FC2ブログ

至近距離の幸せ

手つかずのままの文章に、”しあわせ”と書き込んだ・・・。 少し、少しだけ、ココロが半歩、歩いた気がした。
0312345678910111213141516171819202122232425262728293005

変な運転手、多くない?



前からも、あったけど、


このところ、やたらと、変な運転方法が多いと思うのは私だけでしょうか?



その1、


片側一車線の道で、赤信号待ちで、先頭の右折車が、


青になっても、右折マークあたりまで出ず、


停止したまま待っている車が増えたかと・・・。


となると、一車線だから、その車が出ないから、


当然、後方の直進車は、一向に進めない。


運転教習を忘れたのか、まあ、それよりも、後方車のことなど気にしない。


バックミラーも見ない。


自分のことしか考えていない。


どうなっているの?



その2、


高齢者の運転に多いが、制限速度40キロの一車線道路を、


平然と、30キロで、ゆうゆうと走っている。


よく、あることだが、ここ最近、多いのは何?


高齢者の事故ニュースのせいで、ビビッて運転してる?


そうなると、


当然、渋滞のように、後方車はみな、ノロノロ運転を強いられる。


よく、車の流れに沿って、運転を心がけるようにと、教えられてきたのだが・・・


我が物顔で、自分専用ロードのように、後方、気にせず走っている。


これも、自分のことだけしか考えていない。


まさに、老害。



その3、


スーパーの大きな駐車場での止め方。


二台連なる直緯駐車スペースに、


2台分、空いているのに、ヘッドから入れば、必然に前に止めれば頭になるのに、


不思議な光景をたまに見るのは・・・


その空いているスペースに、後方車を止めてまで、バックで入ろうとしている。


これ、たぶん、駐車はバックで入るのが当たり前、その癖があるのか・・・。


訳がわからん。



上記のように、最近、やたらと増えてきたのは、思考能力の欠如。


電化製品含め、やたらと、便利になって、ボタンひとつ、


挙句は、声ひとつで、すべて作動する。


思考はいらない。


”考える”は、もう、死語になるのだろうか・・・。


そら、認知症も増えてくるはず。




それと、思いやりも失われている。


運転での右折車は前記に書いたが、


このパターンも多い。


右折車線での車の運転は、前車とは、車間距離をあまり空けずに進めば、


多くの車が右折できるのだが、


結構、”自分だけ行ければいいや”の、感じで、ゆったり、車間空けて、


走る車の多いこと。


当然、多く車が、右折出来ず、次の信号待ち、腹が立つ!


自分が、その目に合って、


「車間距離、空けすぎ、早く行けば行けたのに・・・」と嘆くのに・・・


違う日に、右折になると、そんなことは忘れて、車間距離空けるのは何故?



また、左折する時、横断歩道を、ゆっくり歩く、歩行者にはイライラするのに、


自分が、歩行者の立場になると、


待っている車に目も行かず、ゆっくり、歩くのは何故?



そう、思いやりがない。



その思考がない。



いろいろ多くの事例があるが、氷山の一角だが、


どんどん、人は、人としての思考、思いやり、


この劣化は、温暖化とともに、進んでいくのだろう。




いずれ、


地球も、無くなるのでしょう。



*この考えに、清原果耶ちゃんは、どう思いますか?
kana.jpg

「私は、今、勝負時なので、それどころではありません。」

「ご返答、ありがとうございます。」


スポンサーサイト



【 2020/01/13 (Mon) 】 未分類 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL