至近距離の幸せ

手つかずのままの文章に、”しあわせ”と書き込んだ・・・。 少し、少しだけ、ココロが半歩、歩いた気がした。
071234567891011121314151617181920212223242526272829303109

嘘をつく人々。


ここまで、


政権が、嘘を平然とつく様を、


まざまざと、見せ付けられると、


”怖さ”を感じてしまう。


「美しい日本」、うたった御仁は、

権力の座の美酒を

たっぷり、味わい、

夫婦ともども、舵を右へ、戦前へと、導く。


どこを、どう見ても、防衛ぶりっ子おばちゃんは

部下に責任を押し付け、

敵前逃亡する。


絶対に非を認めない、

言葉を、言い回しで、すりかえる。



こんな嘘つき日本。


こんな国で育った、子供達は、

どう、育っていくのだろう・・・・


過ちは、過ちとして、認めることから、

信用は生まれるのに・・・



あ~~~~~~~~~~~~~~



こんな時、


こんな時、


やはり、乃木坂46の「命は美しい」が

何年経っても、聞きたくなる、見たくなる。

こんな私は、いかがなものか?

では、見て下さい。



スポンサーサイト
【 2017/07/29 (Sat) 】 未分類 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL