FC2ブログ

至近距離の幸せ

手つかずのままの文章に、”しあわせ”と書き込んだ・・・。 少し、少しだけ、ココロが半歩、歩いた気がした。
0312345678910111213141516171819202122232425262728293005

備えあれば憂い無し!




ワイドショー、軒並み、


朝から晩まで、政府の対応どうのこうの・・・か、


テレビ局も、ワイドショーの司会者も、感染すれば、


コメテンターともども、濃厚接触者で、顔ぶれが変わるか、番組変更になる可能性も無きにもしもあらず、



当初、この新型コロナウィルス扱いは、テレ朝の羽鳥真一のワイドショーが全面的に、


政権よりの日テレ、フジなどが呼ぶ、感染専門学者は、楽観的なコメントに終始していたが、


あの羽鳥真一番組での専門学者、岡田のおばちゃんだけは、当初から危険勧告していた・・・。


この温度差。



備えあれば憂い無し。



振り返れば、中国の発生元、武漢、1100万人という東京並みの街を閉鎖したのに


日本は、まだ対岸の火事のように、


春節旅行者(団体客を除き)、受け入れてきた。



今になって、


政府も、いきあたりばったりの方向。


そのやり方は、政権の実情を露呈してしまった。


世界的有事になると、このザマ。




このウィルス問題。


過去、鳥インフル問題の時は、学者が、こぞって、


やがて、もっと、変異して、


未知なるウィルスは来ると、おののいていたが・・・・


その教訓は、どこもいかせていないどころか、



政府は、何もしていなかったのだ。




中国の独裁的?な国だから、


思い切ってやれる利点もある。


問答無用。


武漢、閉鎖ならば、


北京などなど、すぐさにイベント、娯楽施設、映画館なども休館の舵を取る。


今のところ、人の移動がなければ、人が集まらなければ


感染者は、減ることは明らか。




日本は、そうはいかない。


経済、東京オリンピックにシフトしているから・・・




昨日の総理のいきなり、小中高の閉鎖で、


それは困る、小さな子供持つ親は、会社を休まないといけない。


いきなりで、困惑。


それは、そうだが、



この事態は、政府任せでなく、


国民も、最悪の事態を、想定していないと、この意見も出る。



何が起こるかわからない、このご時世。


再度、


”備えあれば、憂い無し。”


手遅れと思ったら、そこまで、


やれることは、やる。


国民の覚悟が、


今、必要なのでしょう。


スポンサーサイト



【 2020/02/28 (Fri) 】 未分類 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL