FC2ブログ

至近距離の幸せ

手つかずのままの文章に、”しあわせ”と書き込んだ・・・。 少し、少しだけ、ココロが半歩、歩いた気がした。
111234567891011121314151617181920212223242526272829303101

毒を吐く?タレント。



昨夜のフジの番組で、


ダウンタウンの二人と、坂上忍との


昼間のお酒、ガチ呑み。


後半、酒の勢いを借りて、本音が出る。


浜田は、

松本をリスペクトしていると、


だから、ここまで、来れたのだと・・・。


松本は、


俺には無いものがある。


引きの自分と違い、大物芸能人にもズバッ!と突っ込めるなど、


鋭さを感じると。



そして、松本は、テレビに関しては、


俺たちは、専門店。


他は、コンビニにたとえる。


俺たちは、笑いの専門店で、


今の主流は、コンビニ番組が万人受けしていると。


俺たちのは、見る人は決まっていると。



かと言って、専門店があって、コンビニがある。


その相乗効果もあると、語る。


そうは、言うが、



私から、見れば、


その笑いの専門店ぶりは、大晦日の特番でしかないと、思うが、


後は、ダウンタウンデラックスのように、


ゲストの逸話番組で成り立っていたりとしてるように、コンビニ的に見えるが。



まあ、それは、ともかく、


坂上は、定石どおり、毎度のごとく、出来上がってしまい、


松本、浜田が、坂上のことを、よくやっていると、褒めるが、


坂上は不安げに、「これでいいんでしょうか?」と、今の自分を見てる。



もう一人、しゃしゃり出てきた、AKBの指原は、


女芸人のように、巧みに質問でうまく責める。


この質問が、番組を成り立たせ、



松本も、指原の賢さを、褒める。



そう、指原は、


機転がきき、番組の主旨を、よく理解し、


松本の日曜番組「ワイドナショー」でも、ベテランに囲まれても、臆せず、


周りに引けをとらない発言をしている。


だから、



よく、呼ばれる。


「笑っていいとも」のレギュラーで、培ったものは大きい。




だんだん、横道が逸れたが、


浜田は、語る。


「用は、頭が、賢いものが、生き残れると・・・。」


松本も同様に、「頭の回転の速さだと・・・。」


だから、


回転の悪い芸能人は、2・3回、番組に呼ばれても、


いずれ、消えていくと・・・。


そう、間違いはない。



今の主流は、


坂上や、マツコや、有吉のように


毒を吐くタレントが席巻していると言われるが、



ただの毒ではなく、

建前ではなく、本音だけを、出しているようだが、


ちゃんと、計算づくの本音。



そこには、やさしさも垣間見る。


そこに、ウケの良さがあるのかも。



その毒の視点の出しどころが、


前者たちと、違うのは、


ここ、最近、ブレイク中の


博多大吉である。


角度の違う視点からの、発言は


いい味わいの毒を含んで、


今や、引っ張りだこだ。



”毒”を理解して、うまく、調味料として、加味して、番組を料理して、


そこを、武器にしてるタレントが、



今、テレビ界を動かしている。


スポンサーサイト
【 2015/03/21 (Sat) 】 未分類 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL