至近距離の幸せ

手つかずのままの文章に、”しあわせ”と書き込んだ・・・。 少し、少しだけ、ココロが半歩、歩いた気がした。
091234567891011121314151617181920212223242526272829303111

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- (--) 】 スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

アイドル列伝:原田知世



原田知世です。



知世ちゃんです。


角川春樹の秘ぞっ子と言って、過言ではありませんでした。


角川の新人オーデションで選ばれ、ちなみに、グランプリは、渡辺典子です。


1982年、テレビ番、「セーラー服と機関銃」でデビューしました。


ある意味、”花の82年組”かもしれません。


映画主演デビューは薬師丸ひろ子の「探偵物語」の併映作品(オマケ映画)の扱いでしたが、


薬師丸ひろ子見たさが、ついでに見た、「時をかける少女」に釘づけになりました。


この作品は、大林宣彦監督の尾道三部作の「転校生」に続く第2弾でしたが、


あまりの映画の出来栄えに、評論家も大絶賛しました。


そのことで、あまりヒットしなかった、「転校生」まで、見なおされました。


「時をかける少女」は、「探偵物語」の人気を超えるかのような勢いで、


知世人気に拍車をかけました。


エンディングロールでは、知世自身の歌う、ユーミン作曲の主題歌も大ヒットし、


映画の場面、場面のショットで歌う、けなげで、可愛い知世の歌声が、


とても魅了しました。


最後まで、席を立てない演出でした。


ラストで、はにかむ知世ちゃんの笑顔が印象的に終わりました。


原田知世は、一躍、アイドルに登りつめました。


その後、渡瀬恒彦との共演のあしながおじさんをモチーフにした、


「愛情物語」でしたが、、テーマがよくなかったのか、


あまりパッとせず、


「天国にいちばん近い島」では、「時かけ」コンビに戻し、


歌共々、ヒットしました。ただ、映画の出来栄えは、これもパッとしませんでした。


「早春物語」も、小ヒットに終わり、


可愛いイメージから、抜け出せない原田知世がいました。


その間にも、知世の姉、原田貴和子も「彼のオートバイ彼女の島」でデビューしましたが、


残念ながら、売れませんでした。

(プチ情報:最近、貴和子は、オダギリジョーの
「タミオのしあわせ」に、ちょい役で出ていました)



のちに、


角川から独立した原田知世は、


東宝映画、「私をスキーに連れてって」が大ヒットし、


スキーブームにひと役買いました。


この映画は、当時、話題をさらったホイチョイプロダクションの映画第一弾で、


全編、ユーミンの歌が彩りを添え、


知世健在を示しました。


知世ファンには、たまらない再ブレイクでした。


その後も、CMには必ず出ていました。


映画も、竹中直人監督の「サヨナラCOLOR」や、


黒木和雄監督遺作の「「紙屋悦子の青春」と、


芸術性の高い映画に出るようになりました。


結婚もしました。


歌も、他の大物アーティストとのコラボレーションも盛んで、


知世ファンは、業界にはたくさんいる事を知らしめました。


知世は、あらぬ噂(マニアック性?)が、とかく言われてますが、


原田知世は、原田知世なんです。



あの「時をかける少女」の汚れない笑顔は、


そして、


♪モモ、くり、三年、柿、八年・・・


大林監督自らの挿入歌が、今でも耳から離れません。



原田知世。



永遠に語り継がれる、映画アイドルのひとりです。




<オマケ>


”角川三人娘”。


渡辺典子も書きましょう。


映画は、「伊賀忍法帖」でデビュー、


テレビで爆発的視聴率を叩きだした、「積木くずし」の


映画版を好演しました。


でも、やはり、渡辺典子を語るのは


「晴れ ときどき殺人」のミステリーでした。併映は「湯どの山麓呪い村」(笑)です。


角川のミステリー文庫作品映画化の一連でしたが、


主題歌も歌い、


私は買ってしまった!意外に買っていたのです。


いい歌でした。


♪は~れ、と・き・ど・き~・・・


なかなかの澄み切った声が


気丈な性格と、ともなって、


いいお味を出していました。



その後、真田広之の「麻雀放浪記」の併映作品、


「いつか誰かが殺される」に、


そして、「結婚案内ミステリー」を境にして、



いつのまにやら・・・・



芸能界では、


当時、あの島田伸助の”東京の女”としての


扱われかたでした。



プロ野球選手とも結婚しましたが、


今でも、たまにドラマにも・・・





薬師丸ひろ子、原田知世、渡辺典子。


角川春樹の申し子として、誕生しましたが


渡辺典子には、酷だったようで、可愛相でした。



映画アイドルとして、もてはやされましたが


芸能界の荒波を乗り越えるのは・・・


けわしいものなのです。



スポンサーサイト
【 2009/11/27 (Fri) 】 アイドル列伝 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。