FC2ブログ

至近距離の幸せ

手つかずのままの文章に、”しあわせ”と書き込んだ・・・。 少し、少しだけ、ココロが半歩、歩いた気がした。
0512345678910111213141516171819202122232425262728293007

民放は、チコちゃんに叱られろ!


このブログでも再三にわたって、


民放の現状を、憂いて書いてはいますが・・・


特に、民放各社のバラエティは醜い編集合戦を繰り広げられています。


いかに、CMを見てもらうことに、手の込んだ、いや、悪意ある編集術を駆使しています。


もう当たり前になった,いいとこでCM前は当然のように・・・


それで飽き足らず、CMの真ん中で、もう一度、ちょいいいとこ場面ちょい流しで、またCMと・・・引っ張る手法は


醜さを通り超えて、呆れるばかり。


その上、NEXTと称して、次の次のコーナーまで、またもやのちょい流しで、視聴者を引っ張る。


やっと、始まったと思いきや、得意の30秒前戻しに入り、時間稼ぎ、制作費稼ぎ、


視聴者も、よく我慢してるんです。



とことん、ひとつのネタ稼ぎのためには、


いよいよお出ましの肝心要の主人公お顔は、イラストで顔隠して、また引っ張る。


まあ、10分で終わるネタも、20分位に引っ張って・・・


答えは、すぐ出すものかと、いやはやの、世界一周並みの引っ張り具合。


視聴者のストレスなど、何のその、


逆なでするような編集方法に、罪悪感も何もない、製作者の神経はバカを通り越している。


異常者の編集方法。



そこへ現れたのは、


今や、救世主か?


その名は、その名は・・・・(おい、オマエも引っ張るなと、言われそうですが・・・)


その名は、NHKの番組、「チコちゃんに叱られる!」の


”チコちゃん”です!


チコちゃんが出す、素朴な疑問、当たり前かのように国民が思っていることに、その言葉を使っている意味等、


”何で?そうなの?”と


ゲストに振ると、答えられずか、とんちんかんの解答に、(たまに当たるから、空気の読まないゲストは次は呼ばれないかも。)


”ボ~ッと生きてるんじゃないよ~!”とチコちゃんに叱られる!


でも、何故か、この言葉が爽快!


でも、答えは、民放と違って、すぐさに、答えを言う!


そこから、丁寧な説明を、各知識者や、取材を通じてや、


俳優を使って、ドラマ仕立てと、


いろんな試みで、答えの深い内容を導きだす。


いや~、早い、答えといい、


ほ~、なるほど、そう言う事と、


ためにならなくても、いい話も


なるほど、なるほど、そうだったのかの・・・


答え明瞭、


面白の一語に尽きる!


この番組内容が、子供から、年配者までと、家族で見れるところもいいし、


ある意味、勉強にもなる。



チコちゃんはCGを駆使しているから、声はキム兄こと木村祐一。


これ、今や、キム兄の当たり役です。


ゲストの掛け合いも、アドリブだから、頭の回転がいいキム兄の独檀場、


解答者側のナイナイの岡村の掛け合いもちょうどいい。


”ねえ、ねえ、岡村・・・”も可愛い。



余談ではあるが、ある回のエンディングで、岡村が、


幼い子供が、”ねえねえ、岡村”と、よく真似している動画を


誰かに携帯で送ってもらった逸話をしゃべったら・・・


そこで、岡村の横にいる、チコちゃんが、岡村にそっと、


ぼそぼそ、小声で、岡村に「それ、ワシやがな!」と言っている・・・・


キム兄の幼い子供の日常のヒトコマの動画を岡村に・・・”ねぇねぇ岡村・・・”


いい光景です。




とにかく、


NHK、やるじゃないか、この番組!


民放と違って、スポンサーにおもねることもない事も要因だが、


この大岡裁き風の番組が心地いい。


NHK、久々の改心のヒット番組の誕生である。


私の周りでは、当然、チコちゃんに叱られないように、


下ネタの話は一切しないし、当然、ボールギャグとうフレーズもない、


みな、5歳の体で会話するように、


素朴なコト、純真であること、


これを忘れた大人におくる、ある意味、メッセージも意図的ではないが


そこに、ヒットの一因でもあるのではないか・・・



そこで、


民放よ、チコちゃんに叱られるとうな番組ばかり、作っているんじゃないよ!


作り手の志は、どうした!



だから、テレビ放れの悪循環のひとつでもあるのだ。



SNSの驚異もあるが、


映像では、ユーチューブに流れるのもわかる。


そう、引っ張らないからネ、CMはさみもないし、


昔のCMはトイレタイムと呼ばれていた。


それでいいのだ。


それで、番組はスムーズに流れていて、視聴者を楽しませていたのだ。



ここで、番組のスポンサーも悪い、


この現状、あざとい編集方法を


これで、良しとしていることが、


もっと、タチが悪い!


番組のスポンサー、


このクライアントも、同罪なんだから!


やれやれ・・・・





スポンサーサイト
【 2018/12/22 (Sat) 】 未分類 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL