至近距離の幸せ

手つかずのままの文章に、”しあわせ”と書き込んだ・・・。 少し、少しだけ、ココロが半歩、歩いた気がした。
0312345678910111213141516171819202122232425262728293005

父が亡くなった。


父が


亡くなった。


92歳。


大往生であった。


亡くなる1週間前、見舞いに行った。


父は、ポツリ、ひとこと。


「バチがあたった。」と


初めてだった。


どちらかというと、強気な父が、


こぼした言葉。


僕は、


「そんなことないよ。」と。



その1週間前に見舞いに行った時、


昼食の時間で、看護師が食事の用意をしていた。


僕は、「いつも、すみませんね。頑固な父だから、迷惑かけて・・・」と言うと、


その看護師は、「いえいえ。あの私、先生の教え子なんですヨ。」と語る。


そう、父は、小学校の先生だった。


退職してからも、教え子の年賀状の多さに、


慕われていたのが、かいまみえた。


家では、厳格で、厳しい父だったが・・・・


その看護師も、


「いい、楽しい先生でしたヨ。みんなからも、好かれてましたヨ。」


かいがいしく、父を食事の手助けしながら語る。


なんか、すごく、心がほっこりしながら、帰ったのだった・・・。



そんなことも、あって、


この日の弱気な父の言葉に、


僕は、


「あの教え子だった看護師が、この状態のときに、かいがいしくしてくれるし、


いつも、近くにいてくれるんだから・・・


そう、お父さんが、昔、蒔いた種が、


いま、ちゃんと、咲いているんだよヨ。」と、言った。


そしたら、弱気な父が、ふと、微笑んだような・・・。



僕は、その言葉を残し、


病院を後にした。


帰る道すがら、


”人生は、捨てたもんじゃない。”と思った。



それが、父との最後の会話だった。


心残りのない会話だった。


本当に

本当に


お父さん、


ありがとう。


また、逢いましょう。










スポンサーサイト
【 2017/04/07 (Fri) 】 未分類 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL