FC2ブログ

至近距離の幸せ

手つかずのままの文章に、”しあわせ”と書き込んだ・・・。 少し、少しだけ、ココロが半歩、歩いた気がした。
061234567891011121314151617181920212223242526272829303108

コロナ。私に身近に起こったこと。



3月末のこと、


町医者に、市役所一部負担の期限間じかで、



仕方なしに、事前を予約を入れて、



肺球菌ワクチンを受けようと行く。おそるおそる・・・。



待合室には二人。



受付の近くに若い医者の男性いたが、、マスクをしてない。平然と。あれま~!マスクしてない。


大丈夫かいなと、いぶかる、この個人医院。



すると、待合室のお客で、会計待ちの若い女性が、セキをしている。


わたし、やんわり、外へ出る。


え~っ、この女性、エチケット、わきまえていない。


この女性、平然と、堂々と、セキをしている。


自分から、一旦、外にいくこともしない。


女性が出たのを見計らって、


受診。


今度は、もう一人の、ここのじいさん院長が迎えてくれたが、


このお方も、マスクしてない。


えらいとこに来たもんだ。


オバケ屋敷よりも怖い。


こんなところ、辞めようかと思ったが、予約済みだったため、


注射される。


そこで、私、小心者だから、


院長に、「前の方、かなりセキをしてましたネ。」と言うと、


しれっと、「空セキですよ。」と答える。


う~ん、危機感ゼロか?



その上、言い放ったのは・・・


コロナは、大したことなどありません、来年には風邪みたいなモノみたいな・・・、驚愕な発言。



また、さらに医者があるまじき発言をする。


「高齢者が死ぬだけですから、年齢的にも、いずれ遅かれ早かれすから・・・。」みたいな。



このやりとり。


とんでもない実話。



今、医療従事者は、命がけで頑張っているが、


身近に、こんな医者がいるとは・・・。



あの慶応大学病院のあきれた研修生たちも、


このような医者になるのかな・・・。



スポンサーサイト



【 2020/04/19 (Sun) 】 未分類 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL