至近距離の幸せ

手つかずのままの文章に、”しあわせ”と書き込んだ・・・。 少し、少しだけ、ココロが半歩、歩いた気がした。
071234567891011121314151617181920212223242526272829303109

アイドル列伝:杉浦幸 西村知美




杉浦幸。


だれ?それ、誰?


いえいえ、


あの「ヤヌスの鏡」の女の子です。



優等生と不良の顔を併せ持つ、女の子を演じ切り、


とにかく、話題になりました。



可愛い童顔と、きつめにメイクした顔のアンバランスが


学生たちには、大評判でした。


このドラマは、当時、TBS専門だった大映テレビが、


フジテレビで、やってました。



この子は、あの菊池桃子を俳した雑誌”BOM”の出身。


とにかく、可愛い女の子でした。


初歌の「悲しいな」は、さほど売れず、



そして、消えていきました・・・。


何年後かに・・・・


パチンコ雑誌に記事を書くほどのパチプロみたいに


突如、浮上しました。



テレ朝の芸能人が料理を競う、「愛のエプロン」で、


空前の料理に


おう吐まがいの料理は


伝説となりました。




何食わぬ顔の、杉浦幸は、


当時の「ヤヌスの鏡」の不良少女そのものでした。





西村知美。


今も、天然ボケぶってますが、


なかなかのしたたかもの。


まあ、それは、


後に書くとして。




この子も、”BOM”出身。


映画、「ドン松五郎の生活」で犬との共演デビュー。


主題歌「夢色のメッセージ」も歌うが、


これが、とんでもなく、ひどい。


可愛さで、天然ボケで、押し切って


芸能界に息づく。



その間に、西村知美熱狂ファンが、知美逢いたさに、姉を拉致した事件も


話題になりました。


なんやかんやで・・・・


その後、元”CHA-CHA”の西尾拓美と結婚しました。


TBS、「さんまのからくりテレビ」では、浅田美代子同様、天然ボケとして、


レギュラーとして、出続けています。



ちなみに、余談ですが、ダンナとは、


家計は、折半だそうです。


西村知美の弁解。


”だって、ダンナが、使いたいだけ使うから、折半にしたの!”と


言ってました・・・・が、


今や、一般のコックさんなのに、


そうは、使う金は、しれてると思いますが????


まあ、しぶとくも生きています。


たくましく、芸能界に根付いています。



プチ情報:西村知美は、ありとあらゆる免許を持つのが趣味です。


ユンボーだって、お手のものです。


また、舌も、異常に長いです。



(個人的に好きではないから・・・こんな文章になりました。)




菊池桃子に続く・・・


”Momoko”世代、杉浦幸、西村知美は、


当時は、可愛いものでした。



スポンサーサイト
【 2009/11/27 (Fri) 】 アイドル列伝 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL