至近距離の幸せ

手つかずのままの文章に、”しあわせ”と書き込んだ・・・。 少し、少しだけ、ココロが半歩、歩いた気がした。
0512345678910111213141516171819202122232425262728293007

アイドル列伝:河合奈保子

抜けていました・・・。



松田聖子に気をとられ、


河合奈保子を。


奈保子ファンから、ちゃんとやれ!


奈保子を書かずして、アイドル列伝が語れるか!との


お叱りを頂戴しそうでした。



河合奈保子。


ぽっちゃりです。デブではありません?


(おい!何をいきなり、ののしるんや!)


いえ、私もファンだったのです。



売り方は、オーデションで選ばれ、西城秀樹、ヒデキの”妹”としてでした。


デビュー曲は、「大きな森の小さなお家」という、けったいなタイトルでした。


案の定、全然、売れませでした。


でも、可愛さにファンは急増しました。


やっと、「ヤングボーイ」で、頭角を現しましたが、


不幸なことに、NHKの「レツゴーヤング」のリハーサル中に舞台のセリから落下し


治療を余儀なくされましたが、


「スマイルフォーミー」の大ヒットで、


♪スマイル!フ、オ、ミー!・・・と、ダイナミックにヒデキの「ヤングマン」同様に


手を大きく上にかざして歌う奈保子に、ファンは虜になりました。


その後、竹内まりやの「けんかをやめて」でヒットを飾り、


続いても竹内での、「インビテーション」も出しました。


大人への歌の足掛かりにつながりました。



そして、おとなしめで、おっとりの雰囲気を変える


勝負に出ます。


「エスカレーション」でした。


これは、チェカッーズや、中森明菜の作詞を手がける売野雅勇がプロデューサーし、


大胆な、エキサイトフルな河合奈保子を演出しました。



大きなヒットにつながりました。


また、来生コンビや、尾崎亜美にも楽曲を提供され、


その間、間に、フレシキブルな「UNバランス」、「コントロール」を出しました。



私、個人的には、バラードの「北駅のソリチュード」が印象的でしたが、


年々、売れなくなっていきました。


映画にも出ましたが、活躍の場面は、


主に歌でした。


テレビでは、時代劇で、高橋英樹とからんでいました。



若干の低迷期がありましたが・・・・。



しかし、


彼女は、アーティスト、


シンガーソングライターとして、


全自作曲のアルバム「スカーレット」を出したのです。


それまでの河合奈保子に、そんなイメージ、かけらもなかったですから


当然、業界は驚きでした。


でも、確かに曲の才能はあったのです。(私も買いました!)


シングルカットされた、私も大好きな「ハーフムーン・セレナーデ」は、


切なくも、のびやかなバラードでした。


いい曲でした。


テレビでは、ピアノの弾きながら歌いました。


河合奈保子は、新たな才能を開花して


今までのアイドルには到底考えられない再復活を遂げたのです。


2弾目に出したアルバムの中のシングルカット曲、「十六夜物語」は、


素晴らしい曲に仕上がっていました。


プロもうなる作品です。




でも、やはり、作品のグレードはここまでした。



やがて、ヘア・アーティストと結婚をします。


奈保子ファンはがっかりしました。


引退とは言わなかったですが、


それ以後、育児もあってか、


芸能界から遠ざかっています。



風の便りでは・・・・


今は、オーストラリアに在住のことのようです。


しあわせなら・・・・


それでよし。




河合奈保子。


松田聖子の影に隠れて、全国的は、存在は薄かったようですが、


元気娘。いいお嬢さんとして、年配者にも受け入れられていました。


いい子でした。気立てはバツグンだったように思えます。


アイドルの中ではダントツで!



奈保子ファンは


今でも多いような気がします。


私を含めて・・・・。



奈保子!がんばれ!





スポンサーサイト
【 2009/11/27 (Fri) 】 アイドル列伝 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL