FC2ブログ

至近距離の幸せ

手つかずのままの文章に、”しあわせ”と書き込んだ・・・。 少し、少しだけ、ココロが半歩、歩いた気がした。
021234567891011121314151617181920212223242526272829303104

AKB48の行き先は?



どんどん、


AKB48は、モーニング娘のあの全盛期後半期に足を踏み込んでいる・・・・。


皮肉にも、AKBの代表曲となった「恋するフォーチュンクッキー」は、


あの時のモー娘の「LOVEマシーン」を彷彿させる。



「恋する・・・・」は、


総選挙で本命だった大島優子が唖然となる、組織票?の指原に女王の座を明け渡し、


そこで次作のサッシーセンター曲に


秋元康は、サッシーのアイドルらしからぬキャラに乗じて、大して売れないだろう・・・と、


こうなりやの軽いノリ、盆踊り風の遊び半分が、この曲。


それがそれが、期待もされてないのに・・・想像を絶する大ヒット!



あのモー娘の、ちょい悪いふざけ風で作った、「LOVEマシーン」。


つんくが取り巻きのスタッフの反対を押し切って、結果、忘年会大騒ぎの大ヒット曲となる。


ここは、何が言いたいか、


”当ててやる!”の意気込みの曲ほど、さほど売れず、


肩の力の抜けた曲に、爆発性を秘めているのが、えてしてよくある。(余談:関係はないが、ダ・パンプの「USA」も然り)


で、

爆発的の後に来る怖さは、


後退しかない。


どちらも、ほぼゆるやかな後退ではあるが・・・・




アイドルグループとして、


もっとさかのぼれば、おニャン子クラブは「セーラー服を脱がさないで」、「じゃあね」ぐらいで、


上記のAKB、モー娘の国民的な曲には恵まれなかったが、


工藤静香は別格として、


河合その子、新田恵理、国生さゆり、渡辺満里奈、渡辺美奈代など次々とソロ曲が


毎回、オリコン1位を獲得したが・・・


グループとしては2年で終わった。


秋元康としては、


その礎が、その後のAKBとなるのだから・・・




話を元に戻そう。


AKB48、やはり、


メインがアイドルの王道をもってこないと、もたない。


全盛は、前田敦子、大島優子のツートップに、これこそアイドル王道顔のまゆゆが従えているという豪華さは


もう後にも先にもない。


今や、神セブンは、遙彼方か・・・


アイドルの王道ではないサッシーが総選挙1位を獲得したことで、、とどめを刺したのは言うまでもない。


何もサッシーを責めているのではない。


サッシーのキャラ、頭の回転、賢さは、グループでは群を抜いている、


バラエティーを見れば、女芸人も及ばない。


ただ、


アイドルは凛として、アイドルは気高くなければならない。


その証拠に、


乃木坂46だ。


間もなく卒業する西野七瀬、白石麻衣を先頭に、次のTOPにもなるだろう斉藤飛鳥が控え、


生田絵梨花、(去年2月卒業の橋本奈々未)等こそ、アイドルグループの王道の極みである。


しかし、AKB、モー娘の国民的大ヒットは、乃木坂には、まだないのが歯がゆいだろうが・・・


まあ、もう少し、力が抜けてからか・・・


迫ってくる、欅坂はいるが、


アイドルというより、塩対応グループ性と、メッセージ性が上回って、


女の子向きのアイドルか。



で、再度、AKB。


この頃の出す曲は、前作は、韓国グループを真似たり、、


今は、グループ最高難度のダンス曲が、登美丘高校を意識してか。


もう、後追いには、未来はない。



まあ、それにしても、長い期間、人気なるアイドルグループとして存在したのは驚異でもある。


今後、どうするか?


ここは、最後?の秋元康のマジックを、じっくり見せてもらうことにしよう!


スポンサーサイト
【 2018/12/14 (Fri) 】 未分類 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL