至近距離の幸せ

手つかずのままの文章に、”しあわせ”と書き込んだ・・・。 少し、少しだけ、ココロが半歩、歩いた気がした。
0512345678910111213141516171819202122232425262728293007

ももクロの7年間に渡るドキュメント番組!



ももクロには、興味はなかったが、


テレビ番組で、ももクロの2時間半のドキュメントを


つい、見ていたが・・・



これが、これが、


2時間半、全然、飽きないどころか、



ももクロの日に日の成長と、


スタッフの熱い思いが、


ビシバシ伝わってくる、


まさに、



ももクロの人気の真髄を思い知らされた。



この情熱が、


この意気込みが、


これだけの世代を問わずのファンを


虜にしてしまったのがうなづける、


醍醐味のある、


また、”頑張る!”という、本気の証を




まざまざと、見せてくれた。



久々に、


いい、ドキュメント番組に仕上がっていた。




番組のクライマックスは、


国立での一大ライブイベントで、


マネジャーからは、


最後の挨拶は、それぞれ、自分の言葉で締めくくれの指示。


リーダーの百田が、


私たちは、天下をとることだった・・・と、



それは、アイドルの天下ではなく、



また、芸能界の天下でもない、



笑顔を届ける、天下だと、



素敵なコメントで終えた。



このコメントは、


ももクロの人気を集める、理由がギュッと詰まった、集約された


そのもの。



これから、


ももクロを見る目が、変わってしまった、



素晴らしいドキュメント番組であった。



頑張れ、ももクロ!


スポンサーサイト
【 2015/04/08 (Wed) 】 未分類 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL