至近距離の幸せ

手つかずのままの文章に、”しあわせ”と書き込んだ・・・。 少し、少しだけ、ココロが半歩、歩いた気がした。
0512345678910111213141516171819202122232425262728293007

やっぱプロだわさ!フジ特番「バンクルワセ」


6日の夜のフジの特番「バンクルワセ」。


これは、各プロと芸能人が対決する番組。


最初は料理対決。


僅差で、プロが勝つ!


その次が、見もの。

予告編作り対決、

「トップガン」など、数々の映画の予告編でヒットに結びつけた・・・

この世界の大御所の女性と、

テレビ主演作品の予告編を自らの石原ひとみ、

あの嫌われ芸人のキングコングの西野(ここでも、アート芸人気取りで、嫌われ度も演出)が

それぞれに、作品を作り上げ30秒対決。


答えは、やはり、プロがプロと唸るほどの出来栄え。


群を抜く。


だが、石原ひとみの平凡な作品も、スタジオ内では好評。

出だしには、ちょっと才気を感じたが・・・・


やはり、西野、やってしまった・・・・

芸人が、さも作りそうな作風。


才能の何も感じない・・・。



そして、今、席巻するプロジェクション・マッピング対決!


プロと、再ブレイク中の蛭子と、

吉本新喜劇の小藪(カメラマニア)


それぞれに、


個性を出し、総じてレベルが、高いが、


やはり、プロ。

対象物を、どう、面白く素材をいかすかを

素晴らしいアイデアで世界観を見せる。

ここにプロのワザを見る。


ザ・プロフェッショナル!


最後の対決、


部屋インテリア対決は、

モデルの西内まりやが制して、

バンクルワセで締めたが、

これは、好みの問題で、

どう見ても、プロのワザだったが・・・

高尚過ぎて、

可愛く素朴なコーデネートの西内まりやに軍配。
(番組的にひとつは番狂わせしないと、タイトルの意味がないからか・・・・・・)



とにかく、


この番組、面白かった。


いかに、


プロの世界は凄さをあらためて、


認識させられた。


スポンサーサイト
【 2014/10/08 (Wed) 】 未分類 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL