では、新たな展開を生みだしました。


「港のヨーコヨコハマヨコスカ」で、新世界を作り出したダウンタウンブキブキバンドの


阿木曜子、宇崎竜童の夫婦コンビが、山口百恵に提供したのは


「横須賀ストーリー」でした。


♪もう これっきり これっきり これっきりですか・・・


斬新な歌詞は、百恵のイメージをなお、ワイルドに変身しました。


「プレイバックPART2」では、♪馬鹿にしないでよ~ そっちのせいよ~・・・


荒々しい女性を歌いあげました。(NHKらしく、レツゴヤンブで、歌詞を♪真っ赤なポルシェ、を、


♪真っ赤な車、と、変えて歌っていた話は語り草です。)


「イミテションゴールド」、「美・サイレント」と続きました。


「夢先案内人」、「乙女座宮」と、軽やか路線もヒットしましたが、


また、新たな曲に出会いました。



それは、


名曲、「秋桜」です。


さだまさしの作詞作曲です。


今でも、結婚披露宴でも歌われる、この曲により、


百恵は、シンガーとして、


不動の地位を築きあげました。



続いて、谷村新司による「いい日旅立ち」は、


デスカバリージャパンとして、JRのCM曲として、


見事に成功させました。



勢いをとどまることもない百恵でしたが、


引き際はわかっていました。


前記の三浦友和と結婚を選び、


芸能界から、きれいさっぱり、身を引く決断をしました。


これだけの大スターの引退には、業界もビックリでしたが、


このいさぎよさは、後にも先にも出てこないと思います。


ラスト曲は、阿木、宇崎の「さよならの向こう側」でしたが、


ステージで、歌い終わって、マイクを置くパフォーマンスは


感動的でもあり、


百恵にふさわしいラストステージでした。




山口百恵。


今では、引退以来、表舞台には一度も現れませんが


いい女房として、がんばっています。


息子は、バンドで、デビューは果たしています。




女性が家に納まるのが一番、賢い選択と言えば


昨今、物議をかもしだすが、


やはり、


山口百恵は


賢い選択を選んだのです。



山口百恵は


美空ひばり同様といっては、美空ファンからお叱りを受けそうですが、


永遠です。


それほど、


凄っかったです。


スポンサーサイト
【 2009/11/27 (Fri) 】 アイドル列伝 | TB(0) | CM(2)
申し訳ないけど
少し訂正させてくださ。
プレイバックパートⅡ
NHKの紅白ではポルシェと謳っています。
真っ赤な車と唄ったのは
NHKのレッツゴーヤングです。
【 2013/11/03 】 編集
Re: 申し訳ないけど
> 少し訂正させてくださ。
> プレイバックパートⅡ
> NHKの紅白ではポルシェと謳っています。
> 真っ赤な車と唄ったのは
> NHKのレッツゴーヤングです。


遅ればせながら、

ご指摘、ありがとうございます。


さっそく、訂正しました。

百恵伝説ならではです。
【 2013/11/16 】 編集
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。