FC2ブログ

至近距離の幸せ

手つかずのままの文章に、”しあわせ”と書き込んだ・・・。 少し、少しだけ、ココロが半歩、歩いた気がした。
111234567891011121314151617181920212223242526272829303101

テレビ番組の衰退の原因は?


まあ、

みなさん。

ちゃんと、番組に添い寝して、

付き合っていただいてます。


ここで、


いいところで、CMはさみです、と、

察知は、慣れてきました・・・・ね。


まあ、慣らされてきました・・・・


いや、慣らされたではなく、我慢してるのです。


ということは、ストレス。


テレビ見れば、当然、ストレス。


答えは、わかっちゃいるが、


ストレスの沈着。


必然に


どんどん、テレビを見なくなるの・・・・


それ、そうでしょう。


いくら、


たたのテレビといえど、


疲れるテレビは避けましょうか・・・・



あえて、見るのも快感かも。



人はそれぞれ。


でも、


見ない方が最善の策でしょうネ。


そこの理解は、ちゃんと、テレビ局もわかっているでしょうが・・・・



一昔の


テレビマンはいないいのです。



ロボット同然の社員製作人は


まず、そこは、飼いならされたサラリーンですから、


制作費のコストカットと、


クライアントにおもねた編集方法を会得します。



だって、

サラリーマンですから。


気概のある一昔のテレビマンは、

飛ばされますから・・・・




いかに、どうして、ひとつのネタで、


どれだけ、引っ張った演出で、編集して、


そこで、ここでとういうところで、


CMをはさむ、技術を、競い合います。


面白い、番組を作るのではなく、


いかに、クライントを喜ばせかを競い合います。



どうだ、

いいところで、

CMはさんで、



「うまいだろう!」



CM後には、巻き戻しを見せて、くどいぐらい、


やっと、見せてくれると思いきや、



いやはや、


もう一度、CMは序の口。


これを

上層部は正さない。


だって、


この上層部も、ロボットだもの。


でも、

みな、異口同音に



「なんで、みな、テレビ離れは、やっぱ、ソーシャルネッワークの脅威と!」、ほざく。



ほざいて、みな、やり過ごす。



そうして、都合のいい傷をなめ合い、

今日も、


CMはさみの妙味を競う。



番組の内容を競うのではなく、


CMはさみをテクニックを競う。



おいおい、

とんねずの唯一のネタ、食わず嫌い王でも、CMじゃないが、


ひとネタはさんで、


オチを最後に持ち越して、視聴者を引っ張っている。


やれやれ・・・・





でも、救いは、


僕の大好きな、昨夜の二階堂ふみちゃん、


芸人張りに、ちゃんと、貴明の突っ込みに

ボケをかましてる。


こんな、女優は見たことが無い。


拍手!!!!!!!!!!パチ、パチ、パチ!


こんな、ボケ方、いいね~!


私が見込んだ二階堂ふみ様、えらい!上手い!


大好き!


まだ二十歳ですよ。


大人のノリにちゃんと、答えてる。

最後は、


期待に応えて、勝ったら、罰ゲームしなくても、


やってあげる度量。


これが、またいい!


やっぱ、二階堂ふみ!



なんか、テレビ番組を憂いながら、

二階堂ふみちゃんで


締めくくりさせていただきました。



感謝しろよ!


フジテレビ、とんねるず!


スポンサーサイト
【 2014/11/07 (Fri) 】 未分類 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL