至近距離の幸せ

手つかずのままの文章に、”しあわせ”と書き込んだ・・・。 少し、少しだけ、ココロが半歩、歩いた気がした。
0512345678910111213141516171819202122232425262728293007

独裁国家、日本かな?


いま、


なんか、空気は、安部おぼっちゃまの独裁国家状態か・・・・?


NHKは完全に及び腰の扱い。(国営だから当然か?異を唱えるものは、左遷か・・・?)


民放だって、右に習い。


ただ、テレ朝は、踏ん張ってはいるが、まあ、左だからか、


でも、安部さまは、テレ朝のニュースにいちゃもんをつけている。


たまに、テレビに出ると、国民の反対意見や、司会者の痛いところの突っ込みに


キレルの日常茶飯事。


だから、最近は、テレビに出ない。



”アベノミクス”。


そろそろ、そのネーミングの賞味期限は、ほとんど、切れてはいるが、


消費期限では、ないと、突っぱねるるように、ゴリ通す。


まあ、この諸刃の武器を手放す訳は無いか。



で、


本題は、


経済学者のピケティ氏の本が売れている。

日本についても、熱く語っている。

貧富の格差の解消する手段とか、

この労働構造をチェンジとか、少子化とか・・・

憂いている・・・



こんなこと、しごく当然。


アホの私でも、わかるのに、

テレビに出てる、日本の経済学者、評論家は今の日本の状況に

あまり、異を唱えない。(出ない人は、ちゃんとわかっっているが・・・)


出るには、金を得るには、

体制派に、いないと、メシが食えないからは、人の常だが、


どんどん、


日本が、モノが言えない感が、漂っている。


あのイスラム国(ISか、)の日本人人質殺害事件の政府の対応や、

この事件を招いたのは、安部のせいだ!の相手のコメントビデオは

あまり、流さずも、この流れ。

報道のしめつけ。


今、まさに、独裁国家、まっしぐら。



株価高で、富が富を呼ぶ富裕層は

じゃぶじゃぶ、高価なもの買う。

富裕層御用達のデパートは、右肩上がりで、


貧民層(ほとんどが、そう、昔みたいに中間層はない!)は、

安さの店を、さすらう・・・。




これは、



安部さま国家では、ずっと、続くのだ・・・。



私にとって、この状態は、

私の”二階堂ふみ様、好きです。”状態と、


なんら、変わらない、と、


悟って、



私は、生きている、


ほんまに情けない小市民です。




♪ピケティ、ピケティ、ピケティ・・・


♪ガバティ、ガバティ、ガバティ・・・


どうも、何も変わらないとのと、一緒か・・・・・・?(そんなアホな~!)

スポンサーサイト
【 2015/02/18 (Wed) 】 未分類 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL