FC2ブログ

至近距離の幸せ

手つかずのままの文章に、”しあわせ”と書き込んだ・・・。 少し、少しだけ、ココロが半歩、歩いた気がした。
111234567891011121314151617181920212223242526272829303101

Flowerのアルバム「花時計」を買った!



久々に


CDを買った。

それも、Flowerの「花時計」。

hanadokei.jpg


いい年こいてかな?

いいんです!


3年前、Flowerは、デビュー曲の「still」は、シングルレンタルして、ちょっとは聞いてはいたが、


その後、忘れていた・・・。


だが、


HIROが仕掛けた、E-gailsで、


アミちゃんがいるドリームと、このFlowerと、他のパフォーマーたちと組んだ


怒涛のダンスグループで、


一躍、のし上がってきた。



ブレイクした時、総勢の中、


アミちゃんのみが、光っていた。


当然、アミちゃんのみ、マスコミも取り上げていた。


ただ、


私は変わり者か、


ひとり、普通ぽく、たぬき感丸出しの女の子に


常に、注目していた。



それが、


鷲尾伶菜です。

reina_20150315135334340.jpg
reina2.jpg

どうですか?


このちょい、ブス感、デブ感、(大ファンは怒るかな?ごめん!)


いいです。


この子を調べたら、Flowerにいるじゃないですか?


それも、メインボーカルじゃないですか!



それからです。


注目していて、


Flowerとして、昨年出した、曲、「熱帯魚の涙」は、


私、とても、お気に入りの一曲です。


名曲です。


でも、でも、売れませんでした。


そう、E-gailsは、ダンスフルなアップチューンの曲のみでしたから、


しかし、

Flowerの曲は、メロディアスな曲調ですから、


どうも、一般受けしませんでした。


その後、

「秋風のアンサー」も、売れず、

ただ、


今年の「さよなら、アリス」あたりから、


注目されてきました。



そして、


ようやく、セカンドアルバムの「花時計」に、結実しました。



このアルバムの初回特典のミュージックビデオは、


あの蜷川実花がディレクション。


彼女の独特の色世界で、


Flowerの世界を描いています。


凄く、いい出来上がりです。


これだけで、買った甲斐があります。


鷲尾伶菜も、可愛いです。


1曲目には、あのm-floも参加して、とても、いいです!


アルバムは、4500円でしたが、


堪能しました。


3月13日のミュージックステーションでは、


「白雪姫」を、披露してましたが、


とても、とても、いい感じでした。


鷲尾伶菜の声も、たまらくいいです。


ほんまに、


初心な気持ちにさせてくれた


アルバム「花時計」でした。


ありがとう。


スポンサーサイト
【 2015/03/15 (Sun) 】 未分類 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL