至近距離の幸せ

手つかずのままの文章に、”しあわせ”と書き込んだ・・・。 少し、少しだけ、ココロが半歩、歩いた気がした。
0512345678910111213141516171819202122232425262728293007

同窓会を経て。



中学の同窓会に出る。


まあ、同窓会に出るのは、現状報告も兼ねてのことだから、

幸せがものさしとなるのは、いかしたがない。


そう、離婚者が出席するのはご法度か?

そうでしょう・・・。


ある程度、しあわせ観がないと、おめおめ、出れない。


私の偏見論か?


いやいや、一般論でしょう。


どうもよくわからないが、



私めは、出席しました。


目的は?



懐かしい?


終活か?


それもあるが、


確認したいことがある。


不順な動機?


いや、とっても初々しい動機?



あの当時、

バレイタインディーのチョコレート告白がない時代に、

そう、、私は、もらったのです。


チョコを。




でも、まだ、何も知らない私は、若干、スルーパスの状態。


かなりの年を経ると、


もろくなったせいもあるが、


あのチョコをくれた女の子に気はせる。


ごめんね。のひとこが言いたくて、

いや、あの時、僕も気になる女の子ではあったが、

照れくさくてか・・・・



そして、今日の同窓会。


中学卒業生219名。

故人含めて、実際は200名あまり。


でも、


110名も出席。


驚異です。



またまた、奇遇なり。

席順の隣は、澄ちゃん。


この子は、そのチョコをくれた子と一緒に、

私の家に二人で遊びに来た子。


神様のおぼし目か?



ありがとう。


澄ちゃん、元気いい。気立ていい。


その澄ちゃんに、いきさつを語ると、


後押し。


早速、


その当事者のチョコをくれた本人の智ちゃんに確認すると、


思いよらない、

「いえ、覚えていません!」のひとこと。


冷静なひとこと。



そう、ひとりよがり、ひとりノボセ。



あ~恥ずかしい。


これって、何?????????



けど、これが、現実!


けど、何かいい。


答えが出るのはいいこと。



ファジーな人生もいいけど、


とどめを刺させるのもいい。



俺、M?



いやいや・・・・。




今度は、


凄く仲良かった、ミキオくんに


あんたが、「成人式出ない!」と言うから、


俺も出なかったが、



後で聞かされたのは、


俺だけ出なかった事実に愕然。



そこを、この同窓会で、久方ぶりに突かれるが、

え~!、その根に持ってたのには、唖然。


しごく、当然か?


すみません。で、終わる話ではないが、


同窓会は、この年でも、追い込まれる。


これもいい。



さあ、とどめは、


中学時代でなく、


高校時代、

3年生の後半、ちゃんと、付き合った女の子に、

いきなり、「好き人が出来ました。」で、ジ・エンド。


それも、相手は、私の友達、席も隣の友達。


はいはい、やられましたと、憤り。

その後、


その男とも疎遠。


その男も、この同窓会に来てた。


そのいきさつを、酒の力も借りて、話すと、


え~っ!それ、知らない!と、とぼけるわけでもなく、

終幕。


どうよ、


女は怖い。



今も、怖い!


これで、確信の怖さ。




あ~、

何十年も、


ひとりの思い込み。




いやはや、同窓会は面白い。


大人の知恵か、照れ隠しか、


どれこれも、定かではないが、


同窓会出るの、魔界に出る感でいい。



あ~今日は



複雑ながら、


良かった、良かった・・・・。



ところで、


私、同窓会の料理の残ったパック3箱はもらうのは、私だけ。


これを手にして、

男、ひとりの侘しさの象徴を

いま、


ひとり、


部屋で食べる。



う~ん、



食べきれない。


これも、人生。


やっぱ、


いい感じ。


これが、すべてを物語る、


男やもめの○○○感。


それ、○○○って、何よ?



答えは、風に舞ってる・・・・



あ~



いいネ。

スポンサーサイト
【 2014/11/22 (Sat) 】 未分類 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL