至近距離の幸せ

手つかずのままの文章に、”しあわせ”と書き込んだ・・・。 少し、少しだけ、ココロが半歩、歩いた気がした。
0512345678910111213141516171819202122232425262728293007

アイドル列伝:柏原芳恵


”か、し、わ、ばら、芳恵です!”


柏原芳恵。(デビューは、よしえ、のちに、改名して芳恵です)


”スター誕生”出演です。


デビューは、阿久悠と都倉俊一のピンクレディ強力コンビの「No.1」でしたが、


売れませんでした。


やっと、数曲後、


アグネス・チャンのB面だった、曲をカバーした


「ハロー・グッバイ」でした。


♪紅茶のおいしい喫茶店・・・白いお皿にグッバイ・・・グッバイ・・・


フリフリ衣装の芳恵により、


この歌はヒットしました。


やっと、同期の聖子、奈保子と、肩を並べました。



その後は、アイドルとしての地位を確立しましたが、


絶大なる芳恵ファンに支えられましたが、


ヒットには恵まれませんでした。


豊満な胸の可愛い色気に悩殺されたファンは


河合奈保子と、競い合いました。


ただ、当時、ふたりは大の仲良しで、「なおなお よしよし」と呼び合っていると


歌場番組の”ザ・ベストテン”で、席も仲良く並び、強調してましたが、


いつのまにか、そんな姿も見かける事もありませんでした。


ライバルはライバルですから・・・。




低迷期を脱出したのは、


谷村新司による「花梨」を契機に(名前も、ここで、改名・”よしえ”から”芳恵”)


中島みゆきに提供された楽曲「春なのに」です。


ザ・ベストテンでも何週もランキングし、連続出演したほどの


最大級のヒットになりました。



代表曲になりました。



この歌は、今でも、卒業シーズンには欠かせない歌のひとつです。

(今でもNHKや民放でも、卒業シーズンでは歌っています。)



この歌により、柏原芳恵は、


立派に歌手として見なされました。


アイドルのハードルを超えたのです。



が、


次の、阿木、宇崎コンビによる「ちょっとなら媚薬」から・・・


松山千春などにも曲を頂きましたが、


残念ながら、あの「春なのに」がピークのまま、


柏原芳恵はほそぼそと、芸能界に生きていました。



余談ですが、全盛期、今の皇太子、当時浩宮様が、ファンを公言して


世間を驚かせました。(あまり皇族は影響力が強いので特定しない。)



ふたりが、お逢いしたのも、語り草です。




とにかく、柏原芳恵の


ファンは熱狂的でした。


東映ビデオシネマで、色気チックなアクションビデオにも


体当たりしました。


ファンだけが、大喜びで、


再び、中島みゆき提供の「最愛」のヒットを最後に


舞台の幅は狭くなって、


こんにちに至っています。


まだ、独身です。




柏原芳恵。



この人も、


本当に根強いファンがいます。


アイドルらしい、アイドルでした。



「春なのに」、


本当に名曲です。


永遠に歌われる歌に巡り合えた


芳恵も芸能界冥利に尽きるでしょう。



スポンサーサイト
【 2009/11/27 (Fri) 】 アイドル列伝 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL