FC2ブログ

至近距離の幸せ

手つかずのままの文章に、”しあわせ”と書き込んだ・・・。 少し、少しだけ、ココロが半歩、歩いた気がした。
0512345678910111213141516171819202122232425262728293007

久々にはまった「大恋愛」ドラマ!


ここ最近、テレビドラマを見なくなったが・・・・


「大恋愛」には、はまった。


「デスノート」の時でなく、その翌年の映画初主演作品「うに煎餅」の戸田恵梨香で好きになって、早11年。


遂に、戸田には、どんぴしゃのドラマか!


共演には、異色となるムロツヨシ。


このコンビで「大恋愛」とは・・・。


これは、これは、期待大!



初回から、いい感じ。


テーマは戸田が若年性認知症という、重いテーマながら、


ムロのキャラもあり、


恋愛進行展開がたまらない。


脚本は、「セカンドバージン」等の大御所、大石静の真骨頂。


上手いセリフ回しが絶妙。



ただ、途中から、小池徹平の出番から、話があれれr~・・・・


でも、結果、この出し方は、認知症同士が分かち合えるものがるという描き方を、


サスペンス風して興醒めだったが、、これもありか。


ドラマの長丁場、この手もしょうがない。


なんやかんやで、最終回。


泣きましたヨ。


突っ込みどころは満載だったけど、


そこは、ドラマなんです。ドキュメントではないんです。



このお二人、


ドラマ最終回の当日の朝、ワイドショーにお出まし、


珍しい、最終回の番宣とは。


お二人とものコメントが、「番組が終わるのが淋しい・・・」と。


そうでしょう、そうでしょう、お二人とも、


このドラマ、当たり役ですもの。


本当に、久々に、良かったです。



ついでに、


中年不倫ものの「たそがれ流星群」もはまってしまったし、


途中から見た、高橋一生の「ぼくらは奇跡でできている」にも・・・


これ、切り口が面白い。

人としてものの見方いかんで、人生観は変わるというところがいい。


で、


鼻から、有村架純の「中学聖日記」は、


これって、松嶋菜々子と滝沢秀明の「魔女の条件」の焼き直しじゃん!で、


ザッピング程度の見方だったが、


これが、これが、なんか、いい具合展開。


純粋に、純愛もいいね、と、20代に戻る感もよしか。



まあ、それにしても、


本当に、ドラマらしいものを、ほとんど、見なくなっていたのに、


10月か12月と・・・


見てる自分。


何か、己が爺なのに、けなげ感に自己陶酔。



幾つになっても、くそ爺になっても、


はまる時は、はまる!


なんか、ドラマ見て、シアワセって、いいね。


スポンサーサイト
【 2018/12/16 (Sun) 】 未分類 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL