至近距離の幸せ

手つかずのままの文章に、”しあわせ”と書き込んだ・・・。 少し、少しだけ、ココロが半歩、歩いた気がした。
071234567891011121314151617181920212223242526272829303109

アイドル列伝:松田聖子


お待たせしました。


アイドルの女王。


卑弥呼か、クレオパトラか、


松田聖子か。(何でやねん!)



この芸能史に燦然と輝く、天下を極めたアイドルの女王に君臨。


松田聖子を語らずして、何を語る。


サンミュージック出身。


福岡から出てきて、相沢社長の家に居候。


この所属事務所は、今では、ベッキーが稼ぎ頭。


あの酒井法子もいた。


当時は、森田健作と、桜田淳子のみがスターで、


相沢社長の目に適った人物が聖子だ。



デビュー曲は、「裸足の季節」。


これが、さっぱり、売れない。


第二弾は、「青い珊瑚礁」。


これが、大当たりしました。遂に売れました。


♪あ~、私の恋は南の風にのって走るわ~・・・


勢いよく声が通る歌い方で、


一躍、アイドルの仲間入り。


「ルイルイ」の太川陽介と、NHKの歌番組で、スクールメイツ(懐かしい!)をバックに


歌ったり、テレビ東京のあのねのね司会の「歌うヤングスタジオ」にも、よく出ていました。


たのきんトリオの田原俊彦とは、グリコのポッキーで共演し


噂も立てられました。田原のファンには、


カミソリ入りの手紙を送られるやらと・・・。


それも、有名税です。



その後、「風は秋色」、「チェリーブラッサム」、


ライブでは、すごく盛り上がる「夏の扉」、


♪フレッシュ、フレッシュ~ 夏は扉をあけて・・・


私も、当時、コンサートに行き、この「夏の扉」のボルテージの凄さを


目の当たりにしたひとりです。



聖子ちゃんカットの髪形も大流行しました。



そして、「風立ちぬ」あたりから、


しっとり感が出てきました。


作詞とともに、あの作詞界の大物、天才、松本隆をプロデューサーに迎えてからは


本物志向の歌づくりに心懸けていきます。


この「風立ちぬ」は、作曲は、大滝詠一です。



アーティストを迎えての


聖子本格路線プロジェクトが始まりました。



そして、聖子の進路を決定づけた曲は、


もちろん、


「赤いスイートピー」でした。


作曲にユーミンを、松任谷由実を迎えました。


ペンネームは呉田軽歩です。


ここからが、聖子伝説のスタートです。


作曲者に、ユーミンはもちろんのこと、細野晴臣、財津和夫、


佐野元治、尾崎亜美などが顔を連ねました。


「天国のキッス」、「ピンクのモーツファルト」、「ハートのイヤリング」、


「天使のウィンク」と、シングル連続1位連発でした。



「ガラスの林檎」では、B面の「スィートメモリーズ」が注目を浴び


大ヒットしました。


映画では、「野菊の墓」で初主演を果たし


以来、続々と作られ、


聖子のアイドル、いや、芸能界では、


一目置かれる、大スターと化していきました。


そして、郷ひろみとの「生まれ変わったら、結ばれる・・・。」発言が飛び出した


お別れ記者会見は物議をかもしました。


聖子の郷ひろみへのあこがれは、デビュー前からだったそうです。



洋服も手掛けました。


”セイコ・フローレンス”という、ブランド名で売る出し、反響を呼びました。


何度か、”語学留学”は名ばかりの


整形説も出ました。


確かに、帰国するたびに


鼻筋やら変わっていき、


大人びた顔と、体は反比例していました。



そして、いよいよ、神田正輝との映画の共演をきっかけに


結婚へと発展していきます。

(聖子が外国で倒れ、神田が看病が功をそうしたという話です。)



娘の沙也加に恵まれましたが、ご存じのように


神田とは離婚し、


歯医者と結婚したり、外国人とつき合ったり、原田真二とも噂を立てられたり、


娘の沙也加がデビューしたがパッとしなかったり、確執があったりと、


マスコミには


格好の餌食となっていきました。




松田聖子の芸能界での分岐点は、


やはり、所属事務所サンミュージックからの独立でした。


父が社長を務める個人事務所を立ち上げました。


アメリカにも進出しました。



だが、それからは、歯車が狂ったかのように


目立たなくなっていきました・・・。



でも、聖子は聖子。


絶大なるファン。


それも、アイドルとしては、女性に共感を得られ、


たくましくひとりで生きる女性のシンボル的もあり、


堂々とした聖子のアイドルとしての立ち振る舞いや


すみずみまでが


聖子ワールドの貫録です。


稀有なアイドルです。


自信に満ちあふれ、自分を脚色出来る才能を持った


天才的なアイドルでした。


コンサートの手抜き口パク騒動もそのひとつです。


本当ならば(私にもそうは、見えた・・・)


さも、歌っているように見えるのは


指先までも、敏感に感応する聖子の姿が


見る者を圧倒したのでしょう。



その後、自作曲の「あなたに逢いたくて・・・」で、


久々のスマッシュヒットを記録しました。


アダルトな聖子を演出しました。


これも、名曲です。



ここ最近は、ヒットには恵まれませんが


テレビでのお姿は、ふけましたが・・・


TBSの”うたばん”では、今でもファンの石橋、中居を相手に


松田聖子を存分にふるまっています。


女王の貫録です。



聖子は魔物です。いい意味も悪い意味も込めて・・・。


今でも、歌えば、最高を提供してくれます。




松田聖子。


天から授かりし、


今でも現役バリバリのアイドルです。



私、個人的には、あまり、ファンではありませんでしたが、


松田聖子のアルバムは、「瑠璃色の地球」などのコアな曲を歌っていた時のものが


数枚、まだ、あります。




今でも、気になるアイドルのひとりでしょう。



決めつけます!


松田聖子は、このアイドル列伝にふさわしい、本当のアイドル!最高峰でしょう。



感服です。




スポンサーサイト
【 2009/11/27 (Fri) 】 アイドル列伝 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL